ゲーム機本体を複数台購入するとクレジットカードは利用停止になるのか

クレジットカードの現金化にはさまざまな方法がありますが、ゲーム機を利用した現金化に興味を持っている人もいるかと思います。

そこで気になるのは
「ゲーム機本体を複数台購入すると、クレジットカードが利用停止になってしまうのか」
ということではないでしょうか。

手軽に手を出しやすいゲーム機を利用した現金化ですが、きちんとリスクも知っておかなければ、後々後悔することになるかもしれません。

この記事では、「ゲーム機本体を複数台購入した場合、クレジットカーがド利用停止になるのか」という点について解説していきます。

クレジットカードでゲーム機本体複数台購入はリスク大

結論からお伝えします。
ゲーム機を本体を複数台購入し現金化することは、クレジットカード利用停止のリスクが高いといえます。

現金化について自分で調べたことがあるという人はご存知かもしれませんが、ゲーム機本体はカード会社に現金化を疑われる代表的な商品です。
ほかにも、ブランド品や家電製品、新幹線のチケット、金券・商品券なども同様です。

その理由がなぜだか分かりますか?
答えは、換金率が高い商品だからです。

換金率が高い商品の購入については、クレジットカード会社も目を光らせています。
ただでさえ厳しい目がある中、その商品を複数まとめて購入したら…

結果は容易に想像できるかと思います。

そしてゲーム機本体の場合、ブランド品と比べて単価も低いため、まとまった現金が必要な場合は、それなりの台数を現金化しなければなりません。

ゲーム機本体を短期間で何台も購入するということは、通常は考えにくい行為といえます。そのため、クレジットカード会社に不審な利用と判断されるリスクは非常に高いのです。

インターネット上で調べてみても、実際に換金率の高い商品を複数購入したり、普段買わない新幹線の回数券を購入したところ、クレジットカードが利用停止されたという実例も報告されています。

クレジットカード利用停止の仕組み

そもそも、クレジットカードの利用停止がどのような仕組みで行われるかご存知でしょうか?
決してクレジットカード会社の社員が、1件ずつ取引情報を目視で確認しているのではありません。コンピュータのプログラムによって自動的にチェックされているのです。

自動検知システムによるチェック

クレジットカード会社の自動検知システムでは、利用者の購買履歴を蓄積しています。

利用者の居住地、購入場所、購入時間帯、購入商品、購入パターンなどの情報から通常の利用パターンとは違うパターンでの利用、つまり不正利用の疑いがある取引をコンピュータが検知し、該当する取引が検知された場合は自動的にクレジットカードを利用停止にするという仕組みです。

「なぜ購入した商品までわかるの?」と思うかもしれませんが、
クレジットカードで購入された商品やサービスには、分類ごとに3ケタのコードが振られています。大まかに購入した商品やサービスを識別することができるのです。

もちろん不正利用というのは、第三者によるものだけでなく自分自身による現金化目的の利用も含まれます。
そのため、いわゆる「換金率の高い商品」の取引履歴についても、クレジットカード会社はシビアにチェックしています。

人による確認

ただし自動検知システムは、あくまでもコンピュータにあらかじめ設定している基準に合致している取引を検知しているだけです。
その取引が本当に不正なものなのかということまでは、コンピュータでは判断できません。

そのため、ここで人による確認が入ります。
クレジットカード会社の人間が、利用者に直接電話をかけてくることが多いです。

その際に、「自分で購入した商品なのか」「購入商品の詳細」「購入目的」などを確認されることになります。

この電話で、該当の取引は本人による利用であり、現金化目的ではないということを理解してもらえれば、利用停止は解除され再びクレジットカードを利用することができます。

利用停止されやすい人とされにくい人がいる

自動検知システムでは、クレジットカード会社独自で利用停止の基準を定めていますが、たとえば全く同じ店舗で、同じ商品を同じ数だけ購入したとしても利用停止になりやすい人となりにくい人というのが存在します。

利用停止になりやすい人の特徴としては、以下が挙げられます。

・ショッピング枠の支払いが遅延することが多い
・キャッシング枠を限度額近く利用している

毎月遅延なくきちんと支払いを行い、キャッシング枠も利用していない利用者と比べたら、上記の利用者の方が「お金に困っていそう」ということが見受けられると思います。

もしあなたが上記に該当する場合は、ほかの利用者よりも利用停止のリスクが高いと認識し、利用方法には注意しましょう。

ゲーム機本体の現金化でクレジットカード利用停止になりにくい方法

上記のリスクを確認したうえで、それでも「ゲーム機で現金化したい」という人へ
クレジットカードが利用停止になりにくい秘訣をお伝えします。

それは、2枚以上のクレジットカード利用するということです。

全てのゲーム機本体を1枚のクレジットカードで購入してしまうと、先ほどからお伝えしているようにクレジットカード会社に疑われる危険性が高まります。

そのため、2枚以上のクレジットカードを使い分けることをオススメします。
利用履歴はあくまでも同じクレジットカード会社内で蓄積されるものなので、異なる会社間で利用履歴が共有されるということではありません。

とはいっても、「絶対に安全」というわけではありませんので、慎重に行っていきましょう。

手間をかけずに現金化するには

ここまでのお話で「ゲーム機を使った現金化はちょっと面倒くさいな…でも現金は必要だし…」という人には、現金化業者の利用をオススメします。

現金化のプロに任せれば、手間もなく安全確実に現金化を行うことが可能です。
検討材料のひとつとして、以下も見てみてください。

クレジットカード現金化で資金調達するには?

利用可能なクレジットカードがあれば、オンラインの現金化サービスで現金を作ることが可能です。

WEBフォームから申し込みをすれば入金まで20分〜30分くらい、現金化最大の問題でもあるカード利用停止のリスクも軽減します。

利用するには本人名義のクレジットカードが必要です。

僕も以前から利用していて条件が良かった業者を紹介しておきますので参考にしてください。

クレジットカード現金化
1
現金化堂
4.6
\換金率保証あり/

審査・保証人不要。年中無休で即日入金対応可能。換金率保証や5万円キャンペーンなど各種サービスが充実。

ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント

クレジットカード現金化
2
あっとマネー
4.3
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカも対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
3
買取39
4.1
\買取で現金化/

見積もり無料で買取方式の現金化。WEB申し込みで入金まで最短5分。高額買取が可能で送料・キャンセル料などの各種手数料は無料

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2019.05.03 / 更新: / 家電・ブランド
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。