携帯キャリア決済の現金化!スピードや手数料コストを比較

今月はお金を使いすぎちゃった。
携帯決済が現金化できるってきいたけどやり方や注意点が知りたい。

そんな方におすすめなのが、携帯決済です。
ドコモ、au、ソフトバンクいずれかのスマートフォンをもっていれば、すぐに後払いで商品が購入できるため、現金化利用に最適です。

・携帯キャリア決済の仕組み
・携帯決済の現金化で購入すべき商品
・現金化のやり方
などについて解説します。

スマートフォンをお持ちで、お金の工面に困っているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

携帯決済とは

携帯決済とは、ドコモ、au、ソフトバンクの携帯電話キャリア大手3社が独自に提供している決済サービスです。

各キャリアに契約している利用者は、携帯決済に対応しているお店で携帯決済から代金を支払うことが可能です。

利用料金は、毎月の携帯電話利用料金と合算され翌月請求されるため、後払いとなります。
そのため、クレジットカードと同じような感覚で利用が可能です。

携帯決済は後払いだから、確かにお金が無い時に使えそう。

ただし、支払い方法は分割に対応しておらず、一括払いのみのため注意しなければなりません。

各キャリアが提供している携帯決済は以下の通りです。

・ドコモ:ドコモ払い
・au:auかんたん決済
・ソフトバンク:ソフトバンクまとめて支払い

携帯決済の現金化とは

携帯決済の現金化とは、携帯決済の後払いで商品を購入し、業者や個人へ転売することでお金を手に入れる手法をいいます。

よくある「クレジットカード現金化」のクレジットカードが携帯決済に変わっただけで、おこなうことはまったく変わりありません。

そのため、一度でもクレジットカード現金化をおこなった経験がある方や、調べて流れを理解している方は、難しく感じることなく取り組める手法でしょう。

携帯決済の現金化で購入すべき商品はiTunesカード

「携帯決済で効率良く現金化するには、何を購入すれば良いの?」と疑問に思われるかもしれません。

最もおすすめできる商品は「iTunesカード」です。
iTunesカードは、現金化の定番といわれている商品で、市場では高換金率で取引されています。
iTunesカードは、各キャリアのネットオンラインショップで購入が可能です。

なお、同じく現金化の定番商品であるAmazonギフト券は、残念ながら直接携帯決済で購入できず、各キャリアが発行しているプリペイドカードを介して購入しなければなりません。

「どうしてもAmazonギフト券を購入したい」という方は試す価値はありますが、そうでない方は、直接携帯決済で購入できるiTunesカードの方がおすすめです。

携帯決済でiTunesカードを購入する方法

携帯決済でiTunesカードを購入する方法は、大まかに以下の通りとなります。
※キャリアによって、若干異なる場合があります。

1. Wi-Fi接続を切断し、スマートフォン・タブレットからキャリアのオンラインショップにアクセス
2. 商品検索でiTunesカードを探す
3. 希望する金額のiTunesカードを選択
4. 購入手続きを進め、支払い方法で「電話料金合算払い」を選択
5. 注文確定

注文を確定すると、すぐにデジタルコードが確認できます。

携帯決済の利用限度額はキャリアにより異なるため注意

携帯決済には、キャリアごとに上限額が定められています。
この上限額は、キャリアの契約期間や契約者の年齢、利用状況によって異なります。

【ドコモ】ドコモケータイ払い

ドコモケータイ払いは、ドコモの契約期間や契約者の年齢によって、以下のように定められています。

◇~19歳
10,000円/月(ドコモ契約期間の定めなし)

◇20歳~
ドコモ契約期間
1~3ヶ月目:10,000円/月
4~24ヶ月目:~30,000円/月
25ヶ月目~:50,000円/月、80,000円/月、100,000円/月

※25ヶ月目の金額が、利用状況により変動

【au】かんたん決済

auのかんたん決済に関しては、ドコモのように契約期間の明記はされていません。
しかし、開示されていないだけで、何らかの基準は設けられていると思われます。

◇~12歳:~1,500円/月
◇13~17歳:~10,000円/月
◇18~19歳:~20,000円/月
◇20歳~:100,000円/月

【ソフトバンク】ソフトバンクまとめて支払い

ソフトバンクまとめて支払いは、上記2キャリアと異なり、下記の金額以内であれば自分で上限額の設定が可能です。

◇満12歳未満:最大2,000円/月
◇満20歳未満:最大20,000円/月
◇満20歳~:最大100,000円/月

使ってるキャリアや年齢で使える金額が違うんですね。

携帯決済で購入したiTunesカードはヤフオク・業者で売却し現金化

上記でiTunesカードを購入したら、現金化するために売却しなければなりません。

売却先としてあげられるのは、オークションサイト最大手のヤフオクか、デジタルコードの売買を専門に扱っているインターネット専門の買取業者です。

ヤフオクで売却

ヤフオクの場合は、場合によっては100%の換金率で落札されますが、落札価格から10%程度の手数料が引かれるため、実質は最大90%程度の換金率です。

さらに、いつ落札されるかわからないため、確実な即金性を求める方は避けた方が良いでしょう。

買取業者に売却

一方の買取業者は、手数料を差し引き、おおよそ80~85%程度の換金率で現金化が可能です。
多くの業者は24時間365日営業しているため、即日現金化したい方には業者の利用が適しています。

ただし、時間によっては入金が翌営業日になることもあるため、事前の確認は必須です。

携帯決済専門の現金化業者は換金率60~75%と低い

上記は、自分でiTunesカード、もしくはAmazonギフト券を購入し、買取業者に売却する方法でしたが、この一連の流れをサポートしてくれる携帯決済専門の現金化業者も存在します。

一見、初心者にやさしく魅力的なシステムに見えますが、手数料が取られるため換金率は60~75%と非常に低くなっています。

そのため、特別な理由がない限りは、自分で売却までおこなうことをおすすめします。

もっと大きな金額が必要な場合はクレジットカードの現金化

携帯決済を利用した現金化は、クレジットカードを使いすぎてしまったとき、クレジットカードをもっていない方にとっては、非常に助かるシステムです。

利用上限額は少ないですが、ちょっとしたピンチのときに気軽に使える方法として、活用してみてください。

「携帯決済の現金化より、もっと大きな金額が必要」という方で、クレジットカードのショッピング枠に空きがある場合は、クレジットカードの現金化がおすすめです。

クレジットカードの現金化であれば、ショッピング枠の利用可能残高分の現金化が可能です。

申込みもスマートフォンからすぐにでき、現金化まで最短30分程度です。
また、換金率も90%以上の高換金率のため、携帯決済での現金化よりも効率が良く現金化ができます。

以下が信頼できる現金化業者となっているので、ぜひ検討してみてください。

クレジットカード現金化
1
あんしんクレジット
4.6
\振込手数料0円/

業界No1の信頼と実績、創業20年の定番現金化業者。土日祝日、夜間のお振込みもOK。最短3分振込み。

契約頂いた方全員が対象換金率5%UPクーポン券プレゼント

クレジットカード現金化
2
あっとマネー
4.3
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカも対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
3
現金化堂
4.1
\換金率保証あり/

審査・保証人不要。年中無休で即日入金対応可能。換金率保証や5万円キャンペーンなど各種サービスが充実。

ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2017.08.15 / 更新: / 携帯キャリア決済
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。