ペイディをPayPayへチャージして支払いに使える?

※同記事の内容には一部広告が含まれます。
ペイディ残高をPayPayへチャージして使うことはできる?

ペイディカードをPayPayに紐づけることで、ペイディ残高でPayPay払いをすることができます。

ペイディをPayPayへ紐づけるにはペイディカードが必要です。

ペイディカードはアプリから利用できるVISAプリペイドのバーチャルカードで、ペイディのアプリから本人確認をすると利用できるようになります。

ペイディをPayPayへ追加する方法は、ペイディアプリに表示されたペイディカードのカード番号をPayPayの「カード追加」へ登録します。

PayPayの支払い方法がペイディカード(VISA)に切り替わっていればOKです。

利用可能額はいくら?

ペイディの残高によります。

ペイディのアプリを開いて「ご利用可能額」のとことで確認することができます。

ペイディ利用限度額

PayPayに表示される上限はPayPay側の限度額なので、実際の利用上限はPayPay、ペイディ、双方の利用上限の低い方ということになります。

ペイディのアプリから手続きできる?

ペイディのヘルプを見ると、ペイディのアプリから、「外部サービスへの登録」でPayPayと連携できるようなことが書いてありますが、実際はPayPayのアプリを開いてペイディカードの番号を手動登録しないと追加できません。

PayPayを使えばペイディの支払いになる?

PayPayの支払い元としてペイディカードが連携されていればペイディから支払われます。

PayPayコード画面の「支払い方法」のところにペイディカード(VISA)が登録されていることを確認してから支払いをしてください。

PayPayで支払ってペイディの分割払いが使える?

ペイディの3回分割払いが使えます。

一括払いで決済して、ペイディのアプリから利用明細が反映されたら3回払いの分割払いへ変更することができます。

毎月10日の3回払いで支払いになります。

6回払い、12回払いは使えません。

この方法はいつまでできる?

PayPayチャージに使えるクレジットカードは、2025年1月からはPayPayカードに限定されることが発表されています。

ペイディカードはVISAカードなので、現状PayPayへ登録できますが、2025年1月にはこの方法でチャージすることはできなくなると思われます。

それまではPayPayカード以外のクレジットカード(VISA、Mastercard)をPayPayへ登録することができます。

クレジットカード現金化でお金を作るには?

クレジットカードがあれば、現金化サイトを使って資金調達が可能です。

WEB申し込みで入金まで20分〜30分くらい、現金化につきまとうカード利用停止のリスクも軽減できます。

利用条件は本人名義のクレジットカードがあることだけ、面倒な審査や保証人は不要です。

対応が早くて条件も良いサイトをいくつか紹介しておきますので参考にしてください。

あと払いアプリ現金化
1
あっとマネー
4.6
\スマホ完結 最短3分!/
あと払いアプリ対応の新しい現金化サービス。ペイディカードやバンドルカードなどのあと払いアプリキャリア系プリカも現金化にも対応。本日入金可能。
あと払いアプリ現金化
2
みんなの現金化
4.3
\ペイディ・auPAY対応/
クレカ、ペイディカード、バンドルカード、auPAYにも対応。見積もり無料。
あと払いアプリ現金化
3
どんなときも。クレジット
4.1
\キャリア系プリカ対応/
クレカ、各種バーチャルカードにも対応の現金化サイト。入金最短5分〜。
\クレカならさらに増額/
カード現金化サイト比較
投稿:2024.04.11 / 更新: / 後払いアプリ
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。