クレジットカード現金化業者に裏面のセキュリティーコードを要求される件

クレジットカード現金化業者の利用でクレジットカード裏面のセキュリティコードを要求される場合があると聞きます。
本当なら抵抗があるのですが、セキュリティコードは提出する必要があるのでしょうか?

クレジットカード現金化業者の申込に必要な書類は以上の3つです。

  • クレジットカード情報
  • 身分証(免許証、保険証、パスポートなど)
  • 銀行口座情報

これらを写メで送るのが通例です。

ここで意外に思う方もいるかもしれません。

身分証と振込先の口座番号はわかるにしても、クレジットカード番号も渡すのか?と。

この記事ではクレジットカード現金化業者を利用するときに

・どこまでカード情報を提出するのか
・セキュリティコードの提出の有無

について解説します。

クレジットカード現金化業者の利用にはカード番号の提出が必要

私が調査したところほとんどの現金化業者でクレジットカード番号の提出が必要でした。

正確には

  • カード番号
  • カード名義
  • 有効期限

の3つです。

もし、現金化を利用する場合はそのつもりでいた方がいいでしょう。

提出方法は、クレジットカードの番号を写メで撮って送る方法が一般的です。

一部、LINEなどで送る方法もありますがメールでのやりとりが主流です。

正直、「この方法が本当にセキュアなのか?」と言われると疑問は感じます。

メールの送り先が間違えていれば漏洩してしまいますし、送信先のパソコンがウイルスに感染していれば漏洩する可能性があります。

このようなリスクがある点は理解しておく必要があります。

ただし、これはインターネットでカードを使って買い物をしていれば、根本的には同じ状況なので、最終的には「カード番号を渡す相手が信用できるかどうか」ということに帰結するかと思います。

現金化業者へクレジットカード番号を渡す理由

なぜ、現金化業者の利用でクレジットカード番号を渡す必要があるかというと理由は2つあります。

1つ目の理由は、業者側でカード決済の手続きをしてもらうためです。

ご存知の通りクレジットカード現金化業者の仕組みは、クレジットカードで商品を購入して、その分キャッシュバックや買取額を振り込んでもらうというものです。

そのときの商品購入の決済のために先方へカード番号を渡す必要があります。

決済フォームを送ってもらって、こちらでカード決済するというパターンの業者もありましたが、最近ではほとんどみなくなりました。

その理由は2つ目の理由にも関係があります。

2つ目の理由は、クレジットカード名義が本人のものか確認するためです。

クレジットカードの前面にはカード番号の下に、カード名義人の名前がアルファベットで刻字されています。

一緒に提出させた身分証明書と照らし合わせて、本当に本人のクレジットカードかどうかを確認しています。

クレジットカード現金化業者は、盗難カード、偽造カード、他人名義のカードの無断使用などの不正使用を警戒していて、それを避けるために厳重にカード所有者と申込者が同一人物であるかを確認しています。

もし他人名義のクレジットカードを現金化してしまった場合、本当のカードの持ち主から訴えられれば、現金化業者は返金をしなくてはなりません。

それどころかクレジットカードの不正利用を助けたとみなされ、当局から何らかのペナルティを受けることもありえます。

このような理由から現金化業者は、使われるクレジットカードのカード名義を厳重にチェックしています。

クレジットカードのセキュリティコードは渡す必要あるのか?

では、クレジットカード裏面に記載されたセキュリティコード(CVV)は渡す必要があるのでしょうか。

現金化に限らず、通常のネットショップなどのカード決済では、

・カード名義
・カード番号
・カード有効期限

の入力が求められますが、それに加えて裏面に記載されたセキュリティコードの入力を求められることがあります。

これは偽造カード対策の一つとされていて、これを入力することでカードの不正利用を防げることができると考えられています。

クレジットカードの現金化業者を使うときも、このセキュリティコードの提出を求められるケースがあります。

理由は先ほどと同様に、業者側でカード決済をしてもらうためです。

なので、クレジットカードの表面・裏面の両方を写メで撮って送るように指示する業者があるのは確かです。

これに抵抗を感じる人は多いのではないでしょうか。

しかし、セキュリティコードは送らなくてもいい場合もいます。

実は、クレジットカードの決済をするとき、セキュリティコードの入力は必須ではなく、セキュリティコードなしで決済をすることも可能です。

事実、セキュリティコードなしで買い物ができるネットショップサイトも大手も含めたくさんあります。

そもそもセキュリティコードの入力は偽造カード対策であるとされていますが、クレジットカード現金化業者においては、本人確認書類などで不正利用でないことを確認さえできていれば、セキュリティーコードなしでカード決済をしても問題ないという考えもあるわけです。

もし、現金化業者は利用したいけどセキュリティコードの提出は抵抗があるという人は、セキュリティコードの提出が不要な業者を選ぶことをおすすめします。

業者名 セキュリティーコード
あんしんクレジット 不要
和光クレジット 不要
ハピネス 不要
おひさまクレジット 必要
換金クレジット 必要
ゴールドクレジット 必要
ギフトクレジット 必要

※筆者調査時のものです。
条件によって変わる場合がありますのでご了承ください。

クレジットカードの裏面を送るように言われたら?

もし、クレジットカードの裏面を送るように言われたらセキュリティコードを渡すしかないでしょうか。

現金化業者が裏面の提出を求めるとき2つの理由があります。

  • 文字通りカード決済のためにセキュリティコードが必要
  • 裏面のサインを確認するため

実は、セキュリティコードが必要なのではなくて、裏面に記載されたサインが本人のものか確認するためという場合もあります。

筆者も現金化業者をリサーチする過程で、裏面の提出を求められることがありましたが、中には「セキュリティーコードの箇所は隠して送ってください」という業者もいました。

裏面を送るように求められたら、「セキュリティコードの部分は隠してもいいですか」と確認してみてもいいかもしれません。

まとめ

クレジットカード現金化業者の利用には、クレジットカードによる商品購入の手順は欠かせません。

仕組みは違うにしろインターネットで買い物をする場合、多かれ少なかれクレジットカード情報を送信していることになり、それは現金化業者の利用でも違いはありません。

先ほども触れましたが、重要なのは「どの情報を渡すか」ではなく、「情報を渡した相手が信用できるかどうか」です。

セキュリティコードを渡したとしても信用できる業者であれば問題ないし、信用できない相手であれば、カード番号どころか、電話番号一つ渡しただけで何に利用するかわからないということです。

良い業者選びのポイントは、「ある程度の年月運営を続けていて悪い噂が出ていない」というのも信用度を計る重要な要素です。

私自身も利用していて、当サイトでも何度か紹介している現金化業者であればトラブルは避けられると思いますので、ここに改めて紹介しておきますので参考になさってください。

クレジットカード現金化
1
あんしんクレジット
4.6
\振込手数料0円/

業界No1の信頼と実績、創業20年の定番現金化業者。土日祝日、夜間のお振込みもOK。最短3分振込み。

契約頂いた方全員が対象換金率5%UPクーポン券プレゼント

クレジットカード現金化
2
あっとマネー
4.3
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカも対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
3
現金化堂
4.1
\換金率保証あり/

審査・保証人不要。年中無休で即日入金対応可能。換金率保証や5万円キャンペーンなど各種サービスが充実。

ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2020.07.16 / 更新: / クレジットカード現金化
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。