携帯電話のキャリア決済で現金化!お得な方法とリスクを解説

急な出費が発生。

そんなとき現金を手に入れることができる手段として、携帯電話のキャリア決済を利用した現金化があります。

「クレジットカードを限度額まで使用してしまった、利用停止になってしまって使えない」
「審査が通過せずクレジットカードを持つことができない」

このように、クレジットカードを利用したくても利用できない理由をもっている方にとって、知っておいて損はない方法です。

携帯電話の普及率が100%を超えているいま、多くの人々の身近にある携帯電話を利用した現金化方法は、もしものときに頼れる心強い存在になります。

「どの携帯キャリアでも使えるの?」
「危険性はないの?」

という疑問を感じている方に、具体的な仕組みや利用方法、リスクについて紹介していきます。

携帯電話のキャリア決済とは

携帯電話のキャリア決済とは、利用者が商品やサービスを購入する際に利用した金額を携帯電話会社が立て替え、1ヶ月分の携帯電話利用料金とあわせて翌月請求するサービスです。

後払いでショッピング利用ができるので、クレジットカードと同様の使用感をイメージすると分かりやすいでしょう。

携帯キャリア決済を利用した現金化の仕組み

携帯電話のキャリア決済を利用した現金化とは、キャリア決済の後払いシステムを活用したもので、購入した商品を売却することで現金を得るという仕組みです。

支払いの手段が変わるだけで、仕組み自体はクレジットカードショッピング枠の現金化と同様といえます。

携帯キャリア決済を利用した現金化の方法

では、実際の現金化の方法を紹介します。

ひと言でお伝えすると「キャリア決済で商品を購入し何らかの手段で売却する」ということになります。

考えられる売却先としては、

・ヤフオクなどのオークションサイト
・メルカリやラクマなどのフリマアプリ
・金券ショップやリサイクルショップ
・携帯キャリア決済専門の現金化業者

などが挙げられます。

現金化を行う際に難しいポイントとは

現金化の際に1番難しいポイントは、自分で換金率の高い商品をリサーチ、見極める必要があるという点です。

購入する商品の選択を間違えてしまうと、想定より低い換金率での現金化となってしまいます。

需要があり値崩れしにくい商品を選択することが、キャリア決済を利用した現金化を行ううえで、重要なポイントとなってきます。

また、携帯キャリア決済専門の現金化業者を利用する場合、自分で商品を選定する手間はかかりませんが、その分換金率の平均は70%代後半と低い傾向があります。

効率の良い携帯キャリア決済を利用した現金化とは

上記を踏まえ、1番効率良く現金化できる方法とは、キャリア決済でiTunesカードを購入し売却するという方法です。

各キャリアのオンラインショップ上で、キャリア決済を利用してiTunesカードを購入することが可能です。
※パソコンやWi-Fi環境からの購入は不可。スマートフォン・タブレットからキャリア回線を利用して購入。

iTunesカードは、高換金率で売却できる代表的な商品として知られています。ヤフオクでも多くの取引が行われており、iTunesカードを買い取る業者も多数あります。

それぞれの取引状況を比較し、換金率の高い方法を選択しましょう。

携帯キャリア決済の利用上限額はそれぞれ異なる

現在、代表的な携帯電話会社といえば

・ドコモ
・au
・ソフトバンク

という大手3社が挙げられます。

各社でキャリア決済サービスを提供していますが、細かい利用条件にはばらつきがあります。

ドコモの「ドコモ払い」

ドコモでは、ドコモ払いというキャリア決済サービスを提供しています。

利用上限額は、利用者の年齢とドコモ契約期間によって変動する形です。

■~19歳
契約期間に関わらず、10,000円/月

■20歳~
契約期間
1~3ヶ月目:10,000円/月
4~24ヶ月目:~30,000円/月
25か月目~:50,000円/月、80,000円/月、100,000円/月

auの「auかんたん決済」

auでは、auかんたん決済というキャリア決済サービスを提供しています。

■~12歳:~1,500円/月
■13~17歳:~10,000円/月
■18~19歳:~20,000円/月
■20歳~:100,000円/月

ドコモのように、契約期間の明確な基準を公開していませんが、支払い状況や利用状況から利用上限額が変動する可能性があると明記されています。

ソフトバンクの「ソフトバンクまとめて支払い」

ソフトバンクでは、ソフトバンクまとめて支払いというキャリア決済サービスを提供しています。

■満12歳未満:最大2,000円/月
■満20歳未満:最大20,000円/月
■満20歳~:最大100,000円/月

ソフトバンクの場合、最大利用可能金額以内であれば、自分で上限額を設定することが可能です。

携帯キャリア決済現金化の注意点

携帯キャリア決済を利用するうえで、知っておくべき注意点を紹介します。

利用金額は翌月一括支払い

携帯キャリア決済で利用した金額は、翌月一括で支払う必要があります。
クレジットカードのように、分割やリボ払いといった支払いはできません。

現金化は利用規約違反

携帯キャリア決済を利用した現金化は、各携帯電話会社の利用規約に違反する行為です。

万が一その事実が発覚した場合は、携帯電話の利用停止など厳しいペナルティが課される可能性があります。

支払いが遅れると携帯電話が停まる可能性がある

キャリア決済の利用が重なり、翌月の支払いができなくなってしまった場合、キャリア決済の利用停止だけでなく、携帯電話の回線自体が停められてしまう可能性があります。

大きな金額の現金化はできない

ドコモ・au・ソフトバンク3社共、キャリア決済の利用上限額は最大100,000万円までとなっています。

そのため、それ以上の現金が必要な場合には適さない方法といえます。

携帯キャリア決済の現金化は手軽だがリスクもあり

携帯電話のキャリア決済を利用した現金化について紹介してきました。

誰もが持っているといっても過言ではない携帯電話を利用することで、手軽に現金化を行うことが可能です。

ただし、一括支払いの必要がある、バレるリスクがある、10万円以上の利用はできないなどの注意点やリスクはあります。十分理解した上で利用しましょう。

安全にカードを現金化するなら

自分でカードの現金化をしようとすると、どうしても利用停止などのトラブルに巻き込まれやすくなります。

しかし、専門の業者を介在させることでカード事故を起きづらくさせることができます。
安全にカードを現金化するためには、優良な現金化サービスの利用をおすすめします。

クレジットカード現金化
1
あんしんクレジット
4.6
\振込手数料0円/

業界No1の信頼と実績、創業20年の定番現金化業者。土日祝日、夜間のお振込みもOK。最短3分振込み。

契約頂いた方全員が対象換金率5%UPクーポン券プレゼント

クレジットカード現金化
2
スマイルギフト
4.3
\最短3分で入金/

年中無休で24時間即時振込み対応。換金率も高くて手続きも簡単。対応の良さに定評があり女性オペレーターの指定も可能。

クレジットカード現金化
3
タイムリー
4.1
\夜間対応で高換金率/

夜間土日も振り込み可能で即入金。最高換金率98.6%クレカ・プリカ・バーチャルも対応。

ご新規様限定成約後15,000円~50,000円現金プレゼント

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2020.02.26 / 更新: / 携帯キャリア決済
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。