業者を使わないでカード現金化をするには?

※同記事の内容には一部広告が含まれます。
業者を使わないでカード現金化をするならどんな方法がいい?

業者を使わずにカード現金化をするには、換金性の高い商品をカードで購入して買い取ってもらい現金化させる方法が一般的です。

換金性が高くカード購入できる商品は限られていますが、切手、商品券、スマホ、貴金属類など、いくつかクレジットカードで買うことができる商品があります。

この記事では、これら換金性の高い商品をどこでどうやって買うか、また、どこでどうやって現金化させるかといったことを解説するとともに、業者を使わずにやる現金化の注意点なども合わせて解説します。

業者を使う現金化がおすすめ出来ない理由

換金率が低い

業者を使う現金化がおすすめできない理由の最たるものとして、換金率の低さがあります。

例えば、JCBギフトカードやVJAギフトカードなどの信販系ギフト券を買って自分で現金化をすれば、換金率95%くらいで現金化することができます。

それに比べて現金化業者を使った場合の換金率は、70%前後が普通で、良くても80%といったところです。

もちろん、金券のカード購入は使えるカードが限定的だったり、お店探しの手間も掛かるので一概に比べることは出来ません。

それでも換金率で1割〜2割くらいの差が出ることを考えると、業者を使わずに現金化をしたいと考える人がいても不思議ではありません。

カード情報や個人情報の漏洩が不安

もう一つの理由としては、個人情報やカード情報の漏洩の心配が上げられます。

金券や商品を買って自分で現金化をする場合、カード情報も個人情報もある程度の信頼性や秘匿性があるお店や決済方法を使うので、あまり心配することはありませんが、現金化業者を使うときは、ある意味、得体のしれない会社に個人情報を委ねることになりかねません。

そこからカード情報や個人情報が漏洩して、カードが不正利用されたり、知らないところからDMが届くようになったりといったトラブルに合うリスクを心配する人も少なくないようです。

こうしたことも、現金化業者を使うことがためらわれる理由の一つになっています。

業者スタッフの態度が悪い

また、業者を使うことがためらわれる理由の一つとして、業者スタッフの対応への不満が上げられます。

現金化業者を利用したら威圧的な態度を取られて怖かったとか、プライベートなことをしつこく聞かれて不快だったなど、現金化業者の対応に関する不満の声は少なくありません。

中には評判が悪くなったら看板を掛けかえて別の業者として営業を再開させればいいと開き直って、丁寧とは言い難い営業や対応をしている業者もあります。

こうした業者の接客態度に対する不安や不満の声は根強くあって、業者を使わずに現金化をする動機の一つになっています。

業者を使わない現金化の方法は?

切手シート

切手シート

業者を使わず現金化する方法の一つには、切手を使った現金化の方法があります。

最近では、郵便局の窓口ならどこでも切手やレターパックをクレジットカードで買うことができます。

切手は金券ショップなどへ持ち込めば、現金で買い取ってもらうことができるので、その仕組を利用してカードを現金化させます。

購入する切手はシートタイプの普通切手です。

500円切手シートなら100枚綴り1シートを50,000円で買うことができます。

キャッシュレス決済対応の郵便窓口であれば、クレジットカード全種類に加えて、各種電子マネーでの決済も可能です。

購入した切手シートと本人確認書類を持って金券ショップへいき、買い取り依頼をすれば、その場で査定して現金で買い取ってもらえます。

切手シートの想定換金率は、80%〜85%くらいです。

切手以外にもレターパック、はがきなどもクレジットカード購入することができるで、買取店の取り扱い状況や買取価格を調べた上で、適宜購入する商品を選ぶ必要があります。

信販系ギフト券

JCBギフトカード

金券ショップで換金できる金券として、最も換金率がいいのが信販系ギフト券です。

信販系ギフト券とは、有名なところでは、JCBギフトカード、VJAギフトカード、UCギフトカードなどがあり、各発行元サイトもしくは、取り扱い店で買うことができます。

信販系ギフト券の良いところは、どこの金券ショップでも買い取ってもらえて、総じて換金率が高いところです。

JCBギフトカード1,000円券であれば、だいたい90%〜95%くらいの換金率で現金化することができます。

一方デメリットとしては、買えるところが限られているのと、購入に使えるクレジットカードが限定的なところが上げられます。

JCBギフトカードならJCBカード、VJAギフトカードなら三井住友カード、UCギフトカードならUCカードと、それぞれ発行元カード会社のカードでしか買うことができません。

また、購入するには各カード会社のHPからネット購入になるので、送料がかかるのと、受け取るまでに数日かかります。

例外的に一部の店頭で販売されているところもありますが、店舗数も限られているので、いつでもどこでも手に入るというものでもありません。

換金率が高い反面、入手するためのハードルも高めというのが信販系ギフト券の特徴です。

金(ゴールド)

ドンキホーテ喜平チェーン

金券以外だと、金(ゴールド)を使った現金化の方法もあります。

通常「金」は、クレジットカードで買うことはできませんが、喜平チェーンなどのアクセサリーとしての金であれば、クレジットカードで買うことができます。

18金、24金などの喜平チェーンのネックレスが、Amazonや楽天などのネットショップや、店頭であればドンキホーテなどの量販店でもクレジットカードで買うことができます。

購入した喜平ネックレスは、大黒屋やなんぼやなどのブランド品買取店へ持ち込んで買い取ってもらうことができます。

購入方法やその時の相場などにもよりますが、換金率は65%〜75%程度です。

喜平チェーンの貴金属製アクセサリーの買取額は、金の含有量によって決まることがほとんどなので、購入前に買取店で金の買取価格をチェックしておくことをおすすめします。

スマホ

iPhone買取

商品を売買する現金化の方法だと、iPhoneを使った現金化の方法もあります。

iPhoneなどの人気機種は二次流通市場でも一定の需要があるので、購入したものを新品未使用の状態で買い取りに出せば、それなりに高い換金率で現金化させることができます。

購入する場所は、AppleStoreで、機種はSIMフリー版の最新機種を買うのがおすすめです。

キャリア版よりも、SIMフリー版のほうがSIMロックなどの縛りがない関係で買い取りが有利になります。

AppleStoreでのiPhoneの購入は、クレジットカード全カードブランドが使える他、ペイディApple枠などのあと払いアプリによる分割購入も可能です。

購入したiPhoneは、新品未使用の状態でスマホ買い取り店へ持ち込んで買い取ってもらいます。

売却先は、店舗数は少ないですが、買取ルデヤやドラゴンモバイルなどのいわゆる中華系買い取り店のほうが換金率が高くなります。

iPhone最新機種の新品未使用品であれば、換金率80%〜90%くらいになります。

もう少し身近な買取店が希望の場合は、TSUTAYAやGEOなどのチェーン店でも買い取ってもらうことはできますが、換金率は少し下がります。

いずれにしろiPhoneの単価自体が高騰しているので、10万円以上の高額現金化になることが前提で、少額の現金化には向きません。

売り買いにおいて多少の手間と知識が必要になりますが、クレジットカードはもちろんのこと、ペイディなどのあと払いアプリの現金化にも使えるので、業者を使わない現金化の方法の一つとしては、知っておいても損はないかと思います。

業者を使わない方法で現金化する際の注意点は?

カード利用停止のリスク

換金性の高い商品の購入をすると、カード会社の不正監視システムに引っかかって、カードを止められたり、決済が否認されるといったことが起こり得ます。

業者を使わない現金化は、その仕組み上、金券や換金性の高い商品を買って現金化をさせることになるため、カード会社の監視に引っかかるリスクが高くなります。

こうしたトラブルに合わないためにも、自分で現金化をする場合は、同じような商品の連続購入を控えるのと、利用はカードの信用度に応じた額に留めておくことが推奨されます。

商品選びのミスによる現金化の失敗

自分でやる現金化の場合、商品を購入するお店と、買い取ってもらうお店は別々のところになります。

そのため、購入した商品が思ったほど買取価格が付かなかったり、そもそも買い取りの対象ではなかったりといったことで現金化を失敗したとしても、すべてが自己責任となります。

例えば、切手でも普通切手か記念切手か、シートかバラか、500円切手か、63円切手かなどで買取価格も違うのが普通ですし、鉄道系回数券となれば、さらに買取店での在庫状況や需要によって、区間も券種も多種多様で取り扱いに差がでます。

こうした条件を正確に把握して、いま買うならどこでどのような金券や商品を買って、どこで現金化させるかという、ある種の目利きが必要になります。

こうしたことからも、業者を使わない現金化を成功させるには、ある程度の経験や知識を備えた上で実行する必要があります。

手間と時間がかかる

業者を使う現金化の場合、申込みさえすればあとは入金まで一つの窓口で手続きが完結しますが、業者を使わないでやる場合、現金化までにそれなりの時間と手間がかかります。

少なくとも、商品の購入で1ヶ所、それを買い取ってもらうところで1ヶ所、合計2ヶ所での手続きが必要です。

さらに、換金率のリサーチをするのであれば、事前に買取店へ電話するなどして確認をとる必要もあります。

ネットで手続が完結する現金化サイトと違い、それぞれのお店の営業時間や移動時間も考慮した上で現金化する必要があるため、時間には余裕をもって実行することが必要になります。

クレジットカード現金化でお金を作るには?

クレジットカードがあれば、現金化サイトを使って資金調達が可能です。

WEB申し込みで入金まで20分〜30分くらい、現金化につきまとうカード利用停止のリスクも軽減できます。

利用条件は本人名義のクレジットカードがあることだけ、面倒な審査や保証人は不要です。

対応が早くて条件も良いサイトをいくつか紹介しておきますので参考にしてください。

クレジットカード現金化
1
あっとマネー
4.6
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカ/バーチャルに対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
2
みんなの現金化
4.3
\クレカ、ペイディ、auPAYプリカにも対応/

全クレカに加えPaidyカードやauPAYプリカにも対応年中無休夜20時まで即日振込。無料見積もり可能。

初めてご利用のお客様最大30,000円プレゼント

クレジットカード現金化
3
どんなときも。クレジット
4.1
\カード事故0件の実績/

最短10分。利用料・手数料無料でお得に利用。審査不要、在籍確認不要年中無休で即日入金可能。

\さらに詳しく比較するなら/
カード現金化サイト比較
投稿:2023.10.30 / 更新: / クレジットカード現金化
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。