海外発行のクレジットカードを現金化する方法

同じVISAのカードでも、日本で発行したものもあれば海外で発行したものもあります。
海外発行のクレジットカードでも現金化ができるのか、見てみましょう。

海外発行のクレジットカードとは

海外発行のクレジットカードとは、発行会社、つまり審査する会社が海外であるものです。
海外審査は日本国内と基準が異なるため、これまで信用情報のせいで審査に通らなかった人でも持てる可能性が出てくると言われています。

ただし、クレジットカードだと思っていたらデビットカードの場合も多いです。
デビットカードは先に預金口座にお金を入金するプリペイド式なので、返済ができなくて困るということはありません。

海外発行カードでも現金化が可能

海外で発行されたクレジットカードでも、日本国内で問題無く使えるなら現金化も可能です。
国際ブランドがVISAであれば、VISAを使って決済ができます。
現金化業者はほぼVISAに対応しているので、特に問題はないでしょう。

海外発行のクレジットカードの問題点

海外発行でもちゃんとしたクレジットカードであれば問題ないのですが、日本国内で使用するときには不具合が生じることもあるようです。
まず、海外発行カードだと決済できないネットショップや店舗があります。
VISAやMASTERでも起きる現象です。

理由として考えられるのは、クレジットカードを発行した会社と決済する会社との連携が取れていないことです。
情報確認ができないため、使用ができないのです。

決済できる海外のネットショップで買い物をし、その商品を転売してお金を手に入れることはできます。
でも商品が到着するまでの期間が長いですし、高く買い取ってもらえるか分りません。
あまり実用的な方法とはいえないでしょう。

また、利用可能額が少なかったりいきなり利用停止になったりすることもあります。
VISAやMASTERだからというわけではなく、発行会社の実績が重要になってきます。
どのクレジットカードが使えないのかは通してみないと分からないこともあるので、絶対に現金化したい時には向いていないでしょう。

日本国内のカードが安心

確実にクレジットカード現金化するのであれば、やはり日本国内で発行されたカードを使用するのが安心です。
現金化に申込んでいざ決済しようとしたときに通らなかったら、気が気ではありません。

海外発行クレジットカードは海外用に置いておくのがいいですね。
もし海外発行クレジットカードしか持っていない人は、余裕がある時を見計らって日本国内でクレジットカードを発行しておくといいでしょう。
 

海外発行のカードで実際に現金化するには

海外発行のクレジットカードで現金化する方法といっても、すごく単純です。
ショッピング機能で買い物をし、その商品を転売すればいいからです。

ただしいつもサインレスで済むようなショップでも、海外発行だとサインを求められることがあります。
裏に署名のないクレジットカードは使えないので、しっかりと署名しておきましょう。
家族のカードを使うのも厳禁です。

現金化では少しでも換金性の高い商品を見抜くのが大切です。
クレジットカードで買えるものといったらブランド品やゲーム機、ゲームソフトなどが一般的でしょう。
同じものを何台も買ってしまわないように注意して下さい。

これから海外のクレジットカードは持てる?

海外のクレジット発行会社の審査基準は、日本とは異なります。
このことを聞いて海外発行のクレジットカードに興味を持つ人もいるのではないでしょうか?

確かに日本国内の信用情報は関係ありません。
それならブラックの自分でもクレジットカードを持てるかもしれないと、希望を持つかもしれません。

日本在住でアメリカのクレジットカードを持てるか

アメリカの場合、クレジットカードを発行するには納税者番号か社会保障番号が必要になります。
これらの番号はアメリカに滞在して仕事をし、収入を得て税金を納めている人じゃないと取得できません。

それに銀行口座も必要ですし、住所も必要です。
つまり、日本に居ながらにして軽い気持ちでアメリカのクレジットカードを発行することはできないということになります。
ただし、デビットカードは持てます。

これはアメリカに限らず他の国でも同じことが言えます。
海外に滞在して就労中ならともかく、日本在住で海外のクレジットカードを新たに発行することは難しいのです。

日本にいる外国人は国内カードを発行できる?

日本に在住している外国人でも、日本国内のクレジットカードを持つことができます。

ただし、日本人が海外でクレジットカードを作る時と同じように、日本に長期滞在していることが認められていないと申し込めません。
ですから旅行で日本に訪れて、そこでクレジットカードを作るというわけにはいかないのです。

外国人が日本でクレジットカードを作る場合には以下のいずれかの証明書が必要になります。
・在留カード
・特別永住者証明書

特別永住者証明書はともかく、在留カードとは帰国までの期間が決まっています。
クレジットカードの審査では、この滞在期間が重要になってくるようです。

海外発行カードを保管しておく意味はあるの?

日本国内で使えないところもある海外発行カードですが、使い勝手のいい国内発行カードを持っているならその存在価値は無いように思えます。
果たして海外発行カードを保管している意味はあるのでしょうか。

もし全然利用しない期間が長く年会費のみ支払っている状態なら、保管していても勿体ないです。
ただし一度解約してしまうと、新たに発行しようと思った時に難しくなります。
今後使う可能性があるので年会費を支払ってでも保管しておきたいという人は、置いておくといいでしょう。

また、現在は使いづらいと言われている海外発行カードですが、2020年の東京オリンピックに向けて状況が改善されていくと言われています。
まだまだ先のことなので何とも言えませんが、少しでも使う機会があるなら保管することも検討してみましょう。

幅広いカードブランドに対応の現金化業者はこちら

クレジットカード現金化
1
現金化堂
4.6
\換金率保証あり/

審査・保証人不要。年中無休で即日入金対応可能。換金率保証や5万円キャンペーンなど各種サービスが充実。

ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント

クレジットカード現金化
2
あっとマネー
4.3
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカも対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
3
買取39
4.1
\買取で現金化/

見積もり無料で買取方式の現金化。WEB申し込みで入金まで最短5分。高額買取が可能で送料・キャンセル料などの各種手数料は無料

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2015.07.01 / 更新: / クレジットカード現金化
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。