電話なしでクレジットカード現金化できる方法ってある?

電話連絡なしで利用できるクレジットカード現金化サービスってありませんか?

クレジットカード現金化業者に申し込むと、一度、電話で連絡があってから手続きが進みます。

対面式の業者を除くと、ほとんどの業者で必ず電話連絡が必要になります。

業者を使わずに自分でやる現金化の方法であれば、電話連絡がなくても利用できますが、それはそれで問題点もあります。

この記事では、

  • 電話連絡なしでクレジットカード現金化をするには?
  • なぜ多くの業者で電話が必須なのか?
  • 電話では何を聞かれるのか?

などについて解説しています。

一般的なクレジットカード現金化の手順では電話が必須

まずは、一般的なクレジットカード現金化の流れをみてみましょう。

  1. 申し込み
  2. ウェブサイトから必要事項を入力して申し込む

  3. 電話連絡
  4. 折り返し電話連絡が来てサービスの説明や希望する利用金額などを聞かれる

  5. 必要書類の提出
  6. 本人確認書類など必要書類をメールで送る

  7. カード決済
  8. 利用したい金額に応じてクレジットカードで商品を購入する

  9. 入金
  10. 現金化された金額が銀行口座に振り込まれる

このように、申し込みをするとその後、業者のスタッフから電話がかかってくるのが一般的な流れで、多くのオンライン現金化業者がこの方法を踏襲しています。

電話で何を話す?

電話ではなにを話すかというと、大きく以下の4つがあります。

  • サービスの説明
  • 利用したい金額
  • 使いたいクレジットカード
  • 必要書類について

まずはじめに、サービスについての説明があります。

どんな方法で現金化させるのか入金にどのくらい時間がかかるかなど、基本的な説明があります。

その上で、実際に利用したい金額や、持っているクレジットカードの種類振込先の銀行口座などについて確認があります。

その後、これからの手続きとして身分証など必要書類の種類や、提出方法などについて指示があります。

以上が、基本的な電話での会話の流れです。

それ以外に知りたいことや、わからないことがあればこの段階で質問することもできます。

なぜ電話連絡が必要か?

ネットから申し込むのだから、必要事項をフォームから送るなどすれば電話連絡は不要な気もしますが、なぜ電話連絡が必要なのでしょうか。

大きく分けて、不正利用防止のためと、疑問点の解消のための2つの理由があります。

不正利用防止のために

オンラインのクレジットカード現金化サービスは、ネット上で手続きが完了するため、お互い顔を見ずに取引を完結させることができます。

そのため業者側が警戒するのは、なりすましによるカードの不正使用です。

第三者が他人のカードを勝手に使って現金化していたりすれば、後々大きなトラブルになり得ます。

そのため、カードの持ち主本人の申込みに間違いないか、電話で確認するという意味合いがあります。

顔が見えなくても、性別や年齢と言った大まかな人物像は把握できますし、生年月日などを質問をしてちゃんと答えられるかなどの確認手段があります。

こうした不正利用を防止するための措置として電話連絡が手順の中に取り入れられています。

疑問点や不明点が解消させられやすいように

もう一つの理由に、電話の方が細かいやりとりで疑問や不明点を解消しやすいという理由があります。

特にはじめての人だと、手続きの仕方がわからなかったり、ちょっとした疑問があったりということがあるかと思います。

例えば、入金にどのくらいの時間がかかるかや、いくら振り込まれるのかと言った情報は利用者としてちゃんと知っておきたいことです。

利用の流れを会話で説明しながら、こうした疑問について随時答えつつ、疑問点や不安点を解消させられるようにとこのような方法になりました。

もちろん慣れている人であれば、不要かもしれません。

しかし、若い人から高齢者まで幅広い層の人が利用するサービスなので、出来るだけ多くの人に利用しやすい方法で受け付ける必要があるのです。

電話対応が悪い業者、良い業者

電話連絡を敬遠する理由に、「電話での接客で嫌な思いをした」というものがあるかと思います。

中には電話での態度が悪い業者もいます。

高圧的な態度だったり、人の質問を聞こうともしないで一方的に話してきたり、必要以上に個人的なことを言うように要求してくるといったケースもあります。

こうした業者はすぐに悪い評判が広がって営業ができなくなります。

しかし、またすぐに別の名前で営業を始めます。

こうなるとまた同じような被害をうける人が出てしまいます。

なので比較的、新興業者でまだ評判や口コミが無い業者の中には、そういう悪質な業者が含まれていることがあります。

一方、電話対応が良い業者というのもいます。

電話対応が良い業者は、総じて固定客を大事にしているので、リピーターが多くいます。

業者も商売なので、出来るだけ一度使ってくれた人には、何度も使ってもらいたいと思っています。

そうした良い循環を作ることを心掛けている業者は、当然、電話での接客態度もそれなりに良い対応になります。

こうした業者の特徴としては、同じ屋号やサービス名で長い間運営を続けているという特徴があります。

このような点をチェックするだけでも、接客対応の悪い業者や良い業者を見分けることができます。

電話に出られる時間帯を指定して申し込む

申し込みをすると、折り返し電話連絡があると言いましたが、中には仕事中や用事があって電話に出づらいという人もいるかと思います。

そうした人の場合は、申し込みの時に電話できる時間帯を予め伝えておくという方法があります。

業者によっては、申込フォームに連絡可能時間帯を入力する欄があって、「18:00〜19:00の時間帯に連絡してほしい」といった指定をすることができます。

電話する時間が取りづらい人は、都合に合わせて時間帯を指定できる業者を利用するのがおすすめです。

こちらからも電話時間帯指定可能な業者を探すこともできます。

自分でやる現金化

どうしても電話連絡をしたくないとうい場合は、業者を使わず現金化させる方法があります。

大きく分けて電子ギフト券を使って現金化する方法と、金券ショップを使う方法があります。

電子ギフト券を使う

電子ギフト券とはAmazonギフト券など、オンライン上で発行されて利用可能なギフト券です。

やり方は、AmazonでAmazonギフト券Eメールタイプをクレジットカードで購入して、ギフト券専門の買取業者に売却して現金化します。

この方法なら、購入でも買取でも電話がかかってくることはありません。

Amazonギフト券のEメールタイプは、メールでコード番号が送られてくるので、そのコード番号を業者へ送って買い取ってもらうだけです。

換金率は70%〜80%程度ですが、ネット手続きで完結するので、即日現金化させることも可能です。

金券ショップを使う

実際にお店へ足を運ぶ必要がありますが、金券ショップを使えば電話連絡をせずにクレジットカード現金化をすることができます。

やり方は、金券類をクレジットカードで購入して、金券ショップへ持ち込んで換金してもらいます。

購入する金券はいろいろありますが、もし近くに郵便窓口があれば切手がおすすめです。

最近は郵便窓口でも切手をクレジットカードで購入できるようになってきたいので、割と簡単に現金化が可能です。

金券ショップでも切手は高額で買い取ってもらうことができます。

その他、JRみどりの窓口などがあれば新幹線の回数券を使った方法も有効です。

その他、業者を使わないクレジットカード現金化の方法についてはこちらで詳しく解説しています。

自分でやる場合のデメリットと注意点

業者を使わず自分でやる現金化は、電話連絡などなく手軽に利用できるイメージがありますが、その一方でデメリットもあります。

カード停止のリスク

一つには、カード利用停止のリスクがある点です。

カード会社ではカードの不正利用を監視していて、特に換金性の高い、金券類の購入には警戒を強めています。

普段、あまり購入しないような場所で、突然高額の金券の購入がされると、カード会社の不正検知システムに引っかかって、カードが利用停止される場合があります。

これは、Amazonギフト券や、新幹線の回数券など現金化によく使われる金券の購入で特に顕著です。

そうならないためにも、普段あまり使っていないカードや、残枠が少ないカードの使用は控える方がいいでしょう。

現金化失敗のリスク

もう1つには、リサーチ不足による失敗のリスクがある点です。

Amazonギフト券にしろ、新幹線回数券などの金券にしろ、購入と売却はそれぞれ別のお店ですることになります。

購入する金券の券種にも様々種類があって、それぞれに買取相場があります。

こうした券種選びを間違うと、一気に換金率が低くなってしまったり、場合によっては買い取ってもらうこと自体ができないということも起こりえます。

買取金券の価格や種類はその時々、場所によっても変わるため一概に言えませんが、現金化を失敗しないためには、事前に対象の金券の買取金額を調べておいてから購入する必要があります。

こうした手間や事前のリサーチを怠ると、予期せぬ失敗を招く可能性がありますので注意が必要です。

リスクを軽減させたいなら業者を使う

業者のサービスを使う場合、購入する商品にギフト券などの換金性の高い商品は使いません。

これは、金券類の購入が、クレジットカード会社によって監視される可能性があることを分かっているからです。

そのため、現金化業者では、カード不正利用の検知システムに引っかかりづらいように、一般的な商品を購入して換金するという方法が取られていて、カードが利用停止になるリスクも軽減させられます。

また、申し込みから入金まで一元的に一つの窓口で済ませられるので、どこで何を買えばいいか分からないとか、どこで換金すればいいかわからないということで、失敗することがありません。

最善の方法でカード決済して、最善の方法で換金するようノウハウができているので全て任せられるという安心感は大きなメリットです。

何しろあっちこっちで複数手続きをする手間がなくて楽です。

というわけで、リスクを減らしてかつ失敗せずに現金化したい場合は、業者を使った現金化をすることがおすすめです。

クレジットカード現金化
1
あんしんクレジット
4.6
\振込手数料0円/

業界No1の信頼と実績、創業20年の定番現金化業者。土日祝日、夜間のお振込みもOK。最短3分振込み。

契約頂いた方全員が対象換金率5%UPクーポン券プレゼント

クレジットカード現金化
2
スマイルギフト
4.3
\最短3分で入金/

年中無休で24時間即時振込み対応。換金率も高くて手続きも簡単。対応の良さに定評があり女性オペレーターの指定も可能。

クレジットカード現金化
3
タイムリー
4.1
\夜間対応で高換金率/

夜間土日も振り込み可能で即入金。最高換金率98.6%クレカ・プリカ・バーチャルも対応。

ご新規様限定成約後15,000円~50,000円現金プレゼント

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2021.02.04 / 更新: / クレジットカード現金化
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。