クレジットカード現金化で利用限度額の増枠をするには?

クレジットカード現金化の利用限度額とはいくらまでですか?
利用限度額が足りない場合どうすればいいですか?

クレジットカード現金化とは、ショッピング枠を現金化させることを指します。

自分でやるにしても、業者を使ってやるにしても利用限度額以上に現金化させることはできません。

この記事では、クレジットカード現金化をするために、

  • 利用限度額を確認する方法
  • 利用限度額いっぱいのカードを増枠する方法
  • 利用限度額が回復するタイミング

などについて解説しています。

ショッピング枠は利用限度額はどうやって決まる?

クレジットカードの利用限度額は、原則カード会社の与信審査によって決まります。

審査基準には、その人の収入や信用情報が大きく関わってきます。

収入が多く安定した職業についている人や、他社からの借入が少なく遅延などもない人は利用限度額も多く設定されやすいです。

ショッピング枠の利用限度額の平均値は、一般カードで50万円、ゴールドカードで200万円ほどと言われています。

利用限度額を調べるには?

クレジットカードの利用限度額を調べるには、カード会社のウェブサイトからマイページへログインして確認するか、カード裏面の発行元へ電話をして
確認することができます。

例えば、楽天カードであれば

  1. 楽天カード(楽天e-NAVI)へログイン
  2. お支払い(ご利用明細)
  3. ご利用可能額
  4. ご利用可能額の詳細

から確認できます。

楽天カード利用限度額

「総ご利用枠」「ご利用可能額」というところが利用限度額(ショッピング枠の残高)です。

クレジットカードを現金化させる場合、この枠の範囲内であれば現金化させることができるということになります。

ただし、金券購入などで、別途カード利用に制限がかかった場合は残高が残っていても決済できなくなる場合があります。

もし利用可能額をオーバーしたらどうなる?

クレジットカードの利用限度額に気づかずカード使おうとした場合はどうなるでしょうか。

お店の場合、クレジットカードを決済する端末でエラーが表示され決済ができません。

お店の決済端末では単に、

「現在このカードはご利用いただけません。」

と表示されるだけなので、使えなくなった理由は本人がカード会社へ連絡しなければ分かりません。

インターネットショッピングの場合は、購入を確定をした段階でカード決済処理がされ、エラーによって決済はできません。

「現在このカードをご利用いただけません。他の支払い方法を選択してください。」

という案内が出ることになります。

限度額をオーバーして買い物をしようとしたからと言って、カードが利用停止になったり、カード会社から問合せが来るということはありません。

カード利用代金を精算するまで、買い物に使うことはできなくなります。

ショッピング枠は増枠できる

クレジットカードのショッピング枠が足りない場合、増枠申請をして増やすことができます

増枠申請はカード会社のウェブサイトから行うことができます。

ファミマTカードの場合、

  1. 会員専用ネットサービスへログイン
  2. ご利用可能枠を増枠する
  3. ご利用可能枠増額お申込み
  4. ご希望のご利用可能枠に希望の金額を入力して申請

です。

審査が必要になるので結果がわかるまでに1週間〜2週間ほどかかります。

カードを作った時より収入が増えたり、他社からの借入が減ったなど、変更があった場合は、「お客様情報登録」などを更新しておくと審査も通りやすくなります。

一時増枠なら簡単に増枠できる?

ショッピング枠の利用限度額を一時的に引き上げることもできます。

継続的な増枠に比べて審査が簡易で比較的すぐに利用できるようになります。

カード会社ウェブサイトから、もしくはカード裏面の電話番号から申請ができます。

審査はありますが、早ければ当日中に、遅くても2日〜3日で審査結果が出て、増枠したカードが利用できるようになります。

例えば楽天カードの場合、

  1. 楽天カード(楽天e-NAVI)へログイン
  2. お支払い(ご利用明細)
  3. ご利用可能額
  4. ご利用可能枠の一時的な増枠

から申請ができます。

増枠申請でカード利用停止に?

増枠申請をしたことをきっかけにカードが利用停止になる場合があります。

増枠出来ないばかりか、カードがそもそも使えなくなるのでかなりの痛手です。

カード会社は、クレジットカードを発行するとき以外にも、時々審査をします。

これを途上与信といいます。

途上与信で、信用情報が悪化していたり、収入が減っていたりしたらカードが利用停止になり会員資格が剥奪されることもあります。

途上与信があるタイミングはカード会社によっても違いますが、その一つとして増枠申請のタイミングがあります。

クレジットカードによっては、増枠の申請をきっかけに、利用者の信用情報や他社の借入状況などをチェックしてその結果次第で、増枠させることもあれば、増枠を断ることもあるし、最悪カード自体を利用停止にされる場合もあります。

だったら申請しなければ良かったと思っても後の祭り。
増枠申請によるカード利用停止の可能性とリスクも把握しておきましょう。

最近、返済を遅延したとか、他社の借入を増やしたとか、信用情報に自信がない場合は無理に増枠申請をしないことをおすすめします。

キャッシング枠の増枠は難しい?

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠があります。

増枠申請にはショッピング枠・キャッシング枠の両方があります。

しかし、キャッシング枠は直接現金を引き出せる機能ということもあって、その分審査は厳しくなります。

通常、お金の借入には総量規制という制限があって、年収の1/3以上の金額を借りることはできません。

クレジットカードのキャッシング機能もこの総量規制の対象なので、増枠申請する場合も、その人の年収や他社からの借入をチェックして増枠可能か審査があります。

信用情報機関の参照はもちろんのこと、収入証明の提出を求められることもあります。

一方、ショッピング枠はあくまで買い物に使うショッピングローンの一種なので総量規制の対象ではありません

とはいえ、借入には変わらないので、増枠する場合は審査が必要になりますが、キャッシング枠と比べると審査は軽くなります。

増枠できる人・できない人

ずっと長く取引しているクレジットカード会社だからといって増枠できるわけではありません。

増枠しやすい人の条件、できない人の条件というものがあります。

増枠できる人の条件

  • 収入が増えた
  • 大きい会社へ転職した
  • アルバイトから正社員になった
  • 他社の借入が返済された
  • 以下の「増枠できない人の条件」に当てはまらない

増枠できない人の条件

  • 収入が減った
  • 収入が不安定な職種に転職した
  • 他社の借入が増えた
  • 支払いの遅延がある
  • キャッシング枠を使い切っている
  • リボ枠、分割払い枠を上限まで使っている

特に重要なのが「収入」「借入額」です。

収入が増えたり減ったりしたか、他社も含む借入額が増えたのか減ったのかは、審査の重要な基準になります。

それに関連して、収入が長期的に安定しているか(正社員かバイトか)なども審査基準になります。

もし、収入や勤務先に変更があった場合は、カード会社のウェブサイトのお客様情報登録から、収入や勤務先をアップデートしておくと審査にも有利になる場合もあります。

ただし、虚偽の申告をすると証明書の提出を求められた場合などにバレることになるので、虚偽なく正しい情報の登録をしましょう。

また、これまでのカードの利用状況も審査の基準になります。

キャッシング枠、リボ枠、分割払いなど、それぞれの利用限度額について、上限いっぱいまでの使用が常態化していると、審査に悪い影響を与えます。

増枠の申請は何度もできますが、申込の事実は信用情報機関に登録されますので、一度して断られたからといって連続で何度もしないようにしましょう。

断られた場合、最低でも6ヶ月は空ける必要があります。

クレジットカードの支払いはいつ反映される?

利用限度額をいっぱいまで使っている場合、カードの利用金額が精算されるまで買い物はできなくなります。

そして、クレジットカードの代金の支払日に引き落としが確認されるとリセットされて、利用限度額が復活します。

利用限度額30万円、翌月25日引き落としのクレジットカードがあったとします。

今月30万円分買い物に使うと利用限度額でそのカードは使えなくなります。

翌月の25日にカードの支払日がきて、銀行口座から30万円分が引き落とされます。

カード会社に引き落とし情報が反映されて、利用限度額が復活します。

実際には、口座から引き落とされて、利用限度額が復活するまでに数日かかる場合があります。

これは、引き落とした銀行からカード会社へ情報が伝わって反映されるのに時間がかかるためです。

しかし、三井住友カードや楽天カードなど銀行系列のクレジットカードで、引き落とし口座もその銀行だった場合は、支払日の引き落とし後、即座に利用限度額が回復します。

現金化は複数枚のクレジットカードを使うも可能

クレジットカードを複数枚持っている場合は、それぞれのカードのショッピング枠の残高を現金化させることができます。

例えば、

楽天カード 利用限度額残高 20万円
ファミマTカード 利用限度額残高 15万円

だった場合、最大35万円分のショッピング枠を現金化させることができます。

また、クレジットカードを新たに発行することができれば、その分の利用限度額も使うこともできます。

現金化業者なら1回の申込で複数枚のクレジットカードも現金化できるので便利です。

条件が良くて人気の高い業者はこちらを参照ください。

クレジットカード現金化
1
あんしんクレジット
4.6
\振込手数料0円/

業界No1の信頼と実績、創業20年の定番現金化業者。土日祝日、夜間のお振込みもOK。最短3分振込み。

契約頂いた方全員が対象換金率5%UPクーポン券プレゼント

クレジットカード現金化
2
あっとマネー
4.3
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカも対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
3
現金化堂
4.1
\換金率保証あり/

審査・保証人不要。年中無休で即日入金対応可能。換金率保証や5万円キャンペーンなど各種サービスが充実。

ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2020.12.08 / 更新: / クレジットカード現金化
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。