クレジットカード現金化とは

通常、クレジットカードには元からキャッシング枠が付いています。
キャッシング枠を使い切るとそれ以上お金を借りることはできませんが、キャッシング枠が一杯でもショッピング枠が残っていればカードで買い物はできます。そこで商品を購入するかたちで、それを現金化する方法です。

金券等を買って売るなどして、換金する場合もあれば、キャッシュバック付き商品を購入するかたちを取るものもあります。
結果的に現金を手にすることができます。
いわゆるクレジットカードのショッピング枠で、金券や商品を購入し、それを現金化することになります。
これが「ショッピング枠の現金化」です。

商品を購入する場合は、手持ちのクレジットカードのショッピング枠を利用し、その会社の指定商品を買うことになります。
すると、買った人に対する景品以外の特典として、その会社規定の還元率による現金を振り込んでくれるというのが、そのサービスの内容になっているものです。

例)299,900円で商品を購入し、その特典として269,710円を指定口座へ振込むというようなものです。この場合、現金還元率は90%になっています。

クレジットカード現金化で1万円現金化する

クレジットカード現金化にはこんなメリットがある

クレジットカード現金化は、ショッピング枠が使えるクレジットカード持っている人なら誰でも利用ができる便利なサービスです。
まだクレジットカード現金化を利用したことが無い人のために、一体どんなメリットがあるか見ていきましょう。

キャッシング機能より便利

クレジットカードにはショッピング機能以外にも、キャッシング機能が付いています。
それなら現金が欲しいならキャッシングを使えばいいじゃないと考えてしまいがちですよね。
でも、カードによってはキャッシング機能は一括払いしか選べないことがあるんです。

クレジットカードについているキャッシングはおまけのようなもので枠も小さいし、金利も高く、おまけに支払い方法の選択肢が少ないときています。
でも、クレジットカード現金化ならショッピング枠を利用するので、リボ払いでも分割払いでも自由に選べます。

短期の工面なら現金化の方が有利

「後1ヶ月、2ヶ月したらボーナスが入るのに、どうしてよりによって今月冠婚葬祭が3回も立て続けに入るの?」
香典やご祝儀、その他の交際費はさすがにカード払いできないので、現金が必要になります。
冠婚葬祭が3回も続けば、大変な出費になります。

でも、後もう少しで入るボーナスがあるのに、わざわざ新しいキャッシングやカードローンの申し込みなんてしたくないですよね。
定期を解約するわけにはいかないし、クレジットカードのキャッシング機能を使うと住宅ローンの審査に不利になります。
そんなときにでもクレジットカード現金化を利用すれば、現金を調達できますよ。
ボーナス月に合わせて一括払いを選択すれば、金利もかからないですよね。

すぐに現金が用意できる

クレジットカード現金化は時間がかかるのではと思っている人もいますが、そんなことはありません。
今はインターネットからの申込みで、その日のうちに振り込んでもらうことも可能なんですよ。
来店する必要もないので、日本全国どこからでも申し込めます。

 クレジットカード現金化のメリットまとめ

  • キャッシングは一括払いしか選べないことがあり、枠も少なく金利も高い
  • ショッピング枠の現金化ならリボ払いや分割払いなどを選べる
  • 短期の借り入れに有利
  • 住宅ローンなどの審査に影響を与えない
  • 即日に現金化できる
  • 来店不要でインターネットで利用できる

良くある質問

買ったものはどうするの?買い取るの?

指定された商品を買うと、当然のことながら、購入者は受け取った商品をそのまま、自由に使うことができます

商品はキャッシュバック後に届く場合もありますし、商品到着後にキャシュバックされる場合もありますが、商品はきちんと発送され、必ず購入者に届くようになっています。

先に現金が送金される場合は、商品の受け取りが終わることで、送金のほうが後になる場合は、キャッシュバックが終了することによって、「クレジットカードショッピング枠現金化」の取引は終了することになります。

商品はあくまでも購入者が買ったことになり、自由に活用できます。
別に、金券類等を購入し、それをすぐその場でその会社が高換金率にて買い取るサービスもあります。
要するに、前者はキャッシュバック付き商品を販売するサービス業であり、後者は、金券の販売ならびに買取のサービス業ということになります。

買い物もできて、お金ももらえるの?

金券の換金サービスの場合は別にして、商品を購入しながら現金ももらえるとなると、なんだか得した気分になりませんか?

しかし、ここが要注意なところです。

なぜならば、購入できるのは、それぞれのサービス会社が指定する商品だけだからです。

勘違いが多いのですが、買い物といっても、自分が欲しい物が買えるわけではないということです。

特典としてのキャッシュバックとして振り込まれる現金も、30万買って、30万が振り込まれるのではありません。
どれだけ振り込まれるかは、その会社の現金還元率によります。

たとえばショッピング枠のうち299,900円を使って、還元率が90%ならば、あなたの口座に振り込まれるのは269,710円ということになります。

通常キャッシングの法定金利の上限が20%であることを考えるとお得ですね。

買い物するものって?

金券を購入して、その場でその会社の換金率に従って買い取ってもらう場合は、商品の戻りはありません。
しかし、その会社の指定する商品を購入するシステムになっているところは、現金と一緒に商品をそのまま受け取れることになります。

さてその気になる商品がどんなものかというと、決して金額的に期待するような品物ではないと思ったほうがいいでしょう。

中には、書籍を購入商品にしているところもあります。
お金に対する想念転換・人と人のコミュニケーション力を向上、仕事関係・家族関係の改善について述べている書籍を価値あるものと思うかどうかは主観の問題ですが、いずれにせよ、申し込み金額と、キャッシュバック金額の差額分に、きっかりと相当するものであるとは言えません。
※299,900円で、還元率が89%で266,911円を現金として受け取ったらば、この差額32,989円で、実質的にはその商品を買ったということになるワケですが、商品に対する期待感は捨てて、あくまでも本来ならば借りられない現金を、ショッピング枠で借りたものと、割り切って考えていくようにしていくほうが賢明です。

購入した商品が役に立つか役に立たないかは別として、まさにほしいと思っているものが手に入るようなものではありません。

‘買い物もできて、お金ももらえる’と謳い文句で‘商品’の文句に釣られずに、「換金率」と自分の事情に照らし合わせた「即金性」との比較の中で、賢明に選んでいくようにしましょう。

法律には触れないの?

こうした会社は貸金業者ではなく、消費者金融(サラ金)および法外な手数料を取る紹介屋とも関係はありません。

購入者に対して何らかの特典を与えて誘引することは、『不当景品類及び不当表示防止法』で規制されています。
全員に特典を与えることは、「もれなく懸賞型」に該当し、「景品の最高額は取引価額の10%以下」とされています。
しかし、キャッシュバックはこの場合の「景品」に該当せず「例外」とされているので、この「10%の規制」には引っかかりません。

ちなみにこうした「景品」の例外とされているものには、「キャッシュバック」の他にも、「ポイントバック」や「割引券での還元」、「見本品」、「開店記念品」などがあります。

商品ご購入の特典として「キャッシュバック」を行うサービスは、「大手家電量販店のポイント還元と同類」とされ、違法にはならないものになっているのです。

現金化は金利がかからない!は正しい?

クレジットカード現金化は借金じゃないから、審査も必要なく金利もかからないといいます。
これは本当なのでしょうか?

確かにクレジットカード現金化の業者を利用する際には借入申込をするわけではなく、審査されることはありません。
カードの不正使用を防ぐために、本人確認をするのみです。
でも現金化業者もビジネスでしているので、手数料が発生します。

その手数料はショッピングした金額のおよそ5%から15%です。
現金化業者によっても異なります。
もし手数料が5%だとしたら、10万円のショッピングをすれば95,000円の現金化ができるということになります。
金利がかからないけど、現金化業者へ支払う手数料はかかるということになります。

また、忘れてはいけないのが、ショッピングをしたときの金利です。
クレジットカードは2回払いまでだと金利がかかりません。
だから一括払いに指定すれば、金利はかからず現金化業者に支払う手数料のみになります。

しかしまとまったお金を現金化サービスで利用してしまうと、一括で支払うのは厳しくなります。
ちょうど支払い月がボーナスの月ならいいですが、いつもの月収で10万も20万も一括で支払えないのではないでしょうか。

そのため、現金化のためにクレジットカードを利用しても、分割やリボ払いを指定することとなります。
分割は回数が増えると金利が高くなるし、リボ払いはずっと一律で高金利です。

「現金化は金利がかからない」というのは、嘘を言っているわけではないと思うのですが、言葉足らずです。
クレジットカードは指定した支払い方法に応じた金利が発生しますし、現金化業者へは手続きをするための手数料が必ず発生するということを理解しましょう。

メリットばかりではない現金化

クレジットカード現金化は、早く現金を調達したいという人にとっては様々なメリットがあります。
しかしメリットばかりではなく、デメリットがあることも理解しなくてはいけません。
急いでいるときほどそのデメリットを見ないようにしがちですが、そうすると後で苦しむ羽目になります。

まず、金利手数料は使った分だけ必ずかかるので、必要以上の高額を利用するのには向いてません。
短期間の利用にはいいかもしれませんが、高額になると支払い期間も長期間になり、クレジットカードの金利がかさんでしまいます。

それにクレジットカード会社の規約違反のリスクもあります。
どうしても他で借りられない、今はクレジットカード現金化しか方法がないというケースじゃないのに、そのリスクを冒してまでもサービスを使うべきなのか考える必要があります。

どんなに慌てていても、クレジットカード現金化を利用するときにはメリットもデメリットも十分に理解しましょう。
それからサービスを使うべきかどうか判断すれば、後悔することも少ないはずです。

クレジットカードで資金調達する方法?

クレジットカードを現金化して資金調達することも可能です。

キャッシング枠を使わずに現金を作ることもできるので、ショッピング枠のみのクレジットカードでも利用可能です。

ウェブで申し込みをすれば、あとはスマホで完結させられるので、店頭で物を買ったり売ったりする手間はありませんし、代金もすぐに振り込んでもらえます。

ただし、身分証の提示などスマホからやる手続きもあるので、ある程度スマホの操作はできる必要があります。

定番どころですが、条件が良くて運営もしっかりしたサイトをいくつか紹介しておきますのでご参照ください。

クレジットカード現金化
1
現金化堂
4.6
\換金率保証あり/

審査・保証人不要。年中無休で即日入金対応可能。換金率保証や5万円キャンペーンなど各種サービスが充実。

ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント

クレジットカード現金化
2
あっとマネー
4.3
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカも対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
3
買取39
4.1
\買取で現金化/

見積もり無料で買取方式の現金化。WEB申し込みで入金まで最短5分。高額買取が可能で送料・キャンセル料などの各種手数料は無料

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2015.06.15 / 更新: / クレジットカード現金化
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。