クレジットカード現金化なら審査不要で借入ができる?

借入をしたいのですが事情により審査に通りません。
審査不要でもすぐにお金を工面する方法はありませんか?

普通、金融機関から借入をする場合所定の審査が必要になります。

「安定した収入があること」が条件になるため無職や専業主婦だと借入はできません。

また、他社からの「借入状況」「履歴」によっては、収入があっても新たな借入が断られる場合もあります。

そうした個別の事情にも対応した審査不要でお金を工面する方法があります。

今回は、審査不要で利用できるクレジットカード現金化を利用して、お金の工面をする方法を解説します。

消費者金融の借入は審査が必要

アイフルやプロミスとなどの消費者金融で借入をする場合、所定の審査が必要になります。

審査基準はまちまちですが、必ず審査されるのが「借入状況」と「収入」です。

「借入状況」は、信用情報機関の情報がチェックされ、他社も含めてどれだけ借金があるのかを調べられます。

「収入」については自己申告が基本ですが、場合によっては職場の在籍確認や収入証明の提出が求められます。

このような審査は返済能力を計るために行われますが、法律によって決められた基準でもあります。

総量規制といって、消費者金融などの貸金業者は、年収の1/3以上の金額を貸し付けてはいけないことになっています。

この基準を超えて貸し付けをすれば、業者側も処罰されてしまいます。
なので厳重に「借入状況」と「収入」の審査をしているのです。

銀行のカードローンなら総量規制の対象外?

しかし、総量規制の対象は、あくまで消費者金融など貸金業者に限られています。

銀行や信用金庫であれば総量規制の対象外なので、銀行のカードローンは総量規制に関係なく借入をすることができます。

しかし、これはあくまで総量規制の制限を受けないというだけで、銀行のカードローンでも借入に審査があることに変わりありません。

銀行のカードローンは消費者金融に比べて金利も低く借りられる金額も多いのですが、その分審査は厳しく厳格なものになります。

クレジットカード発行の審査基準は?

ではクレジットカードはどうでしょうか?

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠があります。

キャッシング枠は、現金を引き出せます。
ショッピング枠は、買い物に使えます。

こうした性質から、

キャッシング枠は、総量規制の対象
ショッピング枠は、総量規制の対象外

となっています。

キャッシング枠は借金と同じなので、利用できる金額も収入に応じて制限されています。

一方、ショッピング枠は物品のローン購入と同じなので借金ではないと解釈されています。

なので、クレジットカードの利用限度額も、キャッシング枠は少なく、ショッピング枠は多く設定されています。

また、クレジットカードを発行する際の審査でも、「キャッシング枠を多めに希望」すると審査が厳しくなり、逆に「キャッシング枠なし」として申し込めば、審査が通りやすくなります。

クレジットカード現金化なら審査不要で現金調達ができる

クレジットカードの現金化は、通常、買い物にしか使えないショッピング枠を現金化させてお金を調達する方法です。

なにか商品を購入して買い取ってもらったり、業者の現金化サービスを利用したりしてショッピング枠を現金化させます。

クレジットカード現金化の良い点

この方法の良いところは、借入とは違い審査不要で利用できる点と、信用情報にも借金として登録されない点です。

また、ショッピング枠なので利用限度額もキャッシングよりも多く使うことができます。

  • 審査が必要ない
  • いわゆる金融審査はありません。クレジットカードさえあえれば専業主婦や無職でも利用可能です。また他社での借入状況や返済実績も関係ありません。

  • 信用情報機関へ登録されない
  • クレジットカード現金化しても、借入の審査のように信用情報機関の参照や登録はされません。通常のクレジットカード利用以外の履歴は残りません。

  • 少額〜高額まで利用できる
  • ショッピング枠の範囲内で好きな金額を現金化可能です。例えばショッピング枠が30万円分残っていれば最大30万円まで現金化させることができます。

カード利用停止リスクを回避するには?

メリットがある一方、デメリットもあります。

それがクレジットカード規約違反によるカード停止のリスクです。

ショッピング枠の現金化はクレジットカードの利用規約で禁止されていて、カード会社もそうした利用がないか不正検知システムを使って監視をしています。

クレジットカード現金化には金券を買って自分で換金する方法もありますが、この方法はカード会社の不正検知システムに捕捉されて、カードが使えなくなるリスクが高いです。

そうならないためには、オンラインの現金化サービスを利用することをおすすめします。

オンラインの現金化サービスは、金券を使わずに現金化できる仕組みがあるので、カード会社に現金化したことがバレません。

それに、即日振り込みにも対応しているので、手続きが済めばその日のうちに現金を手にすることが可能です。

クレジットカード現金化はどうやる

やり方は以下の通りです。

  1. 申し込み
  2. 現金化業者のウェブサイトから必要事項を記入して申込みします。

  3. サービス説明と利用者登録
  4. 手続きは電話・メールで済ませられます。

  5. クレジットカードで商品購入
  6. 指定の方法で商品を購入します。

  7. 振込で入金、引き出し
  8. 購入代金に応じたキャッシュバックが振り込まれます。ATMから引き出して現金化完了です。

全てオンライン対応なのでお店へ行って買ったり・売ったりする必要はありません

即日振込にも対応していて土日祝日もやっている業者もあります。

返済はいつも通りクレジットカード会社の引き落とし日までに口座に入れておけばOKです。

おすすめのクレジットカード現金化サービス

クレジットカード現金化サービスは多数ありますが、換金率などの条件、振り込みまでのスピードなど違いがあります。

いろんな業者を見て回れば、どういう条件で出しているかわかるかと思います。

ただ、一つ一つ調べてられないという方は、定番のおすすめの業者を紹介しておきますのでこちらを参考にしてみてください。

クレジットカード現金化
1
あんしんクレジット
4.6
\振込手数料0円/

業界No1の信頼と実績、創業20年の定番現金化業者。土日祝日、夜間のお振込みもOK。最短3分振込み。

契約頂いた方全員が対象換金率5%UPクーポン券プレゼント

クレジットカード現金化
2
あっとマネー
4.3
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカも対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
3
現金化堂
4.1
\換金率保証あり/

審査・保証人不要。年中無休で即日入金対応可能。換金率保証や5万円キャンペーンなど各種サービスが充実。

ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿: / クレジットカード現金化
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。