Amazonギフト券の大量購入による強制キャンセル 利用停止を回避するには?

Amazonギフト券を購入したとき、購入がキャンセルたり利用停止にされてしまうことがあります。

よくあるパターンは、購入自体は問題なくできるんだけど、いっこうにギフト券が送られてこず、終いにはギフト券の代わりに注意メールが届いて注文がキャンセルされるといった具合です。

送られてくる注意メールの文面は以下の通りです。

お客さまのアカウントにおいて利用規約に違反するおそれがある行為が確認されましたため、お客様のご注文をキャンセルいたしました。
(中略)
ギフト券の販売や譲渡はAmazonの規約違反となります。

ここに書かれている通り、Amazonギフト券の販売や譲渡を問題にされていることががうかがえます。

このことからもAmazonは、Amazonギフト券の現金化目的での購入を警戒していて、必要に応じて強制キャンセルなどの対処していることは間違いありません。

しかし、ここで一つの疑問が残ります。

Amazonギフト券は、元々他人に譲渡することが前提として作られたものだし、支払い方法もクレジットカードなどあと払い決済での購入がデフォルトです。

それにも関わらず購入をキャンセルされる場合とされない場合があるのはなぜでしょうか。

実は、AmazonではAmazonギフト券の購入について独自の監視システムを持っていて、現金化目的や不正利用の疑いがある購入パターンを推測してこのような処置をとっています。

つまり、Amazonに違反と判定されやすい購入パターンが分かれば、それを避けて購入することで、Amazonギフト券の強制キャンセルを回避できるというわけです。

では、具体的にどのようなことに注意すればAmazonギフト券の購入キャンセルや利用停止が起きないか紹介していきます。

1回の購入額を少額にする

Amazonギフト券を強制キャンセルさせられない方法として有効なのが、1回あたりの購入額を少なくするというものです。

高額な額面でAmazonギフト券を購入すると、それだけAmazonからの警戒が厳しくなります。

いくらからが高額かといえば、1回10万円以上、月額合計30万円以上というのが一つの基準です。

実はAmazonギフト券については転売が一種のマネーロンダリングに使われるとして、金融庁からも規制が入っていて、その基準として1回10万円以上、月額合計30万円以上が対象と明言されています。

金融庁はメールで番号やURLを送るなどの方法で送金する電子ギフト券やプリペイドカードについて、マネーロンダリング(資金洗浄)対策を強化する方向で調整に入った。事業者に対して、1回あたり10万円を超える高額送金の場合に利用者の本人確認などを義務付ける。「Amazonギフト券」やVISAのプリペイドカードなどが対象。こうした電子送金の利用は年10兆円程度あるとされ、マネロンの抜け穴になりかねないとの指摘が出ていた。
(中略)
対象は高額取引に限定し、1回の送金額が10万円を超える場合や、1カ月の合計額が30万円を超える場合とする。

日本経済新聞より抜粋

Amazonもこうした規制に対応するため、額面でしきい値を設けて制限をかけているようです。

この制限に対する対処法は意外と単純で、1回あたりの購入額を少額するという方法が有効です。

一回で10万円分のギフト券を購入するのではなく、少し面倒でも1万円の購入を10回繰り返して10万円分にすることで制限を回避することができます。

ただし、月間累計30万円という上限はありますので、1ヶ月で利用する金額はせいぜい10万円〜20万円程度にしておくことをおすすめします。

他の商品と一緒にして買う

上述の方法と似たような考え方で、Amazonギフト券を買うとき別の商品も一緒に買うという方法があります。

Amazonギフト券の購入制限の条件としては、Amazonギフト券単体での購入が想定されていて、他の商品と混在した注文についてはキャンセルがされづらくなっているようです。

実際に、AmazonテンポラリーカードでAmazonギフト券を購入する方法でも、本来購入できないはずのAmazonギフト券が別の商品を加えて一緒に注文することで購入ができてしまうという裏技があります。

このことからも、Amazonギフト券を買うときは単体購入せずに、他の商品と合わせて買うことがキャンセル対策として有効と考えられます。

プリペイドカードへチャージしてから買う

プリペイドカードへチャージした残高でAmazonギフト券を購入すると、強制キャンセルがされづらくなります。

Amazonでは支払い方法に、クレジットカードだけではなく、各種プリペイドカードを登録することが可能です。

例えば携帯系なら、dカードプリペイド、auPAYプリペイド(旧auWALLET)、ソフトバンクカードなどで、決済アプリ系ならペイディやメルペイなどの後払いバーチャルカードなどがそうです。

こうしたプリペイドカードへ、クレジットカードや携帯キャリア決済、あと払いチャージなどでチャージしてからAmazonギフト券を購入することで、Amazonからの制限を受けづらくすることができます。

なぜならば、プリペイドカードは本来先払い方式の決済手段なので、プリペイドカード残高がある以上、決済をした段階でAmazonへの支払いは確定します。

仮に、後からプリペイドカードへのチャージ残高が何らかの理由で回収できなかったとしても、それはプリペイド側の問題であって、Amazonがとりっぱぐれることはありません。

そのため、プリペイドカードへチャージした残高での購入は、クレジットカードと比べて監視がゆるく、Amazonギフト券を購入しても強制キャンセルされる確率が低くなります。

ギフト券以外のものも購入する

Amazonアカウントで、ギフト券以外のものを購入しておくのも有効な対処法の一つです。

Amazonギフト券の強制キャンセル処置は、あくまでAmazonでの規制でありクレジットカード会社の規制とは別のものです。

Amazonの規制である以上、規制対象になる購入パターンはAmazonでの行動履歴を元にして推測されます。

つまり、Amazonでギフト券や換金性の高い商品ばかり購入していれば、それだけ現金化目的での購入の疑いが強まって規制の対象になりやすくなります。

逆に、普段から日用品や消耗品などの買い物をしていれば、それだけ現金化を目的としない利用とみなされる確率も高くなります。

そのため、Amazonギフト券を購入するアカウントでは、日用品や食品などを購入しておいて利用実績を積んでおくことも、制限を受けるリスクを軽減するのに役立ちます。

別のギフト券を買う

Amazonで購入できる電子ギフト券はAmazonギフト券だけではありません。

Amazonギフト券と同じように、ニンテンドープリペイドやプレイステーションストアカードなどが購入できます。

冒頭に紹介したAmazonからの注意メールにもあるとおり、規約違反の対象はあくまでAmazonギフト券についてのものです。

それ以外のギフト券については、個々のギフト券発行会社が決めたものがあるため、Amazonの規制の対象には入りません。

そのため、Amazonギフト券を買う代わりにニンテンドープリペイドやプレイステーションストアカードを購入すれば、Amazonからの制限を回避することが可能です。

ただし、これらゲーム系の電子ギフト券は、買取サイトで換金相場もAmazonギフト券に比べると多少低くなります。

ここはリスクとリターンのトレードオフなので、その時の買取価格をなど見て判断するのがいいかと思います。

まとめ

以上、Amazonギフト券をで購入しようとして強制キャンセルされる回避方法について解説しました。

一番、単純で効果があるのは、一番目に紹介した「1回の購入額を少額にする」方法かと思います。

特に毎月定期的にAmazonギフト券を買っているという人は、この方法を実践することをおすすめします。

また、既に警告なり注意なりを受けてキャンセルされてしまった人は、「他の商品と一緒にして買う」か、「別のギフト券を買う」あたりを試してみてもいいかもしれません。

なお、購入したAmazonギフト券を現金化する場合、リアルタイムのAmazonギフト券買取価格の相場比較についてはこちらを参照ください。

クレジットカード現金化サービスを利用する

Amazonギフト券を使ったカード現金化は、年々規制が厳しくなっています。

カード会社の監視のみならず、ギフト券発行元のAmazonが制限に乗り出しているためです。

こうした監視や規制を回避しながらカードの現金化をするための手段として、現金化サービスの利用が効果的です。

Amazonギフト券などの金券類の購入を介さずにクレジットカードの決済を行うため、カード会社の利用停止だけでなく、Amazonからの利用停止・無効化などの心配も不要になります。

一箇所の申し込みで入金まで手続き完結するので、ギフト券の売買にくらべて手間も時間も短縮できます。

クレジットカードの現金化をするなら、オンラインのカード現金化サービスを検討してみてもいいかもしれません。

クレジットカード現金化
1
あんしんクレジット
4.6
\振込手数料0円/

業界No1の信頼と実績、創業20年の定番現金化業者。土日祝日、夜間のお振込みもOK。最短3分振込み。

契約頂いた方全員が対象換金率5%UPクーポン券プレゼント

クレジットカード現金化
2
スマイルギフト
4.3
\最短3分で入金/

年中無休で24時間即時振込み対応。換金率も高くて手続きも簡単。対応の良さに定評があり女性オペレーターの指定も可能。

クレジットカード現金化
3
タイムリー
4.1
\夜間対応で高換金率/

夜間土日も振り込み可能で即入金。最高換金率98.6%クレカ・プリカ・バーチャルも対応。

ご新規様限定成約後15,000円~50,000円現金プレゼント

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2022.04.15 / 更新: / 電子ギフト券
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。