クレジットカードのキャッシング枠とは?利用方法と注意点を紹介

「どうしよう……今月の支払いがピンチ!」
こんなときに役立つのが、クレジットカードのキャッシング枠です。

通常、クレジットカードは買い物の際に利用しますが、キャッシング枠を利用すれば現金が借りられるため、クレジットカード払いができない場面で重宝します。

この記事では、クレジットカードのキャッシング枠の利用方法や、注意点について紹介していきます。
キャッシング枠の利用を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

クレジットカードのキャッシング枠とは

クレジットカードのキャッシング枠とは、お金が借りられる限度額のことを指します。
キャッシング枠に設定されている金額内であれば、ATMやキャッシュディスペンサーから簡単にお金が引き出せます。

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の違い

クレジットカードには、ショッピング枠とキャッシング枠が設定されています。

ショッピング枠は、店舗やインターネットでの買い物の際に利用できる枠で、その場で現金払いしなくても、一括払い・分割払い・リボ払いなど支払方法を指定して決済ができます。
クレジットカード会社が、支払いを立て替えてくれている状態です。

一方、キャッシング枠は、現金そのものが必要になったときに役立ちます。
こちらは立て替えではなく、クレジットカード会社から借金をしている状態です。

キャッシングが利用できる場所

クレジットカードのキャッシングは、以下の場所で利用が可能です。

・提携先金融機関ATM、キャッシュディスペンサー
・コンビニATM
・ネットキャッシング(電話からも可能な場合もあり)

キャッシングは、自分の銀行口座からお金を引き出すのと同じような感覚で利用できます。
今は、銀行だけでなくコンビニにもATMがあり、インターネットから申し込みをすると自分の銀行口座への振り込みが可能なネットキャッシングもあるので、利用に困ることはないでしょう。

クレジットカードキャッシング枠の利用方法

続いては、実際にキャッシング枠のお金を引き出す方法を紹介します。
ATM・キャッシュディスペンサーそれぞれで若干の違いはありますが、主に以下のような手順です。

1. ATMの画面メニューから「取引開始」もしくは「お引き出し」を選択
2. クレジットカードを挿入
3. 暗証番号を入力
4. 「お借入れ」を選択
5. 返済方法を選択(一括・リボ)
6. 借りたい金額を入力(基本的に10,000円単位)
7. お金・ご利用明細・クレジットカードを受け取る

一点注意すべき点は、手数料がかかることです。
10,000万円以下は110円(税込)、10,000円以上は220円(税込)がかかるため、注意しましょう。

クレジットカードのキャッシング枠が増枠できる条件

上記のように、便利で簡単に利用できるキャッシング枠ですが、ショッピング枠と比べると上限額が低く設定されています。
万が一「もっとキャッシングが必要」となった場合は、各クレジットカード会社のホームページや電話から、キャッシング枠の増枠を申し込むことも可能です。

ただし、申し込めば誰でも希望通りに増枠されるわけではなく、クレジットカード発行時と同様に、審査がおこなわれる形となります。

審査に通過できない状態で何度も申し込みをすると、クレジットカード会社に悪い印象を与えかねないため、以下を確認したうえで申し込みをおこないましょう。

毎月遅延なく支払いをおこなっている

毎月の支払いを遅れずきちんとおこなっていることが前提条件といえます。
クレジットカード会社側からすれば、きちんと支払いができていない人に対して増枠を認めることはリスクでしかありません。
基準はクレジットカード会社により異なりますが、直近数ヶ月間の状況を見て判断しているようです。

個人信用情報に問題がない

増枠の際は、個人信用情報から審査をおこないます。

  • 他社での遅延はないか
  • 何社からいくら借り入れがあるか
  • 毎月安定した収入があるか

クレジットカード発行時と同様に、上記を中心として個人信用情報が確認されることになります。
現時点で、延滞などの金融事故がある場合は、増枠は難しいでしょう。

また、増枠することで総量規制を超える場合は認められません。
増枠後であっても、年収の3分の1を下回る状態まで、他社の返済をおこなっておく必要があります。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する際の注意点

キャッシング枠は、手軽に使える便利なシステムではありますが、メリットばかりではありません。
便利なものでも使い方を間違えれば、後悔するような事態に陥ることも考えられます。
デメリットについても、しっかりと把握しておきましょう。

あとから返済しなければならない

当たり前ではありますが、キャッシングで借りたお金は後々返済しなければなりません。
今後の返済計画を立てたうえで、利用するようにしましょう。

一時的にキャッシングで事なきを得たとしても、問題の根本的な解決に至っていなければ、何度も繰り返さなければならない可能性もあります。

金利が高い

キャッシング枠は、ショッピング枠に比べて金利が高く設定されています。
そのため、同じ金額を利用しても、キャッシング枠の方が支払いの負担は大きくなります。

キャッシング利用分がショッピング枠から減る

クレジットカードは、ショッピング枠とキャッシング枠のそれぞれに上限額が設定されていますが、決して別枠で設けられているのではありません。
キャッシング枠はショッピング枠内に組み込まれているため、残高は連動する形となります。

ここで、ショッピング枠とキャッシング枠の関係性についてのシミュレーションを紹介します。

例)ショッピング枠:40万円 キャッシング枠:10万円の場合
・ショッピング35万円利用 → ショッピング枠・キャッシング枠あわせて5万円
・ショッピング40万円利用 → ショッピング枠・キャッシング枠0円
・キャッシング10万円利用 → ショッピング枠30万円、キャッシング枠0円

上記のように、ショッピング枠が40万円・キャッシング枠が10万円だから合計で50万円使えるわけではなく、キャッシング枠はショッピング枠に含まれており、クレジットカード全体の限度額は40万円までとなります。

クレジットカードのキャッシング枠の利用は計画的に

クレジットカードのキャッシング枠は手軽に利用できる反面、借金という意識が希薄になりやすく、当初の想定を上回って利用してしまうケースもあります。

キャッシング=借金という意識を忘れずに、後々の返済まで考慮したうえで利用するようにしましょう。

「キャッシング枠の利用を考えているけれど、金利が高いのは嫌」という方は、専門業者に依頼するショッピング枠の現金化を検討するのもひとつの手です。
ショッピング枠を利用するため、通常の買い物の際と金利も変わらず、最短数十分で口座に現金が振り込まれます。

どうしてもお金が必要という方は、ぜひ以下の現金化専門業者を検討してみてはいかがでしょうか。

クレジットカード現金化で資金調達するには?

利用可能なクレジットカードがあれば、オンラインの現金化サービスで現金を作ることが可能です。

WEBフォームから申し込みをすれば入金まで20分〜30分くらい、現金化最大の問題でもあるカード利用停止のリスクも軽減します。

利用するには本人名義のクレジットカードが必要です。

僕も以前から利用していて条件が良かった業者を紹介しておきますので参考にしてください。

クレジットカード現金化
1
あんしんクレジット
4.6
\振込手数料0円/

業界No1の信頼と実績、創業20年の定番現金化業者。土日祝日、夜間のお振込みもOK。最短3分振込み。

契約頂いた方全員が対象換金率5%UPクーポン券プレゼント

クレジットカード現金化
2
あっとマネー
4.3
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカも対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
3
現金化堂
4.1
\換金率保証あり/

審査・保証人不要。年中無休で即日入金対応可能。換金率保証や5万円キャンペーンなど各種サービスが充実。

ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2020.02.11 / 更新: / 融資・借入
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。