クレジットカード現金化は未成年でもできる?業者利用の条件など解説

未成年者でもクレジットカード現金化は利用できますか?


「親にもらったお小遣いを使いきってしまった」
「友達と遊びに行きたい」
「欲しいものがある」

。。。など、お悩みの未成年の方も多いのではないでしょうか?

バイトが校則で禁止されていたり、親から反対されていたりする場合は、自分で稼ぐこともできないため、「どうにかお金を手に入れる方法はないか」と色々と方法を調べて、クレジットカードの現金化に興味を持っている未成年の方もいるかもしれません。

結論から言うと、

「条件を満たせば未成年でもクレジットカードの現金化はできるけどあまりおすすめできない」

です。

この記事では、

  • 未成年者でもクレジットカードの発行ができるか?
  • 未成年者でも使える現金化の方法があるか?

について解説していきます。

クレジットカード現金化は未成年でも理論上可能だがハードルは高い

未成年者クレジットカード

クレジットカードの現金化は、理論上では未成年でもおこなうことが可能です。

クレジットカード現金化をおこなうためには、自分名義のクレジットカードが手元にあることが大前提ですが、後述する条件を満たせば18歳以上で持つことができるため、未成年でも現金化できる状況は整います。

しかし、たとえクレジットカードを入手し、商品を自由に購入できるようになっても、売却先で未成年ということが制限となり、現金化するに至らない可能性が高いのです。

その詳細については、この後解説していきます。

未成年でもクレジットカードが発行可能な条件

20歳未満の未成年でも、以下の条件をクリアすれば、クレジットカードの発行が認められます。

  • 高校生は不可
  • 18歳未満は不可
  • 20歳未満は親権者の同意書が必要
  • アルバイトでも良いので安定した収入がある

上記をクリアできない場合は、たとえ18歳以上であっても、未成年のうちはクレジットカードの発行が認められません。

クレジットカードの発行が認められなければ、クレジットカードの現金化も不可ということになります。

クレジットカード現金化業者は未成年者の利用不可のケースがほとんど

クレジットカード

現金化業者の多くは、未成年者の申込みを不可としています。
そのため、たとえ自分名義のクレジットカードが持てても、業者を利用した現金化はほぼできないと思っておいた方が良いでしょう。

なぜ未成年者からの申込みを不可としているのかという点ですが、現金化業者は、トラブルに発展するリスクを懸念しているため、20歳以上からの申込み制限を設けているのです。

18歳以上でクレジットカードが発行できたからといっても、大学生や専門学生の未成年者もいますし、働いていても成人と比べれば十分な収入は得られていないことが多いことが想定されます。

そのような中、現金化業者を利用するということは、何らかのトラブルを抱えている可能性は否めません。
現金化の契約後に、第三者や親権者とのトラブルに発展し、業者側が巻き込まれる可能性も大いに考えられます。

以上の理由から、現金化業者は未成年者の現金化利用を制限しています。

金券ショップや買取業者でも未成年者からの買取を受け付けていない

商品券

現金化業者を利用しなくても、成人であればクレジットカードで商品を購入し、専門業者などに売却することで現金化が可能です。

しかし、売却先である金券ショップや買取業者でも、未成年者からの買取をそのまま受け付けてはいないのです。

各都道府県で定められている青少年保護育成条例では、ほとんどのケースにおいて18歳未満からの買取を禁止しています。
また、18歳以上であっても、未成年者からの買取を禁止している商品もあります。

「年齢を誤魔化せば大丈夫じゃないか」と思われるかもしれませんが、買取業者は古物営業法に則って営業しており、盗品の流通を防止する観点からも、本人確認が義務化されています。
そのため、年齢を偽って買取を申込むことは不可能だと思っておきましょう。

ただし保護者の同意があれば買取可能

ただし、上記には例外があります。
たとえ未成年であっても、保護者の同意があれば買取を受付けてもらうことが可能です。

同意書を持参するだけで良いケースもありますが、未成年者である利用者本人が代筆している場合も考えられるため、保護者に直接電話確認をしたり同伴を求めたりする場合もあります。

これらのことから、保護者の同意さえあれば、自分で現金化をおこなうことは可能ということになりますが、現金化目的であることを隠し通すことは難しいでしょう。

未成年者を歓迎している業者は絶対に利用しない

悪徳業者

稀に「未成年者でも親の同意なしで現金化OK」をうたう業者がいるかもしれません。
しかし、絶対に利用しないようにしましょう。

先述したように、未成年者の買取に関しては、条例によって規制がされています。
それにもかかわらず、未成年者を集めるような業者は、ほぼ100%悪徳業者です。

個人情報を悪用される、お金を騙し取られる、詐欺事件に加担させられるなど、危険な目にあう可能性が高いため、どんなにお金がほしくても利用は避けるべきです。

未成年者のクレジットカード現金化は難しいのが現実

解説してきたように、未成年者のクレジットカードの現金化は、方法がまったくないということではありません。

しかし、保護者の同意を必要とするため、「親にバレずにお金を手に入れる」ということは、まず不可能です。

未成年者でどうしてもお金が必要な事情がある方は、正直に親に相談してお小遣いを前借させてもらったり、バイトをする許可をもらったりするのがベストでしょう。

投稿: / クレジットカード現金化
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。