ファミペイ現金化の疑問 Amazonギフト券の購入は?ポイントの付与は?

ファミペイでAmazonギフト券を買って現金化することってできますか?

ファミペイはファミリーマートが発行しているQRコード決済アプリですが、Amazonギフト券などの電子ギフト券を使って残高を現金化することができます

なお、ファミペイ翌月払い(ファミペイの後払い機能)の現金化については以下の記事をご参照ください。

また、電子ギフト券以外にも換金性の高い金券が購入できることでも知られています。

この記事では、

  • ファミペイでAmazonギフト券を買う方法
  • 買ったAmazonギフト券を現金化する方法
  • 金券購入はポイント対象になるか
  • その他ファミペイで購入できる換金性の高いものについて

解説しています。

ファミペイでAmazonギフト券の購入ができる?

Amazonギフト(POSAカード)

ファミペイはAmazonギフト券を購入することができます。

具体的には、ファミリーマートにあるAmazonギフト券カードタイプ(POSAカード)を購入することができます。

Amazonギフト券以外の以下のPOSAカードにも使えます。

  • App Store & iTunes ギフトカード
  • Google Play ギフトカード
  • バニラVisaギフトカード
  • 楽天ポイントギフトカード
  • JCBプレモカード
  • プレイステーション® ストアカード
  • ニンテンドープリペイドカード

などです。

ファミリーマート POSAカード詳細
https://www.family.co.jp/services/posa/posa/detail.html

通常、POSAカードや電子ギフト券は、換金性の高い金券類なので、クレジットカードや電子マネーでは購入できないようになっています。

しかし、ファミリーマートでは例外的にファミペイやファミマTカードでの支払いに限り、電子マネーやクレジットカードで、Amazonギフト券など電子ギフト券の購入を認めています。

ちなみに、Amazon公式ではファミペイでAmazonギフト券を購入することはできません。

ファミペイでAmazonギフト券買ってポイントは付く?

ファミペイボーナスポイント

ファミペイを使うとファミペイボーナスというポイントが付与されます。

ファミペイボーナスには、

  • ファミペイ 通常ボーナス
  • ファミペイ 期間限定ボーナス

の2種類があります。

通常ボーナスは、200円の買い物で1円相当(0.5%)のポイントがもらえます。

期間限定ボーナスはキャンペーンなどで交付され、条件はその時々で違います。

実は、Amazonギフト券などのPOSAカードをファミペイで購入した場合でもボーナスが付きます。

通常ボーナスの場合0.5%なので微々たるものですが、定価で買うより若干得しますね。

また、期間限定キャンペーンの場合は、その時々によりますが、20%ポイント還元キャンペーン(2020年10月〜11月)の際は、Amazon ギフト券などのPOSAカードもポイント還元の対象となっていました。

※ファミリーマート店舗での決済の場合、下記商品は対象外とします。
切手、はがき、印紙、自治体ごみ券・袋、チケット、回数券、公共料金、代行収納、各種通信販売、クレジット・ローンのお支払、スポーツくじtoto、プリペイドカード類(POSAカード除く)、その他金券、電子マネーのチャージ、クオカードの発行(販売代金)などは対象外となります。

ちょっと回りくどい書き方してますが、

「ポイント付与対象外商品」の中に、「プリペイドカード類(POSAカード除く)」があるので、要するにPOSAカードはポイント付与の対象ということになります。

ファミペイ決済と電子ギフト券を絡めた錬金法が編み出されネット上でも話題になりました。

20%ポイント還元は期間限定のキャンペーンですが、通常時でも、Amazonギフト券(POSAカード)購入時の0.5%ポイント還元は受けられます。

クレジットカードチャージは?

ファミペイのチャージ方法は3つあります。

  • 店頭(現金のみ)
  • 銀行口座
  • クレジットカード(ファミマTカードのみ)

ファミペイのクレジットカードチャージは、「ファミマTカード」からのみチャージをすることが可能です。

他のクレジットカードからはチャージできません。

やり方は、ファミペイのアプリへファミマTカードを登録してチャージです。

その際、本人認証サービスの登録が必要なので、事前にファミマTカードのマイページへログインして、本人認証サービス(J/Secure)の登録をしておきます。

チャージ上限は?

1回のチャージで1,000円〜30,000円まで、1,000円単位でのチャージが可能です。

但し、クレジットカードのチャージ上限は、

1日の上限が10万円まで、
1カ月上限が100万円まで

となっています。

Amazonギフト券の現金化は可能?

Amazonギフト券は、電子ギフト券買取業者に買い取ってもらうことで現金化させることができます。

買取の換金率相場は70%〜80%程度です。

手数料が掛かるので値段は目減りしてしまうのがデメリットです。

その一方、利用方法は簡単で、ウェブから申し込んで、ギフト券の電子コードを送れば数時間で代金を振り込んでもらえます

手数料が掛かる反面、確実かつ簡単なところがこの方法のメリットです。

どこで売ればいい?

電子ギフト券の買取業者はいくつかありますが、有名なのはこの辺です。
ネット取引なので一応、実績のある業者の利用をおすすめします。

  • ギフトジェシー
  • 初回換金率が高いのでまずはここ。24時間365日即日振込み可能。取り扱いカードも豊富。

    https://giftjesse.com/

  • 買取タイガー
  • 業界大手。初回換金率優遇ありで2回目でも高レート。取扱ギフト券も豊富で振り込みは早い。

    https://kaitoritiger.com/

  • 買取デラックス
  • 買取ボブ系列で実績は高い。換金率では同系列のタイガーには負けるので次の選択肢。振り込みは早くて24時間対応。

    https://kaitori-dx.com/

ファミペイは切手や印紙の購入にも使える

実は、POSAカードなどの電子ギフト券以外にも、ファミペイで購入できる金券があります。

それが、

  • 切手
  • はがき
  • 印紙

です。

ファミリーマートでは、切手、はがき、印紙も販売していて、しかもファミペイで購入することができます。

また、切手は金券ショップなどで買い取ってもらえば現金化させることもできます。

現行柄の切手シート(100枚つづり)であれば換金率は90%ほどになります。

切手買取相場

金券ショップ チケッティより抜粋
※買取価格は2020年10月時点で郵送買取のものです。買取価格は日々変動するのと店頭買取では買取価格が5%ほど下がりますのでご注意ください。

Amazonギフト券の換金率は70%〜80%とお伝えしましたが、切手はそれに比べてもいい条件で換金することが可能です。

しかも、金券ショップであれば、現物を持ち込んで、買い取ってもらい、その場で代金を受取ることができてスピーディーです。

欠点としては、ファミリーマートの店舗によっては、必ずしも100枚つづりの切手シートがあるとは限らないことです。

切手はバラになってしまうと換金率がぐっと下がってしまいます。

また、身近に切手買取をしている金券ショップがあることも実行する上での条件となります。

ファミマTカードを現金化することも可能

ファミマTカードを持っていれば、クレジットカード現金化業者を使うことも可能です。

やり方は、現金化業者に依頼してファミマTカードを現金化してもらいます

上述の方法と同じく、手数料は掛かりますが、簡単さと手軽さでは現金化業者の方が上です。

一度、ウェブから申し込めば、振り込みまでそこですべての手続きが完了するので、あっちでアレを買って、こっちで売ってという煩わしさがなくてすみます。

クレジットカード現金化
1
あんしんクレジット
4.6
\振込手数料0円/

業界No1の信頼と実績、創業20年の定番現金化業者。土日祝日、夜間のお振込みもOK。最短3分振込み。

契約頂いた方全員が対象換金率5%UPクーポン券プレゼント

クレジットカード現金化
2
あっとマネー
4.3
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカも対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
3
現金化堂
4.1
\換金率保証あり/

審査・保証人不要。年中無休で即日入金対応可能。換金率保証や5万円キャンペーンなど各種サービスが充実。

ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2020.10.08 / 更新: / 電子ギフト券
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。