QUICPayを現金化する方法!電子マネーの換金は効率的なのか?

QUICPay(クイックペイ)といえば、レジで流れる「クイックペイ~♪」という音楽を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

QUICPayは、店舗に設置されている端末にかざすことで簡単に決済ができる電子マネーです。

電子マネーを利用したさまざまな現金化の方法がありますが、QUICPayを利用した現金化は効率的なのでしょうか?

順番に解説していきます。

QUICPayはポストペイ型の電子マネー

QUICPayは、ポストペイ型といわれている後払い方式の電子マネーとして広く認知されています。

利用者のライフスタイルに合わせた使い方ができるよう、QUICPay発行会社によってカードタイプ・モバイルタイプ・キーホルダータイプなど、いくつかの種類が用意されています。

どのタイプも対象となっているクレジットカードの発行が必須で、口座振替やキャリア決済での支払いは不可です。

■カードタイプ
・専用カード:QUICPay機能のみ備わっているカード
・クレジットカード:クレジット機能とQUICPay機能が一体型になっているカード
・nanacoカード:nanaco機能とQUICPay機能が一体型になっているカード

■モバイルタイプ
スマートフォンのおサイフケータイから利用するタイプ

■キーホルダータイプ
キーホルダー型のQUICPay

■コインタイプ
コイン型のQUICPay

後払い方式なので、プリペイド方式のように事前にチャージしておく必要がなく手軽に利用できるので、支払いのタイミングでチャージ金額が足りなくて焦ることもありません。

QUICPayで現金化する方法

先ほどお話したように、QUICPayは後払い方式のポストペイ型としての利用が主です。

そのため、クレジットカードからQUICPayにチャージし現金を引き出すという方法は使えません。

QUICPayを利用して現金化するためには、以下いずれかの方法が有効です。

QUICPayで購入した商品を転売

QUICPayを利用して換金率の高い商品を購入し、買取ショップやヤフオクで商品を売却する方法です。

換金率が高いことで有名な商品といえば、以下のものが挙げられます。

・ブランド品
・ゲーム機
・新幹線の回数券(チケット)
・金券商品券、ギフトカード
・Amazonギフト券
・iTunesカード
・Google Playギフトカード

手軽な方法として思いつくのは「コンビニでAmazonギフト券を購入して金券ショップに売却」という方法ではないでしょうか?

しかし、残念ながらAmazonギフト券をQUICPayで購入することはできません。

他の電子マネーでも金券やチケット類の購入が難しいケースが多いですが、QUICPayも同様に換金率の高い金券類を購入することが難しくなっています。

そのため、買取ショップで高換金率で取引されている商品を事前に調査し、その商品が販売されている且つQUICPay決済が可能な店舗で商品を購入し、売却するという流れが良いでしょう。

QUICPayで購入した商品を返品

この方法は、先ほどお話した転売よりも手間なく現金化できる方法です。

QUICPayを導入している店舗で何かしらの商品を購入し、その商品を返品することで現金で返金を受けるというものです。

ただし注意点があります。

①店舗に迷惑をかける
②返品の申し出が早いとQUICPayで返金処理される
③店舗によっては時期に関係なくQUICPayでの返金になる

買うつもりのない商品を購入し返品するということは、販売員の方々はもちろん店舗自体に迷惑をかけるということを忘れてはいけません。

そして、店舗によって当日中の返品はQUICPayでの返金処理となったり、そもそも現金での返金に対応していない店舗もあります。

たとえば、ユニクロの場合は時期に関係なく、基本的にQUICPayでの返金となり、購入店舗以外での返品の場合のみ現金対応となります。

このように店舗独自の返品・返金ルールが定められているので、事前にきちんとリサーチしておく必要があります。

家族・友人の買い物を代行する

家族や友人が必要としている商品を代わりにQUICPayで購入し、商品代金を現金で受け取るという方法です。

この方法であれば、誰かに迷惑をかけることもなく、買い物を代行するということで相手の手間も軽減され、逆に感謝されるかもしれません。

QUICPayを利用した現金化の注意点

今までお話してきたように、QUICPayで現金化する方法はいくつかありますが、注意しなければならないポイントもあります。

メリットだけでなく、デメリットについても理解した上で現金化を進めましょう。

利用上限金額は2万円まで

QUICPayの1回あたりの利用金額の上限は、2万円までとなっています。

1回あたりの上限は決められているものの、全体の上限金額はカード自体の利用上限枠に準ずる形です。

そのため、2万円以上の現金化を行いたい場合は、複数回にわけて商品を購入する必要があります。

ただし、同じ店舗で短時間に何度も商品を購入したり、別の店舗だったとしても立て続けに購入していると、QUICPayに紐づけられているクレジットカード会社が不審に思う可能性があります。

原則分割支払いできない

QUICPay利用分の支払いに関しては、原則店舗での分割払いやリボ払い指定をすることができません。

ただし、あくまでお利用しているクレジットカード会社の支払い方法に準ずる形となるので、あらかじめ自動的にリボ払いになるような設定を行っている場合は、その限りではありません。

クレジットカードの現金化は利用規約違反

クレジットカードの現金化は各クレジットカード会社の利用規約で禁止されている行為です。

QUICPayを利用したとしても、実際の決済はクレジットカードを利用している形となるので、QUICPayでの現金化がバレてしまった場合はQUICPayだけでなく、クレジットカード自体の利用停止や利用金額の一括支払いなどのペナルティを課される可能性があります。

余計な手間とリスクをかけずに現金化したい方は

QUICPayは紐づけるクレジットカードさえ発行すれば気軽に利用でき、現金化に利用することも可能です。

ですが、現金化となると1回の利用金額の上限もあり、効率的に現金化ができるとは言い難いです。
そして繰り返し利用することにより、現金化がバレるリスクを高めることになりかねません。

「手間とリスクをかけずにもっと手軽に現金化したい」という場合は、現金化専門業者をりようすることをおすすめします。

現金化のプロに依頼することで、リスクなくまとまった金額を現金化することが可能です。

下記に信頼できる現金化業者を載せておくので、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカード現金化
1
あんしんクレジット
4.6
\振込手数料0円/

業界No1の信頼と実績、創業20年の定番現金化業者。土日祝日、夜間のお振込みもOK。最短3分振込み。

契約頂いた方全員が対象換金率5%UPクーポン券プレゼント

クレジットカード現金化
2
あっとマネー
4.3
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカも対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
3
現金化堂
4.1
\換金率保証あり/

審査・保証人不要。年中無休で即日入金対応可能。換金率保証や5万円キャンペーンなど各種サービスが充実。

ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2019.06.21 / 更新: / 電子マネー
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。