クレジットカードでブランド品を購入すると利用停止になる?

「クレジットカードでブランド品を買ったら利用停止にされてしまうの?」

そんな不安を抱えているひともいるかと思います。

結論からお伝えすると、純粋にクレジットカードを利用して高価なブランド品を購入すること自体は、もちろん違法性もなく問題ありません。
ただし、一時的に利用停止になるリスクはあります。

現金化に利用するという場合は、その事実が発覚するとペナルティを課されることになります。

この記事では、クレジットカードでブランド品を購入する際に起こり得ることや、現金化に利用する際の注意点について紹介していきます。

クレジットカードでブランド品を購入すると疑われる2つのこと

クレジットカードを利用して高価なブランド品を購入すると、クレジットカード会社から2つの疑いをかけられる可能性があります。

不正利用の疑い

たとえば、今まで利用頻度や金額が低かったひとがいきなり数十万円、数百万円の買い物をした場合、クレジットカード会社は不自然な利用と判断します。

結果的にクレジットカード会社は第三者による不正利用を疑い、一時的に利用停止措置をとる場合があります。

現金化の疑い

クレジットカード会社は、現金化に利用されやすい商品として、ブランド品購入に対して警戒しています。

ほかにも、商品券やギフト券・新幹線の回数券など、高い換金率で現金化される商品も同様です。

高額なブランド品の取引履歴が発見された場合は現金化を疑われる可能性があり、一時的に利用停止措置がとられる可能性があります。

クレジットカードが利用停止となる仕組み

「クレジットカード会社は、どうやってひとりひとりの会員の利用履歴を監視しているのか」と疑問に思うかもしれません。

実はクレジットカード会社は、各社独自にカードの利用履歴を監視し、疑わしい取引を検知できるシステムをもっています。
ひとの目で24時間365日監視しているのではなく、コンピューターによって監視されているということです。

このシステムに引っかかってしまうと、自動的にカードの利用停止措置がとられることになります。

一度利用停止になってしまうと、正当な理由がない限り利用停止が解除されることはありません。

クレジットカードが利用停止になったら

万が一、クレジットカードが利用停止となった場合は、まずクレジットカード会社へ連絡しましょう。
もしくは、クレジットカード会社の方から先に連絡がくる場合もあります。

その電話で、商品は本人が購入したものか、購入の目的などの質問をされます。

そこで不正利用でもなく、現金化目的の利用でもないということが判断されれば、利用停止措置は解除され、今まで通り利用できる形となります。

この判断基準はあくまでもクレジットカード会社によるものなので、基準が見えにくい部分でもあります。

万が一現金化での利用が判明した場合は、会員資格もはく奪となり、今までの利用金額が一括で請求される可能性があります。

冒頭でもお伝えしたように、クレジットカード会社でブランド品を購入すること自体は何ら問題はありません。

ただし、クレジットカード会社の監視は厳しいものであることを認識しておきましょう。

ブランド品を利用した現金化をバレにくくする方法

ブランド品を利用した現金化を検討しているひともいるかもしれません。

先ほどお伝えしたリスクを認識したうえで、それでもブランド品の現金化を行う場合は、クレジットカード会社に疑われないための工夫が必要です。

・同一商品を複数購入しない
・大量購入しない
・複数のカードを使いまわす

同じ商品を複数個購入することは、一般的にみて不自然です。
同じ商品でなくても、一度に大量のブランド品を購入すれば、クレジットカード会社に疑われる可能性が非常に高いです。

いくら現金が必要だからといって、リスクを犯しクレジットカードが利用できなくなってしまっては、その後の生活に支障が出ることは間違いありません。

どうしてもまとまった現金が必要という場合は、別のクレジットカードを利用することでリスクは軽減されます。

ただし、長期間支払いが滞ると「途上与信」といって信用情報機関を照会される可能性があります。

そうなると、他社での利用状況まで把握されてしまうため、カード利用停止のリスクは高まります。

あくまでも自分が支払いできる範囲での利用を心がけましょう。

ブランド品を利用した現金化を疑われるケース

では、クレジットカード会社に現金化を疑われる可能性が高いケースというのはどんなものなのでしょうか。

・常に利用限度額近く利用している
・キャッシング枠を利用している
・支払いが遅延したことがある
・他社での借り入れが多い
・学生、フリーター、パート主婦、フリーランスなど

上記にあてはまる場合、お金に困り現金化しようとしているのではないかと警戒される可能性が高いです。

この場合は、自分一人でリスクを犯して現金化を行うよりも、現金化のプロである現金化業者に依頼するほうが安全で確実に現金化を行うことができるでしょう。

現金化業者を利用するとバレない理由

クレジットカードの現金化が禁止されているにも関わらず、現金化業者は事業を継続することができています。

その理由は、現金化業者が決済代行会社を経由して決済を行っているためです。

決済代行会社で日々行われている膨大な決済に紛れることで、うまく現金化を隠ぺいできています。

決済代行会社もそれなりのリスクを犯していますが、現金化業者からその分の手数料を徴収しているのでお互いウィンウィンの関係性といえます。

ブランド品の現金化でリスクを犯すより現金化業者がおすすめ

自分のためや、誰かのプレゼントのために、クレジットカードを利用してブランド品を購入することは何ら問題がありません。

万が一、クレジットカードが利用停止になったとしても、その事実を伝えれば、利用停止は解除されます。

ただし、現金化目的でブランド品の購入を繰り返す行為は大変危険です。

どうしても高額な現金化が必要という場合は、自分ひとりでブランド品の現金化を行うのではなく、現金化業者を利用することをおすすめします。

クレジットカード現金化
1
あんしんクレジット
4.6
\振込手数料0円/

業界No1の信頼と実績、創業20年の定番現金化業者。土日祝日、夜間のお振込みもOK。最短3分振込み。

契約頂いた方全員が対象換金率5%UPクーポン券プレゼント

クレジットカード現金化
2
スマイルギフト
4.3
\最短3分で入金/

年中無休で24時間即時振込み対応。換金率も高くて手続きも簡単。対応の良さに定評があり女性オペレーターの指定も可能。

クレジットカード現金化
3
タイムリー
4.1
\夜間対応で高換金率/

夜間土日も振り込み可能で即入金。最高換金率98.6%クレカ・プリカ・バーチャルも対応。

ご新規様限定成約後15,000円~50,000円現金プレゼント

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2019.04.20 / 更新: / 家電・ブランド
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。