審査不要のクレジットカード現金化について、実際の換金率、優良業者の紹介や評判から、違法性、悪徳業者の詐欺被害回避法まで詳しく解説します。

クレジットカードの現金化とは?

クレジットカードの現金化とは、クレジットカードのショッピング枠をお金に変える行為のことをいいます

クレジットカードの現金化は、カードローンや消費者金融と違い収入審査が不要で利用できるため、手軽にお金を作る手段として注目を集めています。
その一方で、違法性や規約違反、悪徳業者による詐欺被害などの問題点が指摘されています

当サイトでは、クレジットカード現金化の法律的な問題点や、業者トラブルのリスク、また利用上の金銭的なメリットやデメリットなどを解説していきたいと思います。

知らないで利用するとトラブルに巻き込まれないとも限りません。 だからこそ、必要な情報をしっかりと得て、十分に検討してから利用することをおすすめします。


  おひさまクレジット   ハピネス   現金化のLife(ライフ)

評価: 4.5

即日振込み:最短5分

夜間振込:可

最高還元率:97%

詳細・口コミを見る

90%以上の高還元率、即日最短5分、平日夜間や土日祝日の振り込み各種銀行口座に対応。創業12年の老舗定番業者。

評価: 4.4

即日振込み:最短3分

夜間振込:可

最高還元率:98.8%

詳細・口コミを見る

最高換金率98.8%、低額利用でも90%以上の高い換金率。休日夜間も即日振込対応可能。

評価: 4.2

即日振込み:最短5分

夜間振込:可

最高還元率:97.7%

詳細・口コミを見る

1万円〜90万円以上まで利用可能。少額利用でも90%からと換金率は優良。ネットバンクで24時間振込可。auWALLETなどケータイ払いにも対応

お申し込み お申し込み お申し込み


おひさまクレジット 4.5

最高還元率97%

即日振込み最短5分

夜間振込:可

詳細・口コミを見る

90%以上の高還元率、即日最短5分、平日夜間や土日祝日の振り込み各種銀行口座に対応。創業12年の老舗定番業者。

ハピネス 4.4

最高還元率98.8%

即日振込み最短3分

夜間振込:可

詳細・口コミを見る

最高換金率98.8%、低額利用でも90%以上の高い換金率。休日夜間も即日振込対応可能。

現金化のLife(ライフ) 4.2

最高還元率97.7%

即日振込み最短5分

夜間振込:可

詳細・口コミを見る

1万円〜90万円以上まで利用可能。少額利用でも90%からと換金率は優良。ネットバンクで24時間振込可。auWALLETなどケータイ払いにも対応



クレジットカード現金化の方法と種類

クレジットカードの現金化を行う手口は、大きく分けて以下の2つに分類されます。

・商品や金券類を購入して売却する方法

・現金化業者(第三者)を介在させる方法

商品や金券類を購入して売却する方法

これは換金性の高い商品や金券類をクレジットカードで購入して、買取業者に売却する方法です。

最新のゲーム機やスマートフォン、タブレット、ノートパソコンなどは比較的中古市場でも値崩れすることなく売却されるため、現金化の媒体として利用されることが少なくありません。

そのため、お店によってはこのような換金性の高い商品の購入にクレジットカードの利用を禁止していることもあります。

一方、金券類の場合、昔からよく使われる手法として新幹線の回数券を媒体にした方法が知られています。
街の金券ショップで正規価格より割安で新幹線のチケットを販売している光景は良く見られると思いますが、これにもクレジットカードの現金化という行為が寄与しているといわれています。

また、最近注目を集めているのがアマゾンギフト券を使ったクレジットカードの現金化です。

アマゾンギフト券はインターネット通販サービスのAMAZONで扱われている商品の購入に利用することができる電子通貨の一種ですが、インターネットから簡単にクレジットカードで購入することが出来て、アマゾンにある商品であればなんでも購入に使えることから非常に換金性が高く現金化するときのロスが少なくて済むことから人気を集めています。

アマゾンギフト券は他の金券と違い、ギフト券自体の実態がなくギフト番号の発行のみ行われるタイプもあり、これをEメール等でやり取りするだけで売却・買取が簡単に出来ることも利用に拍車をかけています。

現金化業者(第三者)を介在させる方法

上記であげた現金化の方法は、自分で購入し即時に売却する方法ですが、この一連の流れを代行する現金化業者が存在します。
現金化業者の形態には主に以下の2つがあるといわれています。

・商品買取方式
・キャッシュバック方式

商品買取方式

商品買取方式は、業者が指定する商品を利用者がクレジットカードで購入し、業者はその商品を買い取って手数料を差し引いた額を利用者に買取代金として返す仕組みです。

どのようなものを購入するかは様々なのですが、市場に流通しているものを商品として指定される場合もあれば、業者が用意した商品(市場価格がはっきりしないものや実際には価値がないもの)などを商品として指定する場合もあります。
数百円程度のアクセサリーや、インターネットで拾った画像が入っただけのDVDなどが扱われるケースもあるようです。

また、最近ではメルカリなどのフリマサービスに現金を出品してクレジットカードで購入させるという手法も使われてきました。
これも商品買取方式の派生です。
ちなみに、メルカリにおける現金出品は2017年4月の段階で禁止されていて、また2017年11月時点では現金化出品した人が逮捕されています。
その他のネットのフリマ、オークションサービスもこの流れに沿って現金の出品を禁止しています。

キャッシュバック方式

何か商品を購入した場合に、一定の割合でお金を返してくれる割引方法があります。
これをキャッシュバックといいますが、この制度を利用して現金化する方法がキャッシュバック方式と言われていいます。

キャッシュバック方式は、買取方式と違い商品を業者に送り返す必要がありません。
商品はあくまで利用者が購入したものとしており、あくまでもキャッシュバック(購入に対する特典)という形で現金のやり取りが行われるのが特徴です。

そのため買取方式に比べて、お金を受け取るまでの時間が早くなるので、最近では多くの業者が取り入れている方法です。

クレジットカードの現金化は違法性について

クレジットカードの現金化は違法なのか?

クレジットカードの現金化を行うのは違法なのでしょうか。
違法性が指摘されている点をいくつかまとめてみました。

出資法違反

出資法はお金の融資や貸し借りについて定められた法律ですが、この法律に違反することが指摘されています。
出資法では、お金の貸す場合の金利(利子)の上限を定めているのですが、この上限を超えて貸し付けると違法となります。
クレジットカードの現金化は、商品の購入に対するキャッシュバックであったり、商品の買取といった方法を取っていて商取引として装っていますが、その本質がお金の融資であると判断された場合、この出資法が適用されるため違法となると考えられます。

実際に、2011年には現金化業者が摘発されているのですが、この一件では、実際に商品のやり取りを行っていなかったなど、運営方法がずさんだったという実態があることと、この件以降業者の摘発が無いことからも、条件を満たせば違法性は無いつまりグレーゾーンとして解釈されています。

なお、この場合は現金化業者が摘発されるケースですが、一般の利用者が摘発されたケースは一度もありません。

詐欺罪・横領罪について

クレジットカードで買い物をした場合、厳密にいうとカードの返済が済むまで購入した商品は、クレジットカード会社から借りているものという体裁になっています。

そのため、クレジットカードの返済が終わる前に売却してしまうのは、横領にあたるとする解釈があります。
また、ショッピング枠はあくまで買い物として使うことを前提とした規約になっているのでそれを欺いて、現金を手にする行為が詐欺罪に当たるという解釈もあるとされています。

しかし、それだとクレジットカードでおにぎり買って返済まえに食べてしまったらとか、クレジットカードで買ったジュースを返済前に人にあげてしまったら、といった場合も横領ということになってしまうし、クレジットカードで購入したものが気に入らなかったのでヤフオクで売ったという場合も詐欺罪になってしまいます。

実際にはこのケースでの違法性が問われる可能性は低く、今のところ摘発された人は一人もいません。

また、この法解釈は買取方式の現金化にのみ該当していて、キャッシュバック方式の現金化には当てはまりません。

古物営業法違反

買取方式で現金化をしている場合、それは中古品の買取業者ということになりますので、古物営業の許可が必要となります。
古物営業の許可は、所轄の警察署が管轄していて、許可されると許可証と番号が交付されます。
この届出をなく買取方式を行っている現金化業者は、古物営業法の違反となる可能性があります。

しかしこれはあくまで業者側の営業方針の問題なので、利用者には関係が無いことです。

ただ、現金化業者を利用の際は、古物営業の許可を取っている業者かどうかを確かめることでトラブルや詐欺の被害を未然に防ぐことができます。

結局どういうことかなのか

違法性についてはさまざまな解釈があるのですが、法整備が整っていないこともあり、違法となる可能性もあるが、条件を満たせば合法というのが現状のようです。

また、現金化の方式による違いがあり、買取方式よりもキャッシュバック方式の方が安全性が高いということが言えそうです。

実際、過去に摘発を受けた現金化業者がいますが、利用者が逮捕されたというケースはありません。
これから利用しようと思っていた方や、すでに利用していて心配になった方もいると思いますがその点はあまり心配しなくてもいいのではないでしょうか。

クレジットカード現金化の違法性や利用上のリスクについては、以下の記事により詳しく書いてありますので、良ければこちらもご参照ください。

関連記事:クレジットカードの現金化って違法じゃないの?

紹介屋

紹介屋 詐欺の手口と体験談「お金を払えば審査に通る?」

僕は、紹介屋に騙されて総額200万円の借金さらに膨らませてしまった経験があります。 突然ですが、みなさんは借金が多すぎて金融会社に融資を断られた経験はありますか? 僕は、かつて200万円以上の借り入れ …

現金化のlife

現金化のLife(ライフ)

Lifeの換金率は良いの?悪いの? 最高換金率は、97.8%ということなのでかなり良いですね。 でも、この換金率は30万円以上を利用する場合の換金プランです。 その他の換金率をみてみると、 20万円〜 …

馬券売り場

競馬の馬券をクレジットカードで購入することはできるか?

一般的に競馬というと、現金を使ってやるものというイメージが強いですよね。 では、クレジットカードを使って馬券の購入をすることはできないのでしょうか。 競馬の馬券を購入する方法は、競馬場の窓口や自動販売 …

ギフト券

クレジットカードで購入して転売できる金券・商品券一覧

金券や商品券は通常クレジットカードを使って購入することはできません。 しかし、一部例外や裏技を使えばクレジットカードで購入することができます。 以下の金券や商品券は使えるクレジットカードの種類が決まっ …

ハピネス

ハピネスの換金率と評判の実態を調査した件

ハピネスの換金率は良いの悪いの? 最高換金率は、98.8%という謳い文句ですが、実際のところはどうでしょう? ハピネスの公式サイトをよくよく見てみると、キャッシュバック率の対応表が公開されています。 …

キャッシュライン

キャッシュラインの実際の換金率と評判を調査したよ

換金率は良いの悪いの? キャッシュラインの換金率ですが、最高換金率98.8%とかなり高いレートが設定されています。 もちろんこれは最高値なので、決済する金額などによって変動があります。 キャッシュライ …

おひさまクレジット

おひさまクレジットの換金率と評判を徹底分析

おひさまクレジットのご案内 おひさまクレジットはホームページをリニューアルし、現金化業者のサイトとは思えない可愛く明るいイメージで作られています。 おひさまクレジットは今口コミで話題の現金化業者です。 …

ATM現金

無職でもお金を作る方法

休職中で収入がない。。 貯金もついに底を尽きた。。。 それでも、ごはんは食べていかないといけないし家賃も払わないといけない。。。。 そんな人生のピンチが訪れた場合どのように対処すればいいでしょうか。 …

ケータイ支払い

ケータイ払いなどのキャリア決済で現金化する方法

キャリア決済とは、スマホで買い物をするときに使える支払い方法で、良いところは代金の支払いを携帯料金と一緒にして請求してもらえるところです。 支払いの時に携帯会社が一時的に代金を立て替えてくれるので、あ …

家賃

家賃のクレジットカード支払いは対象外の物件でもできるか?

アパートやマンションの家賃の支払い方法は銀行での振込や引き落としが一般的です。 では、家賃をクレジットカードで払うことはできないのでしょうか? クレジットカードで支払う事が出来れば、クレジットカードの …

人気の現金化ショップ