複数のクレジットカード現金化のメリット・デメリット

複数のクレジットカードを持っている人は、ショッピング枠の余裕のあるカードに限りすべて現金化ができます。
複数のカードを現金化することのメリットやデメリットはどんなものでしょうか。

より大きい額を現金化できる

1つのクレジットカードでは、目的の金額に達しないことがあります。
しかし2枚、3枚とクレジットカードを寄せ集めれば、現金化できる金額も増えますね。
ただし、還元率は1枚1枚の利用金額に沿って計算される可能性があります。
トータルでは大きな金額でも1枚についての利用金額が少なければ、還元率も低くなるということです。
還元率はどのように計算されるのか、申込前に確認するといいでしょう。

支払い日をずらすことができる

クレジットカードによっては毎月の支払い日が異なることもあります。
支払い日が集中すると返済も厳しくなりますが、分散できれば楽になりますよね。
そんな人にとって、異なる支払い日のクレジットカードを現金化するのは便利なことです。
ただし異なるカード会社でも同じ支払い日のカードもあるので、その場合はメリットを感じられません。

利用金額が分散できて現金化が疑われにくい

クレジットカード現金化も利用金額が大きいと、よりカード会社に疑われやすくなります。
特に普段高額な買い物をしない人は要注意です。
しかし複数のカード会社を利用すれば金額が分散でき、1ヶ所での利用金額が少なくなります。
そのことによってより自然なクレジットカードの使用方法ができ、現金化が疑われにくくなります。

手数料が増えてしまう(還元率が下がる)

クレジットカード現金化の還元率は、利用金額が大きければ大きいほど高くなります。
しかし複数のクレジットカードを使うことによって利用金額が少なくなり、還元率が下がってしまうのです。
リスクは分散できるようですが、手数料がかさんでしまうというデメリットがあります。

全部カードが使えなくなると不便

すべてのクレジットカードのショッピング枠を使い果たしてしまうと、今後ショッピングをしようと思った時に不便です。
それに万が一支払いができなくなって利用が止められてしまったら、一気にカードが使えなくなってしまいます。

そんなことが無いように、クレジットカードによって使い道を分けておくのもコツのひとつです。
困った時の現金化用、光熱費の支払い用と分けておくと便利でしょう。

支払いの管理が大変

支払い日が重ならないということは、それだけ管理が大変だということになります。
5日にクレジットカードの支払いを終えたから安心!と思っていたら…
次の10日の支払いを忘れてしまったなんてケースもあります。

支払い日が増えれば増えるほど忘れてしまうリスクが高くなります。
うっかり支払いを忘れてしまうと返済遅延になり、カードの利用停止に繋がります。
そんなことにならないように、クレジットカードの支払い日は忘れずに管理しましょう。
 

複数のクレジットカード現金化に対応のショップ

クレジットカード現金化
1
現金化堂
4.6
\換金率保証あり/

審査・保証人不要。年中無休で即日入金対応可能。換金率保証や5万円キャンペーンなど各種サービスが充実。

ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント

クレジットカード現金化
2
あっとマネー
4.3
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカも対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
3
買取39
4.1
\買取で現金化/

見積もり無料で買取方式の現金化。WEB申し込みで入金まで最短5分。高額買取が可能で送料・キャンセル料などの各種手数料は無料

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2015.06.25 / 更新: / クレジットカード現金化
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。