Amazonのお問い合わせ窓口はどこ?

※同記事の内容には一部広告が含まれます。
Amazonのお問い合わせはどこからすればいいのですか?

Amazonのお問い合わせ窓口は分かりづらいと有名です。

普段Amazonを使い慣れている人でも、いざお問い合わせしようと思ってもどこから連絡をとればいいか分からないということがしばしばです。

Amazon側も、電話などの有人サポートは極力避けたいという思惑もあるのでしょうがちょっと不案内かなとは思います。

しかし、Amazonにはお問い合わせ用のカスタマーサービスページが用意されていて、ちゃんとそこから電話やチャットでの有人サポートを受けることができるようになっています。

アプリでやる場合と、ブラウザ(WEB)からやる場合で違いますので、それぞれ紹介しておきます。

アプリからAmazonへお問い合わせをするには?

  1. アプリを開いて画面右下の[三本線]メニューボタンをタップ
  2. 一番下の[カスタマーサービス]ボタンをタップ
  3. [アカウントについて]>[パスワードについて]を選択
  4. [カスタマーサービスへ連絡]を選択
  5. [今すぐチャットを開始する]をタップもしくは、[今すぐ電話をリクエストする]をタップ

チャットは24時間いつでもサポートを受けられます。

選択すればほとんど待たされること無くAmazon内のチャットでオペレーターと会話が可能です。

電話サポートもうけられます、自分の電話番号を入力して[今すぐ電話がほしい]をタップするとすぐに電話がかかってきます。

ブラウザ・PCからAmazonへお問い合わせをするには?

ブラウザやPCでやる場合はもう少し簡単です。

  1. Amazonのカスタマーサービスページを開く
  2. [今すぐチャットを開始する]をタップもしくは、[今すぐ電話をリクエストする]をタップ

以上です。

Amazonへログインできない場合は?

これらAmazonのカスタマーサポートはAmaozonのアカウントへログインしていないと利用できません。

「そもそもログイン出来なくて困っているのにログインしなきゃサポート受けられないってどういうこと?」

って方もおられるかもしれません。

もし、ログインが出来なくなっていたらAmazonのヘルプページを参照してパスワードの再設定をしましょう。

ログイン用に設定したメールアドレスや、電話番号が使えていれば再設定が可能です。

もし、ログイン用のメールアドレスも電話番号も使えなくなっていたら、Amazonのログイン用の相談窓口からお問い合わせすることができます。

もし、メールアドレスも、電話番号も、パスワードも全部わからないという場合は、ログイン用の相談窓口からお問い合わせすることができます。

こちらはログインしてなくてもお問い合わせ可能です。

まとめ

Amazonへのお問い合わせはカスタマーサポートページから行えます。

24時間有人のチャットサポートや電話サポートが受けられます。

カスタマーサポートのページへのたどり方が難しいので上記の案内を参考にしてみてください。

クレジットカード現金化でお金を作るには?

クレジットカードがあれば、現金化サイトを使って資金調達が可能です。

WEB申し込みで入金まで20分〜30分くらい、現金化につきまとうカード利用停止のリスクも軽減できます。

利用条件は本人名義のクレジットカードがあることだけ、面倒な審査や保証人は不要です。

対応が早くて条件も良いサイトをいくつか紹介しておきますので参考にしてください。

クレジットカード現金化
1
あっとマネー
4.6
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカ/バーチャルに対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
2
みんなの現金化
4.3
\クレカ、ペイディ、auPAYプリカにも対応/

全クレカに加えPaidyカードやauPAYプリカにも対応年中無休夜20時まで即日振込。無料見積もり可能。

初めてご利用のお客様最大30,000円プレゼント

クレジットカード現金化
3
どんなときも。クレジット
4.1
\カード事故0件の実績/

最短10分。利用料・手数料無料でお得に利用。審査不要、在籍確認不要年中無休で即日入金可能。

\さらに詳しく比較するなら/
カード現金化サイト比較
投稿:2022.01.25 / 更新: / 電子ギフト券
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。