「自動車ローンが払えない…差し押さえされる?」滞納で起こる事と対処法

「せっかく夢のマイカーを手に入れたのに、自動車ローンが払えない……」

購入時から生活環境や事情が変化し、自動車ローンの支払いが難しい状況に陥っている方もいるかもしれません。

自動車ローンが払えない状況になった場合、どのような事態が起きるのでしょうか?

この記事では、自動車ローンが払えないときに起こることや対処法まで紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

自動車ローンが払えないと起こること

自動車ローンが払えなくなり支払いが滞ると、以下のような状況が見込まれます。

■支払期日数日以内
・電話での確認や督促
・自宅へ督促状送付
・遅延損害金が発生

支払期日の数日後には、電話や書面での状況確認や督促がはじまります。
その際に、支払日を決め、その期日までに支払いが完了すれば問題ありませんが、その後も支払いがおこなわれなければ、電話や書面によって督促が継続します。

■支払期日から約2週間後
・再引き落とし期日

ローン会社から、支払期日の約2週間後を目安に、再度支払期日が設定されます。
この期日までに支払いがおこなわれなければ、もちろんその後も督促の電話や書面の郵送が継続します。
場合によっては、勤務先に電話がかかってくることもあります。

■翌月の支払期日を経過
・車の引き上げについて取り決め

支払いを延滞し続け、さらに翌月の支払期日を経過してしまうと、ローン会社は車の引き上げに向けた準備を開始します。
電話で、日程など詳細について取り決めをおこなう形となります。

■支払期日1ヶ月半~3ヶ月後
・車の引き上げの実施

実際に、ローン会社によって車が引き上げられます。
車の引き上げを阻止したい場合は、この段階までに滞納分の支払いをおこなわなければなりません。

■車の引き上げ~数日後
車が引き上げられてしまっても、数日以内に支払いが完了すれば、車を取り戻せる可能性があります。

ただし、通常は数日以内に売却されるため、できる限り早めに対応しなければなりません。

車の売却後、ローンが残っていれば支払いが必要

最終段階まで進み、車が売却されてしまった場合でも、ローンが残っていれば支払いを継続し完済しなければなりません。

ただし、売却額がローン残額を上回る場合は、差額が返金されます。

自動車ローンの延滞は個人信用情報に傷がつく

ブラックリストといえば、クレジットカードの延滞が思い浮かぶかもしれませんが、自動車ローンに関しても扱いは同様です。

自動車ローンが払えなくなり長期延滞が発生すれば、個人信用情報に異動記録が残り、ブラックリスト入りしてしまいます。

自動車ローンが払えないときの5つの対処法

自動車ローンが払えなくなってしまった場合、どのような対処法があるのでしょうか?
主な5つの対処法を紹介します。

ローン会社に期日の延長や返済方法について相談

自動車ローンが払えないと分かった時点で、すぐに担当者に連絡しましょう。
今後の返済計画について、相談にのってくれるはずです。

また、状況やローン会社によっては、一時的・継続的に返済額を減額してくれるケースもあります。

ひとりで抱え込んで支払期日が守れず、ローン会社の信用を失っては損です。
誠意をもって謝罪をおこない、ていねいに事情を説明しましょう。

家族に相談し家計を見直す

結婚し家庭をもっている方は、家族とともに家計を見直し、ほかの部分から自動車ローンにまわせる余地がないか検討しましょう。

特に、車社会の地方都市などで生活している方は、車の有無は大きな問題です。
ほかに負荷がかかったとしても、車の所有を優先しなければならない場合は、自動車ローン費用を捻出する方法を探りましょう。

不要品販売で現金化

自宅に眠っている不要品を、メルカリやヤフオク、リサイクルショップで売却しましょう。

「売却できてもどうせ少額だし意味がない」と思うかもしれませんが、「塵も積もれば山となる」で、積み重なると意外と大きな金額になることもあります。

何かを一気にどうにかしようとせず、できることから取り組む姿勢も大切です。

家族や親戚にお金を借りる

家族や親戚で力になってくれる人がいれば、お金を借りる方法もひとつの手です。

家族関係によって、できる方とできない方がいるかと思いますが、距離感が近い場合は、ダメ元で相談するのも良いかもしれません。

自動車ローンの支払い見込みがたたない場合は売却も検討すべき

突発的な出来事により、今月、来月の短期的な支払いが難しいという場合は別ですが、転職や生活環境の変化により、今後継続的に自動車ローンの支払いが難しいのであれば、車を手放すことも検討しましょう。

「車社会で車がないと生活が不便」「車好きで車がない生活は考えらえない」「苦労して手に入れた車だから手放したくない」など、さまざまな想いはあるかもしれませんが、基本的な生活基盤を安定させることを優先すべきです。

状況が立ち行かなくなった場合は、売却の決断も必要です。

現実的なローンを組むことが自動車ローンの資金繰りで最重要

「自動車ローンが払えない」という事態を招かないためには、現実的に返済可能な金額でローンを組むことが大前提です。

車の購入時は、気持ちが高ぶり、都合の悪い現実からは目を背けてしまうかもしれません。
しかし、車のような高額な買い物の場合、必然的にローンは長期化します。
そして、駐車場代や車検代、税金などの維持費も決して安くありません。

そのため、自動車ローンを組む際には、目先のことだけでなく、先々の生活まで考慮することが重要です。

「今いわれても遅い」と思う方もいるかもしれませんが、今後のためにもぜひ覚えておいてください。

最終手段としてクレジットカード現金化も選択肢のひとつ

自動車ローンが払えない状況は、精神的に非常に辛い状況かと思います。
自分の状況を冷静にみて、今できることをしっかりやっていきましょう。

「どうしてもお金が用意できない。でも車も手放せない」と追い詰められてしまっている場合は、クレジットカードの現金化をおこなう方法もあります。

ただし、当たり前ではありますが、来月以降支払いが発生するため、状況が好転する訳ではありません。

どうしても必要という場合は、今後の選択肢のひとつとして検討してみてください。

安全にカードを現金化するなら

自分でカードの現金化をしようとすると、どうしても利用停止などのトラブルに巻き込まれやすくなります。

しかし、専門の業者を介在させることでカード事故を起きづらくさせることができます。
安全にカードを現金化するためには、優良な現金化サービスの利用をおすすめします。

クレジットカード現金化
1
あんしんクレジット
4.6
\振込手数料0円/

業界No1の信頼と実績、創業20年の定番現金化業者。土日祝日、夜間のお振込みもOK。最短3分振込み。

契約頂いた方全員が対象換金率5%UPクーポン券プレゼント

クレジットカード現金化
2
あっとマネー
4.3
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカも対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
3
現金化堂
4.1
\換金率保証あり/

審査・保証人不要。年中無休で即日入金対応可能。換金率保証や5万円キャンペーンなど各種サービスが充実。

ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2020.02.29 / 更新: / 融資・借入
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。