レターパックの現金化方法。払い戻しやクレジットカードでの購入を解説

レターパックの現金化ってどうやればいい?
レターパックってクレジットカードの現金化にも使えるの?

レターパックは、クレジットカード購入ができて、かつ現金化しやすい商品の一つです。

最近では、キャッシュレス化が進み、郵便局の窓口でもクレジットカードや電子マネーを使ってレターパックを購入できるようになりました。

レターパックは換金性の高い商品で、現金化するときも高い換金率で換金可能です。

今回は、

  • レターパックをクレジットカードや電子マネーで購入するには?
  • コンビニでもレターパックを購入できるか?
  • 携帯キャリア決済でも買える?
  • レターパックを現金化するにはどうしたらいいか?

などについて解説します。

レターパックの種類と値段

レターパックとは、日本郵便が発行している全国どこでも一律料金でA4サイズ・4kgまで送ることができる封筒のことです。

レターパックには、2つの種類があります。

  • レターパックプラス:520円・対面配達
  • レターパックライト:370円・ポスト配達・厚さ3cm以内

封筒の中に荷物を入れて、ポスト投函もしくは郵便局に持参することで、手軽に荷物を発送することができます。

レターパックが購入できる場所

レターパックは全国各地の郵便局および、以下の場所で購入することができます。

レターパックをクレジットカードで買えるところ

  • 郵便局
  • ○ 郵便局の窓口
    ○ 郵便局のネットショップ

  • コンビニ
  • ○ ローソン
    ○ ミニストップ
    ○ デイリーヤマザキ
    ○ セイコーマート
    △ セブンイレブン(一部)
    △ ファミリーマート(一部)

  • Amazon
  • 金券ショップ
  • ネットオークション・フリマアプリ
  • ○ ヤフオク
    ○ メルカリ
    ○ ラクマ

この中でクレジットカードで購入できるのは、郵便局の窓口、郵便局のネットショップ、ミニストップ(限定)、セブンイレブン(限定)、ファミリーマート(限定)、Amazon,ヤフオク、メルカリ、ラクマです。

レターパックはクレジットカードで購入可能

郵便局

レターパックは、全国の郵便局の窓口で購入できます。
キャッシュレス決済対応済みの郵便局であれば、クレジットカードや各種電子マネーでの購入ができます。

郵便窓口におけるキャッシュレス決済(日本郵便)
https://www.post.japanpost.jp/life/cashless/index.html

また、郵便局のネットショップでもクレジットカード払いで購入することができます。

ただし、郵便局のネットショップは最低20部単位となるのと、使えるクレジットカードはVISAとMasterCardに限られます。

Amazon

Amazonでもレターパックを購入することができます。

ただし、公式出品ではないので値段が高いのと、いつ無くなるかは分かりません。
クレジットカード決済の他、携帯キャリア決済での購入も可能です。

ネットオークション・フリマアプリ

ヤフオクやメルカリ、ラクマなどフリマアプリでもレターパックの購入が可能です。
公式出品ではないので定価に比べて値段が少し高く、また、出品も必ずあるとは限りません。

いずれもクレジットカードで決済が可能なのと、ヤフオクであればPayPay,メルカリであればメルペイなど電子マネーでの支払いの他、auかんたん決済など携帯キャリア決済での支払が可能です。

金券ショップ

金券ショップでもレターパックの購入が可能です。
ただしクレジットカードでの購入はできません。

コンビニ

主に取り扱いがあるコンビニはローソン、ミニストップなどです。

コンビニであれば24時間いつでもレターパックを買うことができますが、原則クレジットカードで購入はできません。

例外的にファミリーマートはファミマTカードでレターパックの購入ができますが、レターパックの取り扱い自体が一部の店舗に限られています。

レターパックは携帯キャリア決済で購入可能

レターパックは携帯キャリア決済でも買うことができます。

レターパックの購入に携帯キャリア決済が使えるのは、

  • Amazon
  • メルカリ
  • ラクマ

で、

  • d払い(docomo)
  • ソフトバンクまとめて払い(SoftBank)
  • auかんたん決済(au)

が使えます。

ただし、公式出品ではないので出品がなかったり、売っていても値段が高いこともあります。

なお、メルカリで携帯キャリア決済をする場合は、アプリ版から決済する必要があります。

ブラウザ版では携帯キャリア決済は選択できません。

レターパックは電子マネーで購入可能

郵便局

郵便局の窓口で電子マネーでレターパックの購入ができます。

使える電子マネーは以下の通りです。

郵便局電子マネー

キャッシュレス決済に対応済みの郵便局窓口はこちらです。

コンビニ

コンビニではクレジットカードを利用してレターパックを購入することができませんが、電子マネーを使うことで間接的にクレジットカード決済を行うことが可能です。

  • ミニストップ:WAON(イオンカード)
  • セブンイレブン:nanaco(セブンプラスカード)
  • ファミリーマート:ファミマTカード

セブンイレブン、ファミリーマートについてはレターパックを取り扱っていない店舗もあります。

Amazon

Amazonで使える電子マネーは以下の通りです。

  • 楽天Edy
  • iD
  • JCB PREMO
  • Suica

これらの電子マネー決済でレターパックの購入できます。
ただし、公式の出品ではないので定価に比べて割高になのと、品切れになる場合もあります。

レターパック現金化の方法

レターパックを現金化する方法を紹介していきます。

金券ショップで買い取ってもらう

金券ショップでのレターパックの換金率相場は90%前後と、高い水準となっています。

買取方法は、店頭買取と郵送買取があります。

店頭買取の場合は、
レターパックを直接持参すれば(要身分証)、その場で現金を受け取ることが可能です。

郵送買取の場合は、
申込書や身分証明書のコピーなどの必要書類とレターパックを郵送し、内容に問題ないことが確認され次第、指定した銀行口座に現金が振り込まれる形となります。

即金性を求める場合は、直接店舗に足を運ぶのが早いです。

郵送買取の方が買取価格が高い傾向がありますが、送料や振り込み手数料が別途負担になるため、最終的な換金率はそれほど違いはありません。

100枚以上の大量買取の場合や、すでに店舗に在庫が豊富にある場合は、買取を断られてしまうこともあります。

ヤフオクに出品

ヤフオクをはじめとした、インターネットオークションサイトに出品して換金する方法です。

ヤフオクではレターパックの取引が数多く行われています。
出品者も多いですが、その分落札者も多いので、適正な価格設定をすれば比較的早い段階で落札されます。

ただし、オークションという特性上、いつ落札されるか確実にはわかりません。

出品のタイミングによっては、ほかの出品者が増加し、なかなか自分の出品が落札されないということも想定されます。
そのため「いますぐ現金化したい」という場合、ヤフオクは不向きといえます。

たとえ出品した当日に落札されたとしても、落札者の入金・商品の発送・落札者の受取連絡のステップを考えると、どんなに早くても現金が手元に入るまで3日はかかります

ヤフオクを利用するには、

  1. プレミアム会員費:月額462円(税抜)
  2. 落札システム手数料
  3. ・・・プレミアム会員:落札価格の 8.64% (税込)
    ・・・ プレミアム会員以外:落札価格の 10.0% (税込)

上記2点の費用がかかってきます。

手数料が10%掛かるので、それだけで換金率は10%下がっているということになります。

また、売上代金を引き出す際の振り込み手数料が1回100円(ジャパンネット銀行は無料)かかります。

プレミアム会員以外の場合は、出品の際の機能が一部制限されますが、出品自体は可能です。

フリマアプリに出品する

メルカリやラクマをはじめとした、スマートフォンのフリマアプリに出品して換金する方法です。

近年フリマアプリは利用者数を伸ばしており、メルカリやラクマもヤフオク同様、レターパックの取引が行われています。

早いと出品から数分で購入されることもあります。

また、売上金は現金として銀行口座へ振り込みしてもらう以外にも、フリマアプリ内の商品を購入する際に利用することもできます。

ヤフオク同様、フリマアプリの場合も出品には手数料がかかります。

メルカリの場合は商品価格の10%、
ラクマの場合は商品価格の3.5%

の販売手数料がかかります。

時間に余裕がある場合は最初にラクマに出品し、数日たっても購入されなければラクマでの出品を取り消し、新たにメルカリで出品するということも可能です。

メルカリ・ラクマ共に、他サービスに同時に出品することを利用規約で禁止しています。トラブルにならないよう、1つずつ出品するようにしましょう。

レターパック現金化の注意

汚れや折れ

レターパックを少しでも高く現金化するために、レターパックを折ったり汚したりしないように注意しましょう。

オークション・フリマアプリでは、買い手が付きづらくなったり、金券ショップでも、買取価格を減額されてしまいます。

ネットオークションやフリマアプリの場合は、郵送の都合上(送料を浮かすため)、レターパックを折って発送される場合があります。

後々トラブルとならないように、発送方法も事前に確認しておくようにしましょう。

値上げ

レターパックの料金は、時々、値上げされています。

直近では、以下の通り値上げがありました。

2019年10月1日 (510円→520円)
2014年4月1日 (500円→510円)

たまにのことですが、値上がりした後は古いレターパックがそのままでは使えなくなるので、買取をしてもらえないなど、現金化が難しくなります。

もし、現金化を予定している場合は、長い間保存せずに、すぐに現金化してしまうことをおすすめします。

レターパックは払い戻しできる?

未使用のレターパックや書き損じてしまったレターパックは、現金で払い戻しを受けることはできません。

ただし、交換してもらうことが可能です。

郵便局窓口で手数料41円を支払うことで、新品のレターパック、切手類に交換できます。

なお、「ゆうゆう窓口」では交換対応はできません。

エクスパック・レターパック350・レターパック500は現金化できる?

エクスパックとは、レターパックの前身となるサービスです。

2010年3月31日に販売を終了し、その後レターパック500・レターパック350が発売されました。

現在販売されている「レターパックプラス」「レターパックライト」は、レターパック500・レターパック350の名称が変更されたものです。

レターパック350・レターパック500については、現在でも買取業者で取り扱いがありますが、エクスパックについては、ほとんどの買取業者で買取不可となっています。

郵便局に持ち込むことで銀行口座への振り込み、500円分の切手類との交換が可能でしたが、2019年4月1日以降、旧郵便事業株式会社発行のものに関しては、払い戻し請求ができなくなっています。

安全にカードを現金化するなら

自分でカードの現金化をしようとすると、どうしても利用停止などのトラブルに巻き込まれやすくなります。

しかし、専門の業者を介在させることでカード事故を起きづらくさせることができます。
安全にカードを現金化するためには、優良な現金化サービスの利用をおすすめします。

クレジットカード現金化
1
あんしんクレジット
4.6
\振込手数料0円/

業界No1の信頼と実績、創業20年の定番現金化業者。土日祝日、夜間のお振込みもOK。最短3分振込み。

契約頂いた方全員が対象換金率5%UPクーポン券プレゼント

クレジットカード現金化
2
あっとマネー
4.3
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカも対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
3
現金化堂
4.1
\換金率保証あり/

審査・保証人不要。年中無休で即日入金対応可能。換金率保証や5万円キャンペーンなど各種サービスが充実。

ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2020.10.01 / 更新: / 金券・商品券
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。