ソフトバンクまとめて支払いを現金化する方法

ソフトバンクのスマホを利用している方も多いのでは無いでしょうか。
お得な通信プランが人気で携帯電話会社です。

ソフトバンクの契約者であれば、ソフトバンクまとめて支払いという機能が使えるのをご存知でしょうか。

これは、買い物の代金などを電話料金の支払いにまとめて、利用できる機能です。
いわばクレジットカードのようなもので、支払いをする時に一時的に携帯会社が代金を立て替えておいてくれる仕組みとも言えます。

近年、キャリア決済の現金化を利用する人が急増しています。
今回は、「ソフトバンクまとめて支払い」を使って上手に現金化する方法とはどのようなものなのか解説していきたいと思います。

キャリア決済の現金化

キャリア決済の現金化とは、各携帯電話会社のキャリア決済枠を現金に換えることです。
キャリア決済はdocomoなら「docomoケータイ払い」、auは「かんたん決済」、ソフトバンクは「ソフトバンクまとめて支払い」、ワイモバイルは「ワイモバイルまとめて支払い」という名称のサービスです。キャリア決済を取り扱っているのはこの4社です。

キャリア決済対応のネットショッピングなどの支払いで使うことができ、携帯料金と合算されて請求されます。

現金化方法

ソフトバンクまとめて支払いを使って現金化する方法ですが、自分でやる現金化と業者に依頼して現金化する方法があります。

自分でやる現金化

自分で現金化する場合、どのようにやるのかというと、ソフトバンクまとめて支払いを使って換金性の高い物を購入し、それを金券ショップや質屋などに買い取ってもらうことで現金化します。

ソフトバンクまとめて支払いを使って現金化する場合、iTunesカードを転売する方法が手っ取り早くて簡単です。また、換金率も良いのでオススメです。
まず、スマホからソフトバンクのオンラインショップにログインします。オンラインショップの「オプション・サービス」の中にiTunesカードがありますので選択します。購入手続きに進み、決済方法はソフトバンクまとめて支払いを選びます。あとはiTunesカードが届くのを待つだけです。

届いたらiTunesカードの買取を行っている業者に買取依頼をするだけです。主にネット業者になるでしょう。買取業者もたくさんありますので、なるべく優良な業者を選ぶようにしましょう。そのためには、利用者の評価などのチェックもしたほうが安心です。

iTunesカードを使った現金化に必要な物

・通信できるソフトバンクのスマホ
・本人確認書類(初回のみ)
・iTunesカードに記載されている16桁の英数字
・現金の振込み先銀行口座

業者を使った現金化

キャリア決済枠を現金化してくれる専門の業者が増加しています。簡単に現金化できるので需要が多いため、業者も増えているのです。業者ごとに現金化手順は違いますが、一般的に下記のような手順で現金化します。

手順

①各業者のサイトにある申込フォームに必要情報を入力し送信します。

②スタッフから折り返しのメールが届きます。メールに記載されているサイトで指定された商品を、「ソフトバンクまとめて支払い」を利用して購入します。

③商品購入後に「購入商品情報」「振り込み先」をメールで連絡します。

④購入商品情報の確認が取れ次第、自分の口座に現金を振込みしてもらえます。

必要な物

・ネットがつながるスマホ
・本人確認書類(初回のみ)
・振込み先銀行口座

効率よく現金化させる方法

現金化するなら効率よくやりたいですよね。
前述で2つの現金化方法をお伝えしましたが、効率よく現金化するなら後者の業者を使った現金化がオススメです。

申込みをして指定された商品を購入するだけで、すぐに現金を振込みしてもらえます。急いで現金が必要なら業者に依頼するのが手っ取り早くて簡単です。最短30分程度で現金が受け取れます。

自分でiTunesカードを購入して現金化する方法も簡単ですが、購入する手間とiTunesカードを買取業者に送り、使用できるギフト券かどうかきちんと確認されます。そういった時間が発生するので、キャリア決済専門の業者に依頼したほうが楽でしょう。

換金率

自分でやるにしても、業者に依頼するにしても換金率が発生します。なるべく高い換金率で現金化したほうが効率も良いというものです。

自分でやる現金化の換金率

iTunesカードを買い取ってもらう現金化ですが、どのくらいの換金率で買取してもらえるのでしょう。
もちろん業者ごとに換金率が違うので、なるべく高く買い取ってくれる業者を探しましょう。

中には高い換金率を表示させておいて実際は60~70%程度という悪徳業者もいますから注意が必要です。利用者の口コミなどをみて、評価の高い業者を利用するようにしましょう。

優良業者なら、80%から90%は期待できます。
いくら分買い取ってもらうかによって換金率は変わります。高額のiTunesカードの買取申込みをするなら換金率も良くなります。

キャリア決済専門業者の換金率

キャリア決済専門の現金化業者に依頼した場合の換金率ですが、60%台から高くても80%が良いところです。平均70%台というところでしょう。
これはかなり低い換金率です。

これなら消費者金融で借りたほうがよっぽど良いかもしれません。とはいえ、至急現金が必要な場合は即日現金化できるのでとても便利にはなりますね。

キャリア決済専門の業者に依頼すれば簡単に現金化できますが、換金率が悪いのが難点です。なるべく高く換金したいですよね。そうなると手間をかけてもiTunesカードを使った現金化のほうが得ということです。

上限金額

上限金額は各携帯会社が定めています。基準も各携帯会社により異なります。
ソフトバンクまとめて支払いは最大10万円まで使えるようです。

12歳未満・・・月最大2千円
20歳未満・・・月最大2万円
20歳以上・・・月最大10万円

これは年齢に限らず、その他、契約内容や利用状況、支払い状況などを見て、ソフトバンクが決めます。
また、ソフトバンクは初期の状態からスマホに入っているMy Softbankというアプリから利用可能額の変更をすることができます。

キャリア決済現金化のメリット

クレジットカードがなくてもスマホがあれば現金化できる

クレジットカードを持っていない方はいても、スマートフォンなら持っているいますよね。携帯をもっていればキャリア決済枠を使うことができます。クレジットカード現金化より簡単にできる現金化です。

キャリア決済現金化のデメリット

格安スマホは対象外

近年、格安スマホが普及し始めています。格安スマホ会社はキャリア決済サービスを実施していません。
大手携帯会社3社とワイモバイルのみキャリア決済が使えます。

翌月一括払い

キャリア決済は分割払いができません。
翌月に携帯電話代と一緒に一括で請求されます。それをきちんと踏まえたうえで利用しましょう。

クレジットカード現金化より時間はかかる

クレジットカード現金化よりキャリア決済のほうが振込みまで時間がかかります。キャリア決済は代行業者を通していることが多いので、反映に少し時間がかかるのです。

クレジットカード現金化よりキャリア決済が良いポイント

クレジットカード現金化はクレジットカードを持っていなければ作るところから始めなければなりません。そして審査があるため信用情報にキズがついていたり、ブラックに載っていればもちろん申請しても審査は通りませんから、クレジットカードを持つことはできません。

すでに持っていても利用停止になってしまっている方もいるでしょう。そういった方も新たにクレジットカードを作成するのは難しいですよね。

クレジットカード現金化は障害が多いため、やるのが困難な人もいるでしょう。
ですが、キャリア決済なら対応している携帯会社のスマートフォンを持っていればキャリア決済枠は与えてもらえます。キャリア決済枠の上限は人により異なりますが、枠自体はもらえるので誰でも現金化で使うことができます。

ただクレジットカード現金化ほど上限額は高くないため、多額の現金化はできません。数万円~5万円程度でちょっとお金に困ったときには使える方法です。

キャリア決済の現金化は違法行為ではないのか?

キャリア決済の現金化は違法な行為ではないのでしょうか。これは初めてだと誰もが思うことですよね。

キャリア決済は個人の信用を元に「決められた金額の範囲内なら使っても良い」という携帯電話会社が与えてくれた与信のことです。その与信は何に使おうと利用者の自由で法律による禁止はされていません。

ただ法による規制はないものの携帯電話会社との契約には違反する行為となっています。これはキャリア決済の利用規約にも記載されていることなのです。キャリア決済を現金化として使いすぎて、多重債務になってしまう人が出ないよう防ぐため携帯電話会社は禁止としています。

もし、携帯電話会社に現金化行為がバレれば、携帯やスマホは利用停止となり、自分の信用情報にも傷がつくことになります。ですから、現金化をするなら慎重にやらなければなりません。このご時世、スマホが使えなくなるはキツいですよね。

ただあまりにおかしなことをしない限り、バレることはありません。普通にバレてしまうとすれば、携帯料金の支払いの遅延や滞納です。ほぼ遅延や滞納でバレます。ですから、必ず毎月決められた日までに支払いを済ませる、または引き落としなら各金融機関へ入金しておくようにしましょう。

結論として、法による罰則はなく、キャリア決済の現金化をしたからといって逮捕された人は今までいません。
ただし、携帯電話会社にバレれば厳しい罰が待っていることをお忘れなく!!

クレジットカード現金化で資金調達するには?

利用可能なクレジットカードがあれば、オンラインの現金化サービスで現金を作ることが可能です。

WEBフォームから申し込みをすれば入金まで20分〜30分くらい、現金化最大の問題でもあるカード利用停止のリスクも軽減します。

利用するには本人名義のクレジットカードが必要です。

僕も以前から利用していて条件が良かった業者を紹介しておきますので参考にしてください。

クレジットカード現金化
1
あんしんクレジット
4.6
\振込手数料0円/

業界No1の信頼と実績、創業20年の定番現金化業者。土日祝日、夜間のお振込みもOK。最短3分振込み。

契約頂いた方全員が対象換金率5%UPクーポン券プレゼント

クレジットカード現金化
2
あっとマネー
4.3
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカも対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
3
現金化堂
4.1
\換金率保証あり/

審査・保証人不要。年中無休で即日入金対応可能。換金率保証や5万円キャンペーンなど各種サービスが充実。

ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2019.01.22 / 更新: / 携帯キャリア決済
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。