家族カードや家族名義カードは現金化できる?

家族カードはクレジットカードの機能としては本カードとほぼ変わりありません。

なので、同様の方法で現金化が可能です。

ただし、利用明細や引き落とし口座が本会員と共通になっているため、現金化するならその点を考慮しておく必要があります。

一方、家族名義カードは、いわば他人名義カードなのでクレジットカード現金化させるのはおすすめできません

少なくとも業者を使って現金化させることはできません。

この記事では、具体的にどのような現金化の方法があるのか、現金化した場合のリスクや注意点などについて詳しく解説していきます。

家族カードと家族名義カードの違い

「家族カード」「家族名義カード」は言葉こそ似てはいますが、全く別のものです。

クレジットカードを現金化するときの意味合いも全く違ってきます。

まずは、家族カードと家族名義カードの違いを整理しておきましょう。

カード 家族カード 家族名義のカード
契約者 家族の誰か(代表者) 名義人
利用できる人 契約者の家族 名義人のみ
現金化利用

「家族カード」は、クレジットカードを契約している人の家族に対して発行されるクレジットカードで、カード名義も発行された対象者のものになります。

業者を使う場合も、家族カードの使用が認めている業者もいますし、金券などを買って自分でやる現金化も可能です。

一方、「家族名義のカード」というと、家族の中の誰かのカードという意味合いになります。

カードには名前が刻印されていて「使えるのは名義人のみ」なので、家族であっても本人以外が使うことはできません。

家族名義のカードを使って自分で現金化するにしても、換金性の高いものを買ったらその明細は名義人のところへ行きますし、なにかのはずみでカード利用停止になれば名義人がペナルティを受けます

こうしたトラブルを避けるため業者でも家族名義カードを使った現金化は受け付けないことがほとんどです。

家族名義カードを現金化するには?

業者を使って家族名義カードを現金化させるのはほぼ不可能と思った方がいいでしょう。

なりすましたとしても本人確認の手続きでバレてしまいます。

やるとしたらAppleギフトカードや、Amazonギフト券などを買って現金化する方法ですが、本人名義で無いことで不正利用検知システムに引っかかって決済が出来ない可能性がありますし、入力したカード名義人が本人名義でないことが、後々問題になる可能性もありえます。

なお、購入したギフト券を売却する際にも本人確認はありますが、カード名義が参照されることはないので、一旦、ギフトカードが手に入ってしまえば、買取手続き自体にハードルはありません。

とは言え、家族名義カードは名義人本人の了承なく決済することは、後々トラブルのもとにもなるためおすすめは出来ません。

家族名義カードが現金化に向かない理由

現金化業者には断わられる

家族名義カードはいわば他人のカードと同義なので、受け付ける業者は皆無ですし、仮にあったとしてもそれはもぐりの悪徳業者である可能性が高いです。

仮に、本人名義のカードと偽って申し込んだとしても、身分証とセルフィー(身分証と自撮り)の提出が求められるため、クレジットカードの名義人本人であることが照会されます。

身分証は顔写真が付きのものが必須なので、よっぽど同じ顔でもない限りバレてしまいます。

利用はおすすめできませんし、業者を使って、家族名義カードを現金化させるのは不可能だと思った方がいいでしょう。

なりすまし防止措置がある

自分で金券や電子ギフト券を購入するにしても、カード番号以外にカード名義人の確認があり、整合性が取れないことを理由に決済がキャンセルされる可能性もあります。

また、3Dセキュア(本人認証サービス)による、なりすまし防止措置ががあり、決済が通らないことも考えられます。

決済を通すには3Dセキュア用のパスワードの入力が必要になります。

不正利用検知システムに引っかかる

カード会社では不正利用検知システムによってカードの利用状況を随時チェックしています。

過去の決済履歴や利用傾向などから第三者の利用と検知されれば、即座にカードが利用停止となります。

請求が名義人のところへくる

仮に家族名義カードを使うことはできても、その後請求がやってきます。

カード明細を見ればどのような決済があったかすぐに分かります。

店頭ではサインもしくは暗証番号の入力が必須

家族名義カードを現金化させようとして、換金性の高いものの購入する場合、店舗なら支払いのときにサインもしくは、暗証番号の入力が求められます。

カード裏面にサインがあるので、それを真似て決済させることはできますが、後々、サインの照合がされたとき、第三者の不正利用として被害届けが出される可能性もあります。

家族カードを現金化するには

一方、家族カードは、発行された家族が自由に使えるカードなので、もう少し現金化もしやすくなります。

家族カードは本会員カードと、外見上の違いがありませんし現金化のやり方もほとんど同じです。

業者でやる場合も、受け付けてくれる業者がありますし、自分でやる場合でも家族カードで購入できて換金できる商品もあります。

一番簡単なのは、Appleギフトカードか、Amazonギフト券を買って買取サイトで現金化させる方法です。

やり方は、AppleギフトはAppleの公式サイト、Amazonギフト券はAmazonの公式サイトで購入できて、どちらも家族カードでの支払いが可能です。

購入したギフト券は、買取サイトへ売却して現金化します。

買取りの手続き上、身分証の確認があるのと本人名義の銀行口座が必要なものの、どんなカードでギフト券を買ったのかは問われません

つまり、本会員カードでやるのと同様の方法でクレジットカード現金化が可能です。

高価買取な電子ギフト券の買取サイト
  • ギフトジェシー
  • 初回換金率が高いのでまずはここ。24時間365日即日振込み可能。取り扱いカードも豊富。

    https://giftjesse.com/

  • 買取タイガー
  • 業界大手。初回換金率優遇ありで2回目でも高レート。取扱ギフト券も豊富で振り込みは早い。

    https://kaitoritiger.com/

  • 買取デラックス
  • 買取ボブ系列で実績は高い。換金率では同系列のタイガーには負けるので次の選択肢。振り込みは早くて24時間対応。

    https://kaitori-dx.com/

クレジットカードの利用明細からギフト券購入はバレない

ちなみに、Amazonで使ったクレジットカードの利用明細はAmazonギフト券でも、その他の商品でも同じように「AMAZON.CO.JP」と記載されるので、購入品目まではわかりません

Amazon利用明細

つまり、もし、ギフト券を購入したクレジットカード利用明細を本会員に見られたとしても、

「AppleでiPadを買った」とか、

「Amazonで家電を買った」とか、もしくは

「ギフトカードを買ってプレゼントをした」とか、

ある程度言い訳が立ちやすいという利点もあります。

家族カードを現金化するときの注意点と本会員カード現金化との違い

家族カードを現金化するときの手順は、本会員カードを現金化させるときと同じですが、大きな違いもあります

これを知らずに現金化を利用してしまうと、家族間で大きなトラブルになることもありえますので、内容を理解した上で利用することをおすすめします。

利用明細と引きとし口座が同じ

家族カードで現金化をした場合は、利用明細も引き落とし口座も本カードと共通です。

ですから本カードを持っている家族には利用内容は知られてしまいます。

実際、業者を使う場合にしても業者名は隠蔽されて明細には載りませんし、電子ギフト券を買ったとしても、AmazonやAppleの購入履歴が出るに過ぎません。

なので、現金化をしたことが明細からバレるとは限りませんが、明細をきちんと見ている人なら何に使ったのか聞かれるでしょうし、高額利用なら尚更です。

もし、家族カードで現金化をするなら最低限、本会員の了承は得ておく、もしくは利用明細について何を買ったか説明できるようにしておく必要があります。

家族全員のカードが利用停止になる可能性

クレジットカードの現金化する行為はカードの利用規約で禁止されています。

もし、現金化をしたことがカード会社に見つかったり、その疑いがかかれば規約違反でカードの利用停止または強制退会となることもありえます

カードを使った本人だけならまだしも本会員カードや他の家族カードも利用停止となってしまうので、そうしたリスクがある点は理解しておく必要があります。

限度額は共有

家族カードの利用限度額は本カードと共有です。

本カードの限度額が100万円で家族カードが2枚発行されているなら、本カードと2枚の家族カードの3枚が100万円の限度額内で利用できることになります。

あまりに高額利用してしまえば他のカードは利用できなくなりますので、事前に利用限度額を把握しておいて、その範囲内で利用する必要があります。

信用情報に傷がつくリスク

家族カードを現金化してなにかの弾みでカードが停止されれば、本カード会員の信用情報が傷つくことになります。

信用情報が傷がつくと、新規のクレジットカード発行や、ローン審査、消費者金融の審査には通りづらくなります。

そして、信用情報機関に登録された情報は5年は消えません。

家族カードで規約違反をしてしまうと本カードを持っている家族の信用情報に影響がでる可能性があります

クレジットカード現金化で資金調達するには?

利用可能なクレジットカードがあれば、オンラインの現金化サービスで現金を作ることが可能です。

WEBフォームから申し込みをすれば入金まで20分〜30分くらい、現金化最大の問題でもあるカード利用停止のリスクも軽減します。

利用するには本人名義のクレジットカードが必要です。

僕も以前から利用していて条件が良かった業者を紹介しておきますので参考にしてください。

クレジットカード現金化
1
現金化堂
4.6
\換金率保証あり/

審査・保証人不要。年中無休で即日入金対応可能。換金率保証や5万円キャンペーンなど各種サービスが充実。

ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント

クレジットカード現金化
2
あっとマネー
4.3
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカも対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
3
あんしんクレジット
4.1
\振込手数料0円/

業界No1の信頼と実績、創業20年の定番現金化業者。土日祝日、夜間のお振込みもOK。最短3分振込み。

契約頂いた方全員が対象換金率5%UPクーポン券プレゼント

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2022.09.16 / 更新: / クレジットカード現金化
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。