本当は怖い?クレジットカード現金化が注意喚起される理由

クレジットカード現金化の注意喚起を目にしますが、やっぱり怖いものなのでしょうか?
利用した場合どういったリスクがあるのか知りたいです。

クレジットカード現金化が気になりつつも、危険なイメージもあって利用していないという人も多いかもしれません。

事実、クレジットカード現金化の利用はカード会社からも注意喚起がされていて、やらないように強く推奨されています。

ではクレジットカード現金化は何がそんなに怖いのでしょうか。

この記事では、クレジットカード現金化を利用した場合に起こり得るリスクやトラブルの事例を解説します。

カード会社にバレたらどうなる?

現金化がクレジットカード会社にバレてしまい、クレジットカードが利用停止、強制退会となるケースがあります。

現状、クレジットカード現金化の利用を取り締まる法律は存在しないため、利用したからといって逮捕されるなど法的なリスクはありません。

ですが、それはあくまでも法的にという点です。
クレジットカード会社の規約には違反していることになります。

各クレジットカード会社は、利用規約の中で現金化・換金目的の利用を禁止しています。

カードの利用停止

その中で現金化を行うことは、クレジットカードの利用停止・強制退会のリスクがあることを認識する必要があります。

実際、現金化目的でブランド品やゲーム機、ギフト券など高換金率の商品をクレジットカードで購入していた私の知人は、カードが利用停止となってしまいました。

実は、クレジットカード会社は購入した商品の品目をチェックしていて、換金性の高い商品の購入を一定数あるとカードの利用を停止させる場合があります。

このようにクレジットカード現金化は、カード利用停止のリスクと隣り合わせの行為といえます。

利用金額一括支払いを命じられる

また、発覚した際は利用停止、強制退会に伴い、利用金額の一括支払いを命じられることとなります。

現金が必要で現金化を行ったにも関わらず、自分で自分の首を絞めてしまうことになりかねません。

悪徳業者を利用してしまったらどうなる?

クレジットカード現金化の手段のひとつとして、現金化業者を利用する方法があります。

しかし、現金化業者の中には優良業者だけでなく、利用者を陥れようとする悪徳業者も存在しています。

悪徳業者によるトラブルの事例を見ていきましょう。

手数料が引かれて換金率が激減

インターネットで現金化業者を調べてみると高換金率を謳っている業者もいます。

この魅力的な言葉に誘われて、何も考えずに申し込みをしてしまい、実際に振り込まれた金額を換算すると、換金率50%程度だったということもあります。

何かの間違いだろうと業者に確認すると、業者からはこんな答えが。

「〇〇手数料として〇円、〇〇手数料として〇円を差し引いた金額をお振込みしています。ちゃんと利用規約に書いてあるので。」

慌てて利用規約を確認したところ、たくさんの文字が羅列している中に小さな文字で、手数料について記載されていました。

悪徳な現金化業者の特徴として、このように料金体系やサービスのシステムが不明瞭でトラブルに巻き込まれてしまうケースもすくなくありません。

キャンセルさせてくれない、キャンセル料が高額

また、高額なキャンセル料を請求してくる悪徳業者の被害も増えています。

私の知人もキャンセルできずに被害にあったひとりです。

知人は過去現金化の経験があり、ある程度の知識はもっていました。
そのため、事前に発生しうる手数料について確認したそうです。

その業者は換金率最高95%を謳っていましたが、実際は利用金額により換金率に変動があり、95%の換金率で現金化するには数十万円~100万円の利用が必要というこでした。

その話を聞き、知人はすぐにキャンセルを申し出ましたが、途端に担当者の態度が高圧的になり、キャンセルはできないの一点張り。

知人も折れずに食い下がったところ、高額なキャンセル料を請求されたとのことです。

個人情報を悪用される

現金化業者の中には、そもそも利用者の個人情報の収集を目的としている悪徳業者も存在しています。

申し込み時に提出した身分証やクレジットカード情報などの個人情報は本来、厳重に管理されるか、確認が済んだ後に破棄するのが普通です。

しかし、この情報を悪用し、申込以上のカード決済がされたり、別の業者に連絡先が渡って営業の電話がかかってくるといったケースもあります。

返済ができなくなったらどうなる?

クレジットカードの現金化は、融資サービスと違い審査もなく利用できリボ払いなどで払へば月々の負担も軽いため、借入をしているという感覚がなくなってしまいがちです。

気がつくとショッピング枠もリボ枠もいっぱいになっていカードも使えなくなり、返済ができなくなると状況におちいってしまいます。

もし、カードの返済ができなくなったらどうなるのでしょうか。

クレジットカードの利用停止

まず、クレジットカードの利用限度額を超えるとカードが使えなくなります。
実際には限度額を越える手前で利用停止されているかもしれません。

つまりカードは返済専用の状態です。

それでもしっかり返済を続けていれば、いずれカードは使えるようになります。

しかし、返済が遅延すればカード会社から催促が来るようになります。

催促は電話とハガキで来る場合がほとんどです。

返済が遅延すると通常の返済額に遅延損害金(年率14.6%くらい)が上乗せされて請求されることになります。

裁判所からの督促状と差し押さえ

それでも催促を無視して返済を飛ばしていると、裁判所から督促状が届くことになります。

返せない場合は財産(預貯金や給与)の差し押さえという形での返済することになります。

この時点ではすでに、信用情報機関に登録された状態、いわゆるブラックリスト入りしていますので、新たな借入やカードの発行はできなくなっています。

どうしても返せなければ債務整理も

こうなってくると債務整理も選択肢に入ってきます。
債務整理は弁護士や司法書士を通して借金返済の計画を立てます。

当然、この時の弁護士費用は別で用意する必要がありますし、その後クレジットカードが作れなかったり、借入ができないなど一定の制約はうけることになります。

また、自己破産をする場合、クレジットカード現金化をしていて一切返済をしていないとはじめから自己破産するつもりでお金を借りたとみなされて、自己破産の申請を否認されることもあり得ます。

クレジットカード現金化で怖い目にあわない対策

「クレジットカード現金化で起こり得る怖いこと」を紹介してきましたが、ここからは怖い目にあわないために有効な対処法を紹介していきます。

高額商品による現金化に注意

自分で現金化をおこなう場合、クレジットカード会社に現金化がバレてしまうリスクは高くなります。

とくに、ブランド品や金券類、ゲーム機や新幹線チケットなど、いわゆる換金率が高いことで有名な商品の購入に関しては、クレジットカード会社の監視も厳しくなります。

同じ日に同じものをまとめて購入したり、1ヶ月間の間に何度も高換金率の商品を購入したりしていると、必然的にカード停止のリスクが高まります。

できる限り避けたいところですが、どうしても効率よく現金化をおこなうために高換金率の商品を購入したいという場合は、

  • 利用金額は控えめに(ショッピング枠の1/3程度の目安)
  • 新幹線チケットなど高い換金率の金券の購入は控える
  • できれば専門の現金化業者を利用する

などの対応をしましょう。

必要になる手数料を詳細まで確認する

はじめて、現金化専門業者を利用する場合は、発生しうる手数料やその他費用を確認しておきましょう

そうすることで、

・ 振り込まれてみたら換金率50%だった
・ キャンセルしたくてもさせてもらえない

などのトラブルを未然に防ぐことができます。

現金化業者に申込をすると折り返し電話連絡があり、その時に条件の確認ができます。
「受け取れる金額」や「手数料の有無」をしっかり確認してからカードの決済をするようにしましょう。

会社情報、所在地を確認する

現金化業者は一般的に実店舗を構えず、インターネット上でビジネスをしているケースが多いです。

そのため、ホームページはいわば店舗の看板でもあり信頼に直結する部分といえます。

そのホームページにきちんと情報が記載されていない業者は怪しいと思った方が良いです。

・会社名
・所在地
・固定電話番号
・代表者名

所在地に関しては、実在しない住所を記載している悪徳業者も存在するので、住所検索する、近隣であれば実際にその場所に会社があるか確認することで、より安心材料を集めることができるはずです。

口コミを信じすぎない

現金化業者を選ぶうえで、インターネット上にある口コミを参考にするケースもあるかと思いますが、そのすべてを信じることは危険です。

良い評価しか記載されていないにも関わらず、実際に利用すると悪徳業者だったというケースも報告されています。

サクラを使って口コミを操作している可能性もあります。

参考にすることは良いことですが、それだけで判断せずに、先ほどお伝えした会社情報がきちんと掲載されているか、問い合わせをした際の担当者との会話など、自分自身の体験も大切に判断しましょう。

まとめ

クレジットカード現金化の怖い面、その対処法について紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

クレジットカード現金化は金融サービスとは違い、在籍確認や審査などの手続きが不要で、闇金のような返済時の取り立てなどの心配もありません

さまざまな事情によりどうしても現金が必要、でも頼れる人もいないという方にとっては役立つサービスでもあります。

ただし、その反面、正しい知識をもたずに利用するとトラブルに巻き込まれるリスクもあります。

リスクを知り正しい知識を身につけることで怖い思いをせずに済みます。

もし、利用に不安がある場合は、専門知識をもった優良な現金化業者の活用を検討しましょう。

クレジットカード現金化
1
あんしんクレジット
4.6
\振込手数料0円/

業界No1の信頼と実績、創業20年の定番現金化業者。土日祝日、夜間のお振込みもOK。最短3分振込み。

契約頂いた方全員が対象換金率5%UPクーポン券プレゼント

クレジットカード現金化
2
あっとマネー
4.3
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカも対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
3
現金化堂
4.1
\換金率保証あり/

審査・保証人不要。年中無休で即日入金対応可能。換金率保証や5万円キャンペーンなど各種サービスが充実。

ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2020.07.16 / 更新: / クレジットカード現金化
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。