誰にもバレずにクレジットカード現金化をするには?

誰にもバレずにクレジットカード現金化を利用することはできる?

クレジットカード現金化をしたことがバレるのは、カード明細や郵送物などで利用した痕跡が見つかることによるものがほとんどです。

クレジットカードで決済をする以上、カード利用明細には残りますし、痕跡を完全になくすことはできません

ただし、利用方法に気をつけることで、家族や同居人にバレるリスクを軽減させることは可能です。

今回は、クレジットカード現金化を誰にもバレずに利用するために気をつけるべき6つのポイントを解説します。

1)家族カードを使わない

家族カード

誰にもバレずに現金化したいなら「家族カード」を使ってはいけません

家族カードは、クレジットカードを契約している本会員の家族に発行してもらえるカードで、本会員と同じサービスを受けることができます。

しかし、家族カードの利用明細は本会員に送られ、引き落とし口座も共通です。

そのため、家族カードを使った現金化は家族にバレてしまいます。

例えば自分で現金化するためにブランド品や家電、ゲーム機類を購入すれば明細に商品名が記載されますし、現金化業者を利用した場合も明細に決済業者名と金額が明記されるので、当然、本会員の知るところとなります。

ましてや高額であれば何に使ったのか本会員に問いただされることは否めません。

クレジットカードを現金化する場合は、家族カードではなく、本人名義のカードを使うのが鉄則です。

2)買取方式を現金化サービスを使う

クレジットカード現金化 買い取り方式 買取

クレジットカード現金化には買取方式とキャッシュバック方式があります。

もし誰にもバレたくないなら買取方式を利用したほうがいいでしょう。

買い取り方式:

買取方式はクレジットカードで商品を購入したあと、商品はそのまま業者が買取を行います。

そのため、自宅に商品が届くことがありません

キャッシュバック方式:

一方、キャッシュバック方式は、クレジットカードで購入した商品にキャッシュバックが付くことで現金が受け取れる仕組みです。

そのため、購入した商品が自宅に届きます

商品を受け取ることで取引きが成立するので、受取りを拒否することはできません。

そうなると、自宅に届いた商品を見られて、同居人や家族に現金化したことがバレる可能性が出てきます。

もし、キャッシュバック方式で現金化をする場合は、配送の日時指定を希望したり、営業所留めにして必ず自分で受け取るなど配慮が必要になります。

3)電話の受け取り時間帯を指定する

希望連絡時間帯

現金化サービスを利用するとき、業者から確認の電話があるため、話を聞かれて、家族に現金化がバレる可能性があります。

申し込みのときに希望連絡時間帯を指定しておくことができるので、1人になれる時間を指定しておくといいでしょう。

また、現金化業者を使ったあとは、通話履歴に電話番号が残っているはずなので、念の為それらも削除しておくことをおすすめします。

4)WEB明細にしておく

WEB明細

毎月届くクレジットカードの利用明細が郵送になっている場合は、WEB明細にしておくと現金化の利用がバレにくくなります。

郵送だと家族に明細を見られる可能性がありますし、見られてしまえば何を買ったのか問われるでしょう。

最近のカード会社は紙の明細発行を減らしてデジタル化を勧めたがっているので、必ずWEB明細の申し込みが用意されています。

WEB明細になってもカードの利用履歴はスマホやパソコンからログインして確認することができます。

ログインIDやパスワードを自分で管理していれば、家族と言えども他人に見られる心配はありません。

また、締め日に支払い確定額がメールで届くことがあるので、登録メールアドレスは、家族と共有のメールアドレスではなく個人のメールアドレスになっていることも確認しておきましょう。

切り替えのタイミングについて

WEB明細への切り替えのタイミングは、カード会社によっても違います。

例えばDCカードの場合だと、

毎月15日までに本サービスをご登録いただくと、翌月10日お振替分の「ご利用代金明細書」から郵送を停止させていただきます。

といった記載があります。

申し込みのタイミングによっては、次回支払い分の明細が郵送で届いてしまうため場合があるため、各カード会社のホームページを確認しましょう。

WEB明細への切り替え手順例

WEB明細への切り替えは、カード会社のホームページにログインして手続きができます。

  1. カード会社のホームページからオンライン会員登録
  2. 登録後、マイページの「請求額・利用明細確認」を選択
  3. オンライン明細に切り替えをクリック
  4. 規約に同意し、WEB明細登録

5)電子ギフト券で現金化をする

amazonギフト券メール

Amazonでクレジットカードで買い物をすると、カード利用明細に履歴が残りますが、Amazonギフト券を買っても利用明細の記録は「AMAZON.CO.JP」と記載されるだけです。

Amazon利用明細

ですからカード明細を見ただけでは「Amazonで買い物をしたこと」は分かっても、「Amazonギフト券を買ったこと」は分かりません。

Amazonでの支払いなら日常的な買い物の範疇なので、カード利用明細から現金化していることがバレる可能性は低くなりますし、万が一Amazonギフト券の購入がバレても、プレゼント用の購入と言えば説明が付きます。

どうやって現金化するか?

電子ギフト券を現金化する場合、専門の買い取りサイトで買い取ってもらい現金化します。

電子ギフト券はいろいろとありますが、高換金率になる電子ギフト券は、Amazonギフト券、Appleギフトカードの2択です。

AppleギフトカードはAmazonでも購入可能になったので、購入方法はAmazonギフト券と一緒です。

換金率の高いギフト券の情報は買い取りサイトで日々更新されていますので、それをチェックしてその日の換金率レートが高いものを買うのがおすすめです。

  • ギフトジェシー
  • 初回換金率が高いのでまずはここ。24時間365日即日振込み可能。取り扱いカードも豊富。

    https://giftjesse.com/

  • 高額レンジャー
  • 業界大手。初回換金率優遇ありで2回目でも高レート。取扱ギフト券も豊富で振り込みは早い。

    https://kougaku-ranger.com/

  • 買取マンボウ
  • 買取ボブ系列で実績は高い。換金率では同系列のレンジャーには負けるので次の選択肢。振り込みは早くて24時間対応。

    https://kaitori-mambou.com/

手順
  1. AmazonでAmazonギフト券を購入する
  2. 電子ギフト券買取サイトに申込みする
  3. Amazonギフト券買取手続き
  4. 有効性が確認され次第、口座に現金を振込みしてもらえる

6)オンラインの現金化サービスを使う

優良クレジットカード現金化

クレジットカード現金化業者は店舗型とオンライン型がありますが、バレないという点ではオンライン型の業者を使ったほうがいいでしょう。

店舗型の現金化業者は、その仕組み上、比較的大きい駅や、家電や金券を購入しやすい繁華街などにあることがほとんどです。

金融会社が看板を出している雑居ビルの1室で営業していることが多いため、来店するときにひと目につきやすくなるデメリットがあります。

お店によっては、指定の商品や金券類を購入してくるように指示されることもあって、その場合は、駅やデパートなどへ出向く必要があるので、なおさら人目につくリスクが高まります。

一方、オンライン業者の場合、自宅からスマホひとつで申し込みできて手続きも全部オンラインで完結します。

代金の受け取りも振り込みなので、ひと目に付くとしたら、ATMで現金を引き出しに行くときくらいです。

こうしたの仕組みの違いからも、業者を使った現金化の場合は、オンラインの現金化サービスを利用することをおすすめします。

クレジットカード現金化で資金調達するには?

利用可能なクレジットカードがあれば、オンラインの現金化サービスで現金を作ることが可能です。

WEBフォームから申し込みをすれば入金まで20分〜30分くらい、現金化最大の問題でもあるカード利用停止のリスクも軽減します。

利用するには本人名義のクレジットカードが必要です。

僕も以前から利用していて条件が良かった業者を紹介しておきますので参考にしてください。

クレジットカード現金化
1
現金化堂
4.6
\換金率保証あり/

審査・保証人不要。年中無休で即日入金対応可能。換金率保証や5万円キャンペーンなど各種サービスが充実。

ご利用でもれなく現金最大50,000円プレゼント

クレジットカード現金化
2
あっとマネー
4.3
\初回でも高換金率/

スマホからかんたん現金化。クレカ/プリカも対応。年中無休夜20時まで即日入金。最高98.8%の初回高換金率

初回利用者換金率94%へアップキャンペーン

クレジットカード現金化
3
買取39
4.1
\買取で現金化/

見積もり無料で買取方式の現金化。WEB申し込みで入金まで最短5分。高額買取が可能で送料・キャンセル料などの各種手数料は無料

\さらに詳しく比較するなら/
優良クレジットカード現金化業者比較
投稿:2022.09.25 / 更新: / クレジットカード現金化
管理人プロフィール
佐藤明宏
埼玉県出身。元貸金業者。同サイト管理人。
家族に多重債務者がおり幼少から人間の弱さとお金の大事さを痛感しながら育つ。
大学卒業後、大手金融会社へ就職するも親戚のおじさんの薦めで地元の貸金業者に転職。この仕事を通して世の中の仕組みとお金の本質を教わる。
現在は、過去の経験を生かし同サイトの管理人を担当。