クレジットカード現金化に使えるカードの種類とカードブランド

クレジットカード現金化を利用してみたいと思うなら、現金化の仕組みだけではなくクレジットカードの仕組みも知らなくてはいけません。

クレジットカード現金化で利用できるカードブランド

クレジットカード現金化は、自分名義のカードさえ持っていればだれでも申込むことができます。
基本的にカードの種類は問わず、日本で問題なく利用できるものであれば何でも大丈夫です。
ただし、カードブランドによっては、クレジットカード現金化に対して非常に厳しい管理をしているものもあるので、要注意です。

カードブランドとは?

カードブランドには国内と国際があり、国際ブランドには5つの種類があります。
その5つとは、VISAマスターカードアメリカンエクスプレスダイナースJCBです。
国際ブランドは海外でも利用できるブランドのことで、加盟店であれば日本国外のショップでクレジットカードを使うことができます。

国内ブランドとは、セゾンDCイオンUFJなどがありますね。
こちらは国内でしか使えないブランドです。
恐らく、多くの人のクレジットカードは国際ブランドのみか国際と国内ブランドの両方が付いているでしょう。
これらのブランドに加盟しているお店なら、どこでも利用ができます。
クレジットカードでも国際ブランドと非常に多くの国内ブランドについて網羅しています。

現金化がしやすいカードと使いにくいカード

一般的に広く普及しているVISAやMASTERカードなどは現金化でも利用がしやすく、どこの現金化ショップでも取り扱われています。
一方現金化がしづらいカードブランドもあります。
一般的にカード現金化がしづらいのは、アメリカンエクスプレス(アメックス)JCBダイナースと言われています。
この2つの国際ブランドは、クレジットカード現金化の行為に非常に厳しいと言われています。

特にアメリカンエクスプレスは発行するのも厳しいですよね。
そのため、不審な使い方をすると即利用停止されてしまうのです。
国内ブランドでも、三井住友などは厳しいようです。

クレジットカード現金化業者の中にはJCBやアメリカンエクスプレスを不得意としているところもあるので、その場合は別のカードを使用しましょう。
もしJCBやアメリカンエクスプレスしか持っていないなら、得意とする現金化業者を探して利用して下さいね。

国際ブランドの種類とそれぞれの特徴

国際ブランドにはそれぞれ特徴があります。
カード現金化のしやすさも異なるので、それぞれの特徴を押さえておきましょう。

VISA

VISAは世界でシェアNO.1の国際ブランドです。
現金化業者もVISAに対応していない業者なんてありえないほどです。
そのシェア率は、全体のほぼ半分と言われています。

VISA自体はクレジットカードを発行しておらず、そのブランドを様々な企業がライセンス契約しクレジットカードを発行しています。
だからこそ世界NO.1のシェアにまで拡大したのです。

VISAは比較的現金化しやすい国際ブランドのひとつですが、発行会社によって多少厳しさが異なります。
例えば三井住友VISAカードは、VISAの中でも現金化に厳しいと言われています。

Mastercard

MastercardはVISAに続いて有名で、シェアも世界2位と言われてます。
以前は使いづらい地域もあったようですが、現在では世界中で便利に使えます。
Mastercardも比較的カード現金化しやすく、現金化業者も問題無く対応しています。

アメックス

アメリカン・エキスプレス、略してアメックスはステイタスが高いことの象徴として扱われているクレジットカードです。
審査が厳しく、誰もが気軽に持てるクレジットカードではありません。

ただし最近では審査が緩和しているのか、日本でもアメックスカードを利用する人が増えてきました。
審査に通りやすくなったような印象も受けますが、カード現金化には非常に厳しいです。
その為現金化業者でも対応していないところもあります。

JCB

国際ブランドのほとんどがアメリカの会社なのですが、JCBは日本の会社です。
アジア諸国に強く、ハワイやグアムでも利用しやすいです。
以前はヨーロッパなどに海外旅行するときに使いづらいという意見もありましたが、最近では加盟店が増え、海外旅行でも便利に使えるようになりました。

ただしアメックス同様にカード現金化に厳しい国際ブランドでもあります。
ちなみにJCBとアメックスは業務提携をしています。

ダイナース

ダイナースは最も歴史が古いクレジットカード会社です。
日本でもクレジットカードが初めて導入されたのは、ダイナースでした。
ダイナースもアメリカ企業で、利用者層は富裕層が主です。

VISA等に比べるとシェア数は全然少ないですが、非常にステイタスの高いカードブランドです。
その為カード現金化もしやすいとは言えません。
現金化しにくいというよりも、ダイナースの利用者は現金化しようと思う人が少ないのかもしれません。
現金化業者はダイナースに対応しているところも多くあります。

銀聯

銀聯は、中国発の国際カードブランドです。
ここ最近シェアを伸ばしてきており、日本でも利用できるショップが増えています。
現金化業者でも銀聯カードが使えるところはありますが、まだ少ないと思われます。
日本でも発行することができるため、中国旅行を考えている人にとってはお得です。

ディスカバー

ディスカバーも国際ブランドの1つですが、日本では発行することができません。
その為知名度も非常に低いです。
ただし、JCBと提携しているため、ショッピング利用に関しては特に問題ありません。
JCBと提携しているなら現金化業者でも対応しているところがあるのかもしれませんが、問い合わせてみないとはっきりしたいところです。

まとめ

国際ブランドとは、海外でも利用できるブランドのことです。
VISA、マスター、ダイナース、JCB、アメリカンエクスプレスなどがあります。
ほとんどの国際ブランドはアメリカですが、JCBは日本のブランドです。
最近では中国の銀聯カードが国際ブランドとして、徐々にシェアを伸ばしてきています。

この国際ブランドが付いていないと、クレジットカードは非常に使い勝手が悪くなります。
提携されているショップが多いかが、クレジットカードを選ぶポイントにもなります。
ただし、JCBやアメックスなどはカード現金化に非常に厳しい会社なので、利用するときには慎重にならなくてはいけませんよ。

提携関係による分類

自分が持っているクレジットカードはUFJ?VISA?
いまいちその種類が分からないという人もいるのではないでしょうか?
クレジットカードには、プロパーカード提携カードハウスカードという分類の仕方もあります。

プロパーカード


カード会社が自社で発行しているカードのことです。
自社で審査や発行、管理まで行います。
国際ブランドがVISAであっても、ニコスに申込んでニコスに返済している場合は、ニコスがプロパーカードになります。

提携カード


管理しているカード会社以外にも提携している会社があるカードのことです。
例えばニコスのカードでVISAが付いているとき、VISAのみ使えるショップでもショッピングが可能です。
でも、返済はニコスに行いますよね。
この場合、VISAが提携カードになります。
VISAのみのカードは、提携が無くてプロパーがVISAということになります。

ハウスカード


ハウスカードは企業が独自に発行しているカードで、その企業が運営する店や関連企業のみでしか利用できないカードのことです。
ハウスカードは非常に少なく、大抵はVISAなどの国際ブランドと提携しています。

その他の分類

学生カード

クレジットカードには、色々と種類があります。
本会員の家族宛に発行される家族カードもその一種ですね。
そして、学生カードというものあります。
クレジットカード現金化には、いったいどんな種類のカードでも利用できるんでしょうか?

学生カードってどんなもの?
学生カードとは、大学生や認可専門学校生を対象にして発行されるクレジットカードのことです。
高校生は不可で、18歳以上なら申込めます。
ショッピング機能はもちろん、電子マネーなど色々なオプションを追加できるものもあります。

自分名義なら学生カードでも利用可!
学生カードといっても、カードを提示してお買い物ができる機能は全く変わりません。
ショッピング枠の範囲内であれば、カード現金化の利用も可能ですよ。
学生カードはキャッシング枠が付いていないことが多いので、現金化はとっても便利です。

学生カードで現金化する時の注意
いくら自分名義の学生カードを持っているからといっても、使えないケースがあります。
カード現金化は、利用できる年齢に制限を設けていることがあります。
多くは20歳から70歳ぐらいまでなので、大学に入学したばかりの18歳では利用ができないことになりますね。

また、学生カードはキャッシング機能が付いていないばかりか、ショッピング枠も少なめに設定されていることが多いので、現金化を利用したくてもほんの少ししかキャッシュバック出来ないことが予想されます。

また、学生は無収入で親の収入に頼って生活しているか、アルバイトで低収入の場合が多いですよね。
あまり安易にカード現金化を利用しても、その後に支払いをしなくてはいけないので、後から困ったなんてこともあり得ますよ。

ですから、本当に使った分の支払いがちゃんとできるのかどうか、よく考えてから利用するようにしましょう。
自分で支払うことができないのであれば、現金化を利用するのではなく家族に相談するのが一番ですよ。

家族カードとは

クレジットカードには家族カードと呼ばれるものがあります。
これは家族に使わせるためのカードという意味です。
家族カードには元になっている親カードがあり、そしてそれぞれ家族に渡すカードを発行できます。

つまり、1枚のカードを分割して家族に使わせるようなものです。
付帯する保険も、すべて家族カードに適用されます。

家族カードであれば、通常だとクレジットカードを持てない人でもカードが使えます。
サラリーマンである夫が審査を通過し親カードを持てれば、収入のない専業主婦、年金暮らしの両親でも家族カードが持てます。

主婦で自分のクレジットカードは作れないけど、日用品などの買い物にカードは欠かせないという人もいますね。
夫名義のカードを持って買い物するのではなく、家族カードを作ってもらった方が安心です。

クレジットカード現金化は他人の名義のカードは、例え家族のものでも使用できません。
家族カードであればショッピングも自由に行えるので、現金化も簡単ですね。

ただし使用した分の請求は親カードにいきますし、親カードを解約してしまえば家族カードも使えなくなります。
カード現金化が家族にばれたくない人は慎重になった方がいいでしょう。

法人カードとは

クレジットカードの名義は、必ずしも個人名義とは限りません。
中には法人カードというものも存在します。
法人カードとは法人向けに発行されているクレジットカードのことです。
ビジネスカードという呼ばれ方もします。
個人事業主やフリーランスの人でも法人カードを所有することができ、経費の支払いなどに使用します。

法人カードはクレジットカードを使用した明細書を元に精算できるので、経理面でかなり便利です。
家族カードのように何枚か枝分かれしたカードを作り、社員に持たせることができます。
経費の支払いに法人カードを使わせることによって、経費の計算が非常に楽になります。

業者を使用してクレジットカード現金化するときには、法人カードの換金率が優遇されていることが多いです。
比較的利用限度額も大きめなので、所有している人は活用するといいでしょう。
ただし、法人カードは個人カードよりも発行するのが難しいです。

業務実績が浅いフリーランスの人は法人カードどころか個人カードの発行も難しいのではと思われます。
法人として過去数年に渡り、黒字で運営が安定していなければ法人カードの発行は難しいです。
すでに所有している人ならいいですが、これから発行しようと思う人にはハードルが高めの存在です。

同じ使い方でも人によってカード会社からの監視が異なる?

同じカードの使い方をしているのに、利用停止になる人もいれば何事も無い人がいます。
例えば危険だと言われている新幹線回数券を使ったカード現金化も、利用停止にならない人もいます。
いったいこの差はどこにあるのでしょうか。

まず考えられるのが、クレジットカード会社の違いです。
カード会社には不正利用感知システムがあるのですが、どのような使い方をすればそのシステムが働くのかはカード会社によって基準が異なります。

JCBやアメックスは現金化に厳しいと言われていますので、恐らく現金化が怪しまれる使い方に反応するようなシステムになっているのでしょう。
VISAやMASTERとは異なる基準なのかもしれません。

そして利用者の信用度の違いも考えられます。
信用度が低い人は、何かあればすぐに利用停止になる恐れがあります。
毎回残高不足で自動引落ができず遅れて支払っている人、他の金融機関からたくさんお金を借りている人など…
このような人は信用度が低く、利用停止になりやすいと考えられます。

クレヒスでカード会社からの信用度が分かる?

クレヒスとは、クレジットヒストリーと呼ばれるものです。
これは借入申込があった際に、金融機関が審査の参考にする情報です。

クレジットカードの利用者は非常に多く、カード会社は1人1人に監視の目を細かく向けていられません。
でもクレヒスを照会すれば、あっという間に社会的な信用度が分かるのです。

クレジットカードの利用状況はクレヒスとして残されます。
そしてカード会社はいつでも信用情報機関のクレヒスを照会することができます。

3つの信用情報機関

信用情報機関と呼ばれるものは、下記の3つになります。

・株式会社シー・アイ・シー(CIC)
・株式会社日本信用情報機構(JICC)
・全国銀行個人信用情報センター(JBA・KSC)

このうちクレジットカード会社はCIC、もしくはJICCに登録していると思われます。

現金化を考えているなら自分のクレヒスを見てみよう

自分の情報であれば、個人でも信用情報機関に照会をすることができます。
信用情報機関では現在の借入残高、借入先の数、入金状況、過去の金融事故歴など、様々な情報が登録されています。

特にクレジットカード利用中の人は、入金状況に注目して下さい。
入金状況は直近24ヶ月分が表示されます。
ここに「$」の希望がずらっと並んでいれば、請求どおりの入金がちゃんと行われていることが分かります。
その他の記号だと入金状況に何らかの問題があったという事になります。

クレジットカード会社は契約時だけではなく、途中与信を行います。
もしかしたら現金化が疑われるような行動をした後、チェックしているかもしれません。
あまりにもクレヒスが悪ければ、クレジットカードは利用停止の対象になる恐れがあります。

あるいは既にクレヒスがチェックされ、要注意人物とされているかもしれません。
もしこのような状況でカード現金化をすると、すぐにばれてしまう恐れがあります。

クレヒスが悪い人ほどお金に切羽詰まっていることが多く、クレジットカード現金化は利用したくなるかもしれません。
でも客観的に自分の状況を知った上で、現金化をするかどうか慎重に判断するのは無駄ではないでしょう。

クレジットカードは一度強制退会になってしまうと、再び作るのは非常に困難です。
一時的な利用停止ですぐに再開できればいいですが、強制退会されてしまう恐れもあります。
大事なクレジットカードを失ってしまわないように、現金化利用も慎重に行いましょう。

VISA、 マスター、JCB、その他カードブランド対応の現金化ショップ

JCBやAMEXは、カード会社が厳しくて現金化に使いづらいという話しがあります。
自分でやるのは場合は特に問題が起きやすいので注意が必要です。
現金化業者であれば対応してくれるところもあるので、これらのブランドのカードの場合は以下の業者を参照してください。

クレジットカード現金化
1
現金化堂
4.6
\換金率保証あり/

審査・保証人不要。年中無休で即日入金対応可能。換金率保証や5万円キャンペーンなど各種サービスが充実。

ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント

クレジットカード現金化
2
あっとマネー
4.3
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカも対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
3
あんしんクレジット
4.1
\振込手数料0円/

業界No1の信頼と実績、創業20年の定番現金化業者。土日祝日、夜間のお振込みもOK。最短3分振込み。

契約頂いた方全員が対象換金率5%UPクーポン券プレゼント

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2015.06.09 / 更新: / クレジットカード現金化
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。