楽天ペイでのクレジットカード現金化がおすすめ出来ない理由

楽天ペイをご存知でしょうか?
PayPay・LINEPayなどと同様、アプリやインターネットを利用して、簡単に決済ができるキャッシュレスサービスです。

楽天ペイは現金化に利用できたら、気軽に現金を手にすることができそうですよね。

期待されていたらごめんなさい。
結論からお伝えすると、楽天ペイを利用して現金化することはできますが、リスクが高くあまりおすすめはできません。

この記事では、楽天ペイの仕組みから現金化の方法、おすすめできない理由まで詳しく紹介していきます。

序盤は楽天ペイの仕組みについて紹介しているので、「楽天ペイについては知っているから現金化の方法が知りたい」という方は、後半からご覧ください。

楽天ペイとは

楽天ペイとは、楽天が提供する電子マネーで、スマートフォン1台で簡単に商品やサービスが購入できるサービスです。

スマートフォンに専用アプリをダウンロードし、支払いの際お店側にバーコード・QRコードを読み取ってもらうだけで決済が完了します。

オンラインの利用では、楽天IDに登録している情報を利用して買い物ができるので、名前や住所、クレジットカード番号の入力を省くことができます。

アカウントに楽天カードを登録しておくと、楽天ペイ決済時に付与されるポイントと別にポイントがたまるので、ポイントの二重取りが可能です。

楽天ペイが使える場所

楽天ペイは、全国各地のさまざまな店舗で利用できます。

一部ですが対象店舗を紹介しておきます。

【実店舗】
■コンビニエンスストア
ファミリーマート・ローソン・ミニストップ

■薬局・ドラックストア
ウエルシア・セイムス・スギ薬局・トモズ

■家電量販店
ビックカメラ・ケーズデンキ・エディオン

■居酒屋
はなの舞・魚民・白木屋

■飲食店
上島珈琲・松屋・ピザーラ

【オンライン】
■ファッション
バイマ・ユナイテッドアローズ・アーバンリサーチ

■美容・生活
無印良品・ワタシプラス・東急百貨店

■グルメ
ドミノピザ・大阪王将・オイシックス

■映画
TOHO CINEMAS・109CINEMAS

楽天ペイの利用方法

楽天ペイを利用した決済は、店舗の場合もオンラインの場合も、とても簡単におこなうことができます。

店舗の場合

街にある実店舗での利用の場合、コード・QR払い・セルフの3種類で決済が可能です。

コード・QR払いの場合は、専用アプリの「R Payコード・QR払い」からバーコードやQRコードを表示させ、おお店側に読み取ってもらうだけで、決済が完了します。

セルフの場合は、自分で支払うお店を選択し、金額を入力することで決済が完了します。

楽天ペイの利用上限額は、楽天の会員ランクや利用店舗によって異なりますが、基本的には1回あたり50万円まで利用ができます。

ただし、登録しているクレジットカードの利用上限枠が50万円を下回る場合は、クレジットカードの上限額までとなります。

現在、200円の利用につき楽天ポイントが1ポイントたまるキャンペーン中です。楽天カードを利用することで、ポイントの二重取りも可能です。

オンラインの場合

インターネットで利用する場合、以下の4ステップで決済が完了します。

①商品を買い物かごに入れて決済画面に進む
②決済方法で楽天ペイを選択
③楽天のサイトに移動しログインと支払いをおこなう
④購入サイトに戻り完了

インターネット利用の場合、税込金額の1%分のポイントがたまります。

楽天ペイに登録できるクレジットカード

楽天ペイアプリに登録できるクレジットカードは、Visa・Mastercardのみとなっています。

ただし、楽天カードのみJCBとAmerican Expressの登録が可能です。

楽天ペイは楽天ポイント・楽天キャッシュも利用できる

楽天ペイは、楽天ポイントや楽天キャッシュを利用することが可能です。

一部利用 or すべて利用、ポイント優先 or キャッシュ優先という設定も自由にできます。

また、楽天キャッシュを個人間で送ることもできるので、立て替えてもらっていたお金を返すときなど、便利に使えます。

楽天ペイで現金化する方法①楽天ペイの加盟店になる

事業主として楽天ペイの加盟店になり、自分個人の楽天ペイアカウントで決済をおこない、売上金として現金を受け取るという方法です。

自分自身が事業主であり利用者であり、1人2役を担うことになるので、自分の好きなタイミングで好きな金額を現金化することができます。

ただし、楽天ペイの加盟店になるには

・事業主であること(実店舗がなくてもOK・業種は問わない)
・楽天の審査を通過すること

上記2点が条件となります。
つまり、誰でも気軽に利用できる現金化の方法ではありません。

すでに事業をおこなっているか、これから事業を始めようと考えている方であれば、導入のハードルは低くなります。

加盟店審査の流れ

楽天ペイ加盟店への申し込みは、以下の流れになっています。

①申込フォームから必要事項を入力
②本人確認資料を提出(法人の場合は法人確認書類)
③クレジットカードの審査【Visa・Mastercard】
④クレジットカードの審査【JCB・American Express・Diners Club・Discover】
⑤au PAYの審査

審査の完了まで、通常2週間程度かかります。

必要なもの・費用

必要なものは、事業主側で必要なカードリーダーと、決済をおこなうためのスマートフォンやタブレットです。

カードリーダーは別途購入が必要です。

■Elan:18,800円
電子マネー・クレジットカードに対応

■Piu:4,980円
電子マネー決済に対応。クレジットカードには非対応。

入金のタイミング

自分の楽天ペイから決済をおこなうと、後日事業主側の登録口座に決済金額が振り込まれる形になります。

≪楽天銀行の場合≫
23:50までに決済された金額が、翌日に自動的に入金されます。

土日祝日関係なく、手続き不要で毎日入金がおこなわれます。

≪その他の銀行の場合≫
23:30までに入金依頼手続きをおこなうことで、当日23:50までに決済された金額が、翌日全額入金されます。
1回につき、210円の振込手数料が差し引かれた金額が入金されます。

金・土・日曜日依頼分は、月曜日にまとめて入金されます。

決済手数料

クレジットカード決済を行う際、加盟店は決済手数料を支払う必要があります。

■3.24%
・楽天カード
・Mastercard
・Visa
・American Express

・交通系電子マネー
・楽天Edy
■3.74%
・JCB
・Discover
・Diners Club

・iD
・QUICPay

楽天ペイで現金化する方法②楽天ペイで購入した商品を売却する

事業主としての現金化が難しい方は、楽天ペイで購入した商品を売却する現金化の方法もあります。

楽天ペイが利用できる店舗の中から換金率の高い商品を購入し、買取業者やオークションで売却することで、現金化することができます。

換金率が高い商品は

・ブランド品
・金券、商品券、ギフト券
・新幹線回数券、チケット
・電化製品
・ゲーム機

などが挙げられます。

ただし、自分で現金化する場合、商品が売却できない・想定よりも低い金額になってしまうといった危険性もあるため、かなり難易度が高い方法だといえます。

楽天ペイの現金化は可能だがリスクだらけでおすすめできない

楽天ペイを利用した現金化について紹介してきました。

すでに事業をおこなっている方や、これからはじめる予定のある方にとっては試しやすい方法ではありますが、そもそも現金化目的での利用は禁止されています。

楽天側に現金化がバレてしまえば、利用停止は免れません。そして、最悪の場合はクレジットカードの利用停止や、利用金額の一括返済を求められる可能性もあります。

かなりリスクの高い方法といえるので、よっぽどのことがない限りは避けた方が良いでしょう。

どうしても現金が必要という場合は、クレジットカードショッピング枠の現金化がおすすめです。

現金化を専門にしているプロに依頼することで、余計なリスクを抱えることなく安全に現金化が可能です。

興味のある方は、ぜひ下記をご覧ください。

クレジットカード現金化
1
あんしんクレジット
4.6
\振込手数料0円/

業界No1の信頼と実績、創業20年の定番現金化業者。土日祝日、夜間のお振込みもOK。最短3分振込み。

契約頂いた方全員が対象換金率5%UPクーポン券プレゼント

クレジットカード現金化
2
スマイルギフト
4.3
\最短3分で入金/

年中無休で24時間即時振込み対応。換金率も高くて手続きも簡単。対応の良さに定評があり女性オペレーターの指定も可能。

クレジットカード現金化
3
タイムリー
4.1
\夜間対応で高換金率/

夜間土日も振り込み可能で即入金。最高換金率98.6%クレカ・プリカ・バーチャルも対応。

ご新規様限定成約後15,000円~50,000円現金プレゼント

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2019.08.23 / 更新: / 電子マネー
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。