クレジットカード現金化の申し込みに必要なものは?

クレジットカードの現金化を申し込む時、手続きには何が必要になりますか?
事前に用意しておかなくてはいけないものなどはあるでしょうか?

クレジットカード現金化の流れ

クレジットカード現金化をする前に、現金化について、良く調べてから利用するようにしましょう。
事前に知っておいてほしいことがたくさんあります。

クレジットカード現金化は気を付けないと危険なことも多いからです。
というのは、現金化業者で現金化する場合、中には悪質な業者もいるからです。そのような業者に申込みしてしまえば、騙されたり個人情報を流されたりなど詐欺被害に遭ってしまいます。

そのような業者は一部ですが、どの業者を選ぶか入念に下調べをしましょう。

クレジットカード現金化を業者に依頼する場合の流れを説明します。

現金化業者に申込み

まず、現金化業者に申込みをします。
店舗運営の業者であれば、店舗に直接行って申込みをします。事前に電話してから行くとスムーズです。
ネット業者の場合、各業者のサイトの申込みフォームから必要事項を入力し、申込みします。

本人確認

店舗の場合、スタッフから身分証の提示を求められます。ネットの場合、自分が指定した時間に業者から電話がきて、申し込み内容の確認や本人確認の方法などを伝えられます。また、その後の手順もここで説明を受けます。

ネットの場合も身分証の提示が必ず必要になります。古物営業法により身分証の提示が義務付けられているからです。

また、盗難されたクレジットカードではないかという確認のためでもあります。クレジットカードの名義と身分証が違うと現金化はできません。
基本的には免許証やパスポートなど顔写真のあるものを要求されるようですが、保険証や公的証明書でも良いようです。

提出方法ですが、写メールでの場合が多いです。
提出する本人確認書類を携帯で写真を撮り、メールに添付して送ります。
この時、画像が暗かったりボケていると、再送信するよう要求されますから、明るい場所でピントが合うように撮りましょう。

クレジットカード決済

確認が取れれば、次にクレジットカード決済です。
店舗の場合、利用金額分の商品を店頭で購入し、それを再度お店側に買い取ってもらい現金を受け取ります。

ネットの場合、業者から指定されたサイトでネットショッピングをします。業者から購入商品も指定されるでしょう。
クレジットカードで決済をし、業者に連絡します。

現金の受取り

店舗の場合、取引きが完了すれば直接現金が手渡しされます。
ネットの場合は、業者のほうで決済の確認が取れ次第、自分の銀行口座に振込みしてもらえます。

クレジットカード現金化に必要なもの

クレジットカード現金化は先ほどの流れで取引きされますが、必要な書類は下記のようなものです。

必要なものは主に3点

クレジットカード現金化へスムーズに申込むには、事前に必要な物を準備しておく必要があります。
どんなものが必要なのか、チェックしておきましょう。

クレジットカード

まずは、クレジットカードがなければ、当然クレジットカード現金化はできません。
自分名義のクレジットカードで有効期限が切れていないことが前提です。必ず利用可能なクレジットカードでなければなりません。

また、対応可能なブランドであることも大切です。クレジットカードには必ずブランドが付いています。ブランドとは、visa、Mastercard、JCB、アメックス、ダイナースといったものです。どのクレジットカードにも必ず付いています。

日本で主に使うことができるものは先ほどの5ブランドです。
この5ブランドが全ての業者で使えるわけではなく、使えない業者もあるわけです。業者ごとに使えるクレジットカードが決まっています。
visaとMastercardであればたいてい使えるでしょう。

そういったことから、申込む前に自分のカードは対応可能なのか、確認しておくと良いでしょう。
優良業者であれば、学生カードや法人カードでも利用することはできます。
また、クレジットカード現金化の限度額はショッピング枠内です。今、どのくらいショッピング枠があってどのくらい利用残高があるかも、あらかじめ調べておきましょう。

身分証

盗難されたカードの利用防止のためにも、身分証明書の提示が必ずあります。身分証でよく使われるのは免許証ですが、持っていない人もいるでしょう。免許証を持っていない人は、保険証でもパスポートでも大丈夫です。

振込先の口座

あと必要なものは、現金を振込みしてもらう自分の金融機関の口座です。
どこの金融機関にも対応している業者が多いので、今持っている自分の口座で良いですが、振込手数料を利用者負担にしている業者もあり、その場合、ネット銀行のほうが手数料が安く設定されているのでお得でしょう。
また、ネット銀行やゆうちょ銀行なら夜間、土日でも振込みできるので、とても便利です。

クレジットカードの情報は要らない

業者の中には、クレジットカードのコピーを要求してくるところもあるようです。
しかし、クレジットカード現金化には、カード情報は必要ありません。カード番号も裏面のセキュリティーコードも必要ないんです。

でも初めて利用する方は、業者から要求されれば提出してしまうでしょう。

相手が悪徳業者なら、クレジットカードを不正に利用されてしまうことも考えられます。
クレジットカード情報を要求されたら注意が必要です。

申し込み方法や利用の流れをもっと詳しく知りたい方は「利用の流れと手続き方法」を読んでみてください。

クレジットカードで資金調達する方法?

クレジットカードを現金化して資金調達することも可能です。

キャッシング枠を使わずに現金を作ることもできるので、ショッピング枠のみのクレジットカードでも利用可能です。

ウェブで申し込みをすれば、あとはスマホで完結させられるので、店頭で物を買ったり売ったりする手間はありませんし、代金もすぐに振り込んでもらえます。

ただし、身分証の提示などスマホからやる手続きもあるので、ある程度スマホの操作はできる必要があります。

定番どころですが、条件が良くて運営もしっかりしたサイトをいくつか紹介しておきますのでご参照ください。

クレジットカード現金化
1
あんしんクレジット
4.6
\振込手数料0円/

業界No1の信頼と実績、創業20年の定番現金化業者。土日祝日、夜間のお振込みもOK。最短3分振込み。

契約頂いた方全員が対象換金率5%UPクーポン券プレゼント

クレジットカード現金化
2
あっとマネー
4.3
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカも対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
3
現金化堂
4.1
\換金率保証あり/

審査・保証人不要。年中無休で即日入金対応可能。換金率保証や5万円キャンペーンなど各種サービスが充実。

ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2015.01.09 / 更新: / クレジットカード現金化
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。